2017年7月16日 (日)

夕陽丘更科

谷町は立ち飲みや酒屋の角打ちなど庶民的な店も点在し、昔ながらの下町風景とマンション・オフィス街が混沌する不思議な町だ。

そして谷九から四天王寺にかけて、かなりたくさんの寺院が存在するが、その四天王寺の少し北に、周りの風景と溶け込むように夕陽丘更科は有ります。


もちろん最寄駅はその名の通り地下鉄谷町線四天王寺前夕陽ヶ丘駅だ。

1_




何とも趣を感じさせるお店の表情は、いかにも市井の蕎麦屋という雰囲気を醸し出してる。
この店一押しの抹茶蕎麦を思わせる薄緑の麻地暖簾が、一番左だけを入りやすく短くしているのが面白い。



2_




これはT氏と共に店に来る途中買った時計。 右がT氏のカシオ、左が私のメイドインチャイナ     でも   これ   千円でした(税込み)。

私の時計はよく見るとめっちゃ雑な仕上がりですが、    気にしません。



まずとりあえずの蕎麦前とそのお供。


3_




肴はニシンと出汁巻き。


4_




自家製と思われるニシン煮はエノキとなめ茸、人参なども入っている。
優しい味付けです。
出汁巻きは出汁に浸かっているタイプでホクホクフワフワ。
少し甘めの味付けですが、キッチリとした味がなかなか美味しい。


5_




さてお蕎麦ですが、数量限定二八手打蕎麦は売り切れで茶蕎麦しかない。
茶蕎麦が苦手なT氏は「カレーうどん」。



6_




少し汁をもらったのですが、結構スパイシーでパンチ力ありありですが、辛さの隙間から押し寄せる出汁の旨味!   これ、かなり美味しい!!



7_






私は茶蕎麦で「けいらん」。(卵とじの餡かけ)
鴨南蛮と牡蠣蕎麦以外には冷蕎麦しか食べない私     だが



           
実は卵とじも餡かけも大好きな私です。


8_

生姜と葱が利いた出汁香る餡は程良いとろみで、ホカホカ体を温めてくれる。

    って、夏やし (..;)

9_up






まっ、 暑い時には熱いものを食べる これが健康の 秘訣。



10_

 




さすがに抹茶の風味はおとなしくなってしまいますが、美味しく頂きました。
ここでご主人から思わぬお言葉、
 「 実は   一人前だけ二八手打ちが有るのですが 」   エッ 何?

 「 いえ 実は・・・一人前だけ二八手打ちが有るのですが 」

複雑なお店の事情があったようです が、  頂きます!!



11_




もちろん「 ざる 」 です。


12_up




水っぽさを感じない程良い水切りで、みずみずしさを感じます。
お蕎麦自身も二八の美味しさを味わえるもの。



13_




キッチリと腰を残した素敵な二八蕎麦です。



14_




少しとろみある蕎麦湯で割った盛り汁は、出汁の旨味と香りを感じさせ胃の腑に収まり、思わずホッコリとフーッ。
素敵な午後を頂いて・・・
これでこの日の幸せ終了です。




夕陽丘更科

Photo

お店は→大阪市天王寺区上本町8-8-13

電話は→06-6772-0252

営業は→11:00~20:00

お休み→日・祝
最寄り駅→地下鉄谷町線四天王寺前夕陽ヶ丘駅

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月 9日 (日)

素敵に昼蕎麦屋酒 大阪は谷町六丁目 「 岳空 」

最近マイブームのお蕎麦屋さん、「そば切り岳空」.。


12_

面白おかしくてミステリアスな小説 「 プリンセストヨトミ 」 の舞台になった松屋町筋と谷町筋を繋ぐ空堀商店街の最東端、アーケードが切れてすぐの所にお店は有るのだ。


1_



間口が狭いお店正面には虫籠窓が設えられた町家風。


2_

こちらでは、お店の開店からお酒を楽しむお客さんが多く、酒肴もそれなりに用意されていて、遠慮無く昼酒を楽しむことが出来るお店なのだ。 (*^O^*)

お酒メニューも揃い、各地の日本酒を楽しめます。


今回は蕎麦仲間のT氏とお伺いしました。



3_



とりあえずのビールはお馴染みハートランド、酒肴は前菜三種盛り!


4_



この日の三種盛りは茄子の煮浸しオクラ添えにヒジキ煮と・・・
烏賊の塩麹漬け     (多分・・そうだったと思う)



5_



ま、いずれにせよお酒に合う一品。


6_



お出汁が利いて美味しい。
さあそろそろお酒を頂きましょう。


7_



オッ、 玉川 Ice Breaker が有るではないですか。


8_




これはロックで飲むのを前提とした京都丹後のお酒です。


9_




氷が溶け進んでもその都度の味で美味しく頂けます。



蕎麦豆腐は ・ ・ ・



10_




チョット意表を突かれました。

11_




お蕎麦屋さん定番の酒肴「焼き味噌」です。


お酒は・・・X ? Mansakunohana ??
これは秋田の「まんさくの花 MK-X」



12__2




フルーティーで爽やかな酸味。


13_




後日調査では、Mansakunohana Kobo Project、新しいお酒を造るプロジェクトで、4月が酵母Xで山田錦と秋田県産酒造好適米を使用、7月が酵母Yで山田錦と日の丸米を使用、9月が酵母Zで秋田県産酒造好適米を使用とのことです。
現在はすでにが発売されています。

14_




MK-Xで焼き鯖寿司を頂きました。
さて、やはり天麩羅は外せない。
こちらで使用する海老は  天使の海老!


15_



天使の海老は殻が柔らかく、頭から尻尾の先まで食べることが出来ます。
お酒は 菊姫 山廃純米酒、 石川のお酒です。


16__2



天麩羅に負けないしっかりとしたボディー。
この辺でお蕎麦にします。


17__2



黒ポチが散らばる挽きぐるみブレンドで綺麗なお蕎麦。


18_



盛り汁も美味しくて、節の薫香と旨味がとても好み、そして写真撮り忘れの鴨椀でも頂いたのですが、
勿論汁無しOK蕎麦なので、ほんの一手繰りずつですけどね (;^^)ヘ..


蕎麦湯はとろみ有るポタージュ系で、これも盛り汁と鴨汁で。


19_



前回同様寛ぎながら昼酒とお料理とお蕎麦を楽しんだのでした。


20_



これでこの日の幸せ終了です。

そば切り岳空

Photo

お店は→大阪市中央区谷町7丁目1-54
電話は→06-6773-9478
営業は→11:30 ~14:00   17:30~20:00(無くなり次第)
お休み→月・火曜日、木曜日昼のみ営業
駐車場→無し
最寄り駅→地下鉄谷町六丁目 徒歩約3分

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月 1日 (土)

舞台は桜井から宇陀へ 奈良県宇陀市は大宇陀「まほろば」

国の重要伝統的建造物群保存地区(重伝建)の指定を受け、景観保存に力を入れている大宇陀は江戸時代末期から明治の建物が残る町並みが続城下町だ。

その大宇陀に今年4月、桜井市の朝倉台入り口にあった「蕎麦カフェ まほろば」が移転していました。


1_




お店は酒蔵がある酒蔵通りに面したかなり立派な古民家だ。


6年ぶりの訪問だろうか、多分忘れているだろう、そう思いながら敷居をまたぐと奥様が  「アッ」。      どうやら覚えていてくれたようだ。


2_




実はこのお店、ついつい足が遠のいたのはお蕎麦の味では無く、
駐車場の環境が ・ ・ ・ ・ どうも すぐ近くで子供たちがキャッチボールしてたり ・ ・ ・




       
でも大丈夫、



今度はお店の隣に  
駐車場を6台ほど確保!  (≧∀≦)

3_

メニューには数種類のセットも揃っている。

4_

5_




当然お蕎麦メニューはシンプルながら温 ・ 冷が揃い、 単品でオムライスや丼もあって、 以前同様喫茶メニューもある。



6_

7_




とりあえず出汁巻きと、メニューに見つけることが出来なかった豚角煮をお願いすると、いったん御店主に相談。
出して頂けました!  多分お持ち帰り価格でお出汁頂いたのでしょうか?
( 無理言ってしまった   か ?   (-.-;  )


8_




ということでまず出された角煮。


9_




これこれ 、 これなのこれですよ    の写真。
これは我慢できないでしょっ、  我慢できない! でノンアル。



10_




脂身を感じさせない脂身のトロトロ感。  コラーゲン満載   か!
甘みだけを残し脂っこさを  一切排除 (チョット言いすぎか)


11_up




肉の部分には歯応えを残し、脂身は口に入れた瞬間にとろけるのです。
とにかくトロントロンでトゥルントゥルン。   やっぱりこれ大好き



12_




比較的キッチリと味付けされた出汁巻きは、思わずお酒をお願いしたい味。


13_




そして6年ぶりのまほろば蕎麦はおろし蕎麦。


14_




以前も細打ちだったのですが、今はもっと細打ちの様相。  (だと思う)
大根おろしに鰹節とお葱が添えられるおろし蕎麦。
パンチ有る辛味大根ではありませんが、その分お蕎麦の味を楽しめます。



15_up




そのまま一手繰りすると、この極細でカチッとしたコシを感じる。
お蕎麦の風味をキッチリと打ち込んだ極細の蕎麦。



16_




ここで汁を一含みしてみると ・ ・ ・
醤油の辛味が前に出て甘みがホンノリと後を追います。
冷や素麺の汁を思い浮かべる味付けは、好みが分かれるかもしれません。

(以前もそうだったかな?)


蕎麦が美味しければ汁無しで頂くので記憶に残らなかったのかもしれません。


17_




トロミある蕎麦湯に残った蕎麦汁を入れ、底から掻き上げるようにして頂くと、お出汁の香りがホンノリと立ち上がりました。

のんびりと寛いでお店を後にしました。

これでこの日の幸せ終了です。




まほろば

Photo

お店は→奈良県宇陀市大宇陀出新 1809-1
電話は→0744-44-2269
営業は→11:30~17:00
お休み→木曜日
駐車場→5・6台
最寄り駅→奈良交通大宇陀バス停徒歩約3分

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月25日 (日)

バー? いえ居酒屋です 和歌山市は 「 なるなる 」

ちょっと スタイリッシュ で落ち着いた雰囲気の中、お酒と料理を楽しめるお店が 「 なるなる 」だ。
南海和歌山市駅から徒歩10分、和歌山市役所にほど近い所にある。
目立たない外観のお店には黒板メニューを立てかけてあるだけなので、通り過ぎてしまうかもしれない。


1_



一見カフェバーを思わせる内外観なのだが、カウンター越しにおでん鍋から湯気が上がるのは立派な居酒屋さん。


2_



こちらのお店はお酒に結構こだわっていて、定番メニュー以外にも定期的にレアなお酒も頂ける。もちろん焼酎や洋酒も揃います。


3_



BGMは1980年代前後の洋楽が流れていて、懐かしく思えるリアルタイム世代や、新鮮に感じる若い世代も有るかもしれない。

4_

5_

6_



店内は厨房を囲む十数席のL字カウンターと最大20数人ほどの掘り炬燵型小上りが有り、小規模な宴会にも対応可能なお店。(勿論飲み放題も有り)


7_



定番以外のある日のお酒。


8_

9_

10_



和歌山の「紀土」は、華やかなフルーティーさが香る「春の薫風」や、夏にはその華やかさを残しながらスッキリとした「夏の疾風」も出るのだ。


11_

12_



日本酒初心者マークの私は飲んだことの無いお酒が一杯。


13_

14_



お料理はシンプルだが定番以外に季節の物も取り混ぜています。


15_



とりあえずの一品以外に旬の魚を入り混ぜるお刺身盛り合わせが断然お得。
鯖のきずしよりも盛り合わせの方が安い。(出来るだけお魚を食べてもらいたいらしい)


16_



そしてこちらのお刺身の特徴は  醤油  醤油です  そう醤油なのです!


17_



泡醤油 !



一見ウニ? いえいえ ・ ・ ・ 醤油です。
これを山葵と共にお刺身に載せて頂くのです。


18_



私のお好みは鯖きずし。 旬の時期には脂がのって  
美味しい!


182_




浅めの〆具合がとっても私好みなのです。


19_




烏賊のぬたなんかも有ったりして、渋い一面も楽しめたりする。


20__2

21_



季節ごとの一品も頂けるので、その時期の美味しさも楽しませてくれます。


22_

23_



晩春から初夏にかけては ・ ・ ・


24_


チョット入りにくい演出かもしれません   でも 、 、 、

一度入ると一人でも大勢でもゆっくりと楽しめるお店、



      です。





ランチタイムには炙り親子丼、牛すき丼を提供。


(甘過ぎない美味しさ)


和歌山にお越しの節は一度訪れてみて下さい。

なるなる

お店は→和歌山市九番丁の1番地
電話は→073-426-0511
営業は→11:30~14:00(L.O.14:00) 17:00~24:00(L.O.23:30)
お休み→日曜日・祝日
駐車場→無し
最寄り駅→南海和歌山市駅 徒歩約10分

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月24日 (土)

和歌山市駅の南海そばが今月いっぱいで閉店


改札を通り過ぎる時、電車を降りて階段を登り切った時に広がる出汁の香り。

1_


既にいつもお腹いっぱいなのでついつい通り過ぎることが多い駅蕎麦。


2_


南海和歌山市駅の構内に有る南海そばが、和歌山市駅建て替えのため今月末日をもって閉店。


3_


春限定の若竹蕎麦

4_


5_up_2

6__2



天麩羅蕎麦

7_



衣の幅が海老の2倍ほども有るチープさが立ち食いならでは。
天麩羅蕎麦と言うより  海老入りハイカラ蕎麦 ! ! みたいな


衣に汁が染み込んで、これはこれで美味しいのですが (*^O^*)



8_



今は駅ビルの解体工事が始まっていて、お店もあと僅かの営業となりました。
漂い来る美味しそうな出汁の香り、もうかげないと思うとなんとなくさみしい。

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月16日 (金)

出汁の今井でおうどん 大阪は道頓堀「今井」

もはや日本じゃ無い! Doutonbori ! そう思ってから何年経ったでしょう?
そんな大阪道頓堀に美味しい関西うどんを頂ける老舗店がある。

お店の名は
「 今井 」

ファンに 「 出汁の今井 」 と言わしめる大阪でも屈指のおうどんのお店だ。


1_



そう呼ばれるほど出汁挽きにこだわるおうどん屋さんなのだ。

が 、 、 、 、 実は今回初めての訪問 です。  (;^^)ヘ..




お店に入ると奥に長い店内は両側にテーブルが並ぶ。
まずは煮しめ でお酒を頂きましょう。


2_



最初に 「ぬた」 が出されました。    いいですね。    ぬた    ぬた




    「ぬたっ」  !



子供の頃には   とても食えたもんじゃねえっ! そう思っていた「ぬた」、今ではとても愛おしい存在なのだ。  とても不思議なのだが  本当に不思議なのだが。



3_up




「ぬた」にそう間を空けることなく出された 「 煮しめ 」 。



4_




これは良い。 まず色合いが良い。 次に具材のバランスが良い。 そして何より

お酒に合いそうなのが良い !!   いいっ!

麩・茄子・牛蒡・卵焼き、 獅子唐・椎茸・高野豆腐等々。

51_



口に入れた瞬間に出汁の香りと旨味がはじけ、  うまーーーい!
これお酒に合います。


53_



もう一本お酒を頂いて、おうどんは何にしようと思いメニューに目を通します。



今井と言えば  きつねうどん!!   なのですが・・・

なのですが      ジューシーなお揚げさんを差し置いて、

「きざみうどん」 をお願いしました。

 「 エ~ッ、なんで? 」 ですよね。

でも、    あえて  
あえてです あえてなんですよ。


6_



これ、  って ・ ・ ・ これ    刻みうどんですか?
刻み揚げてんこ盛りで、おうどん見えない。

P1010487



程良いコシをもつおうどんは弾力もあってツルンと頂ける。
お出汁はフワーッと優しく華やかな香り、 と言うよりも、

キッチリとしたコクと旨味を感じる物で、これはまるで昆布と節に油揚げの三重奏。   的な

HPで調べてみると、出汁は昆布に鯖とうるめの節を使っているそうです。

さすが
「 出汁の今井 」 、  美味しく汁まで頂いたのでした。


今井

お店は→大阪市中央区道頓堀1丁目7番22号
電話は→06-6211-0319
営業は→11:00~22:00(LO21:30)
お休み→水曜日(祝日の場合は営業)
駐車場→
最寄り駅→地下鉄難波・日本橋

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月11日 (日)

鴨汁出ました 奈良市は大宮「出雲そば だんだん」

JR奈良駅から徒歩数分、奈良市でかわばたと共に本場出雲蕎麦を食べることが出来るお店。

出雲蕎麦 だんだん。

「だんだん」とは出雲の方言で、「ありがとう」のこと。
島根出身の先代が開いたお店だが、昨年ご主人がお亡くなりになられ、お嬢さんが後を継がれて今年3月にリニューアルオープン。

開店後に続いて2度目の訪問となった。(5月中旬)


1_




以前も酒肴が揃うお店でしたが、新しいお店もそ同様以上だ。



2_



とりあえずのビールは「ハートランド」、酒肴は「おつまみ盛り合わせ小」。


3_



用意が出来るまでこれでもどうぞと出して頂いた練り天。


4_




赤天がピリ辛でビールが進みすぎて  どうしましょ  (゜o゜;)


5_




おつまみ盛り合わせ (小) には、白身魚のマリネ・豆腐味噌漬け・焼き水茄子マリネ ( だと思う )。
いずれも日本酒に合いそうな優しい味付け。


6_



5月は豆のシーズンとあって豆メニュー充実。
サックリ歯応えのかき揚げは桜エビの旨さに空豆と油の甘さが加わり美味しい。


7_




これはスッキリとした冷酒をと思いメニューを見ると ・ ・ ・


8_




出雲蕎麦の店と言うことで、島根の辛口「超王祿」をお願いします。


9_




カウンター越しのセラーには色々な日本酒が収まっていました。



10_



日本酒にも力を入れているお蕎麦屋さんなのですが、 決して居酒屋でお蕎麦を頂けるお店では無く、 お蕎麦屋さんでお酒も楽しめる、 そんなお店なのです。


11_



自家製 「揚げたてエンドウ豆がんもどき」 を頂いてお酒もお代わりをします。


12_



雪花菜(おから)を混ぜて揚げた物で、空豆ソースのお風呂にユッタリと浸かっていて、これも滋味溢れる優しい味わい。


13_up



一般的ながんもどき(飛竜頭)とはチョットイメージが違ったもの。
お酒お代わりでお猪口を選択できるのですが、
これ、中中面白いお猪口です。ユニークで  艶っぽい。 (*^O^*)


14_




これで奈良の篠峯を頂きます。


15_




さてそろそろお蕎麦を頂きましょう。


16_



開店直後に訪れた時、「鴨はまだちょっと」 と言われてた鴨メニューが掲載!!


17_




これはやはり鴨汁蕎麦(ここでは鴨のつけ麺)を頂かねば !


18_




結構ワイルドなビジュアルの鴨のつけ麺。
黒ポチ散らばる挽きぐるみ蕎麦は、私こそ ・ ・ ・ ・




ミスター出雲蕎麦! みたいな。





しかも鴨汁は水面がかなりオイリーで、いかにもコッテリ感満載なのですが、
蕎麦一手繰りを軽くくぐらせて口にすると・ ・ ・ ・ 


19_up



これが意外にもあっさりしていて、田舎蕎麦の風味を十分に感じさせながら胃の腑に滑り込んでいきます。


20_up



鴨汁はあまりクドすぎるとどうもいけません。     がっ 、

鴨汁の命、コクをキッチリともたせ、クドすぎること無く程良いコッテリ感。
見た目と裏腹でコクがあるのに後味を引っ張らない。

以前冬季限定で出していた小鍋仕立てのアッサリ鴨鍋蕎麦も良かったけど・・


この鴨汁も 、 、 、 
ごっついええわ!



21_

蕎麦湯にもコッテリ油が浮かびますが、旨味をスッと舌に残す味わい。
ユッタリと、ホッコリとした時間を頂きました。


22_



これでこの日の幸せ終了です。


だんだん

Photo

お店は→奈良県奈良市大宮町2-2-34
電話は→0742-30-6566
営業は→16:00~22:00(LO21:30)
お休み→月曜・火曜日
最寄り駅→JR奈良駅 西へ徒歩約5分
駐車場→店の前に2台

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月 3日 (土)

蕎麦前が素敵 大阪市谷町は岳空


前回訪れた時は残念ながら車だったためお酒は飲めず。     
当然です

空堀商店街の東の端、間口は狭いが奥行きのあるお店 「岳空」。


1_



今回は気合いを入れて電車で訪れました。


2_



なので   
なので なので お酒・・・


小料理屋さんの雰囲気で落ち着いてお酒を楽しめる感じありあり。


3_

4__2



結構絞られたお蕎麦のメニューはとてもシンプルだが、一品はお昼でも色々頂けるのが気になっての再訪だ。(勿論お蕎麦も良い)
ビールはハートランドもメニューに並んでいる。


5_

6_



日本酒もかなりの種類を揃えています。
さあ お酒はお任せ三種飲み比べ、蕎麦前のお供に前菜三種盛り。



7_




神水・獺祭・越乃寒梅     だったと思う・・・



8_



青唐辛子と茄子、蛍烏賊、蕗にこの日はたまたま+1で4種盛りに。
チョット       ラッキー


9_


10_



素材の味からお出汁の風味まで、すんごくお酒のお供に優しいおもてなし。



11_



そしてお蕎麦屋さん定番蕎麦前のお供焼き味噌。

これだけをチビチビ摘まんでいればお酒がすすむ王道の酒肴だ。

   すみません  ・ ・ ・ 追加 お酒追加!!

12_



ここでどうしようかと迷いながらも注文した天使の海老を使った天盛り。

 食べ過ぎちゃうん

「天使の海老」とは頭から食べることが出来る柔らかい海老!

13_



カラッとした仕上がりで頭から尻尾の先までサックリと頂きました。

さてようやくお蕎麦に移ります。

14_




(新しいカメラに未だなじめずピンぼけ多い)



15_up



黒ポチが散らばる細打ちのお蕎麦。

しなやかなコシにフンワリと挽きぐるみ系の風味が広がる。


16_



蕎麦粉を溶き込んだポタージュ系の蕎麦湯はこれだけでも頂ける一品。

ゆっくりとさせて頂きました。

お昼から美味しいお酒と美味しい酒肴、勿論お蕎麦も美味しい。

近所にあれば週一は通ってしまいそうなお店です。

17_





そば切り岳空


Photo

お店は→大阪市中央区谷町7丁目1-54
電話は→06-6773-9478
営業は→11:30 ~14:00   17:30~20:00(無くなり次第)
お休み→月曜日・火曜日、木曜日は昼のみの営業
駐車場→無し
最寄り駅→地下鉄谷町六丁目 徒歩約3分

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月28日 (日)

五目蕎麦も美味しい 和歌山県紀の川市は「御食事処ますや」

もうずいぶん昔の話になるのだが、友人何人かで訪れた京都。昼食で中華料理店に入った時、  友人の一人がオーダーした   、 のは 、



「焼き飯とチャーハン!」     エッ  ? ? ? ?



・ ・ ・ ・


でも 、 本人はいたって真面目だったようです。





菜の花の頃、
久しぶりに、  本当に久しぶりに焼き飯が食べたくて訪れた「ますや飯店」。


1_



飯店とはいいながらもうどんや丼物も有り、しかも一品おかずが棚に並べられる昔ながらの正統派食堂なのだ。


2_

3_



でも、 でもですよ、  ここは「飯店」を名乗るので中華料理店なのです。
が 、 以前頼んだラーメンは・・・もう一つ好み指数が低かった。

なので、今回は  
 「五目そば!」 と焼き飯をお願い。
     という大胆な選択。


あっ、 これって量多すぎちゃうん。

絶対多いよね!   
(このとき事の重大さにようやく気づいた)



4__2



しかし時遅し。まずは五目そばがテーブルに。
地味な外観だが豚・烏賊・人参・海老・白菜。
それに卵と葱を加えればなんと七目そばだ!


5_




まずはスープを一口ズズ、キッチリと塩味が効いているも結構優しい味わい。
五目そばを頂いている間に厨房から聞こえる ” カンカン ガチャガチャ ” と鍋を振る音。

そして出される焼き飯。


6_




極々シンプルで一切の無駄をそぎ落としたいさぎよさ。

   そう、  一切の無駄がない。


その表現が正しいのか・・・どうか


7_




スプーンを入れると、しっとり感を残しながらもパラッとほぐれ、見た目あっさり感ですが、口にすると意外としっかりとした味わいを感じます。


8_




紅ショウガもパンチが効いたアクセントになり嬉しい。
でも福神漬けが添えられる方がもっと嬉しい。
シンプルだが食べ終わったった時に満足感が残るチャーハン。
満足して帰路につきました。


P1080195




帰りの県道沿いには菜の花が咲き誇っていて、ようやく春の訪れを感じながら・・


これでこの日の幸せ終了です。




ますや飯店

Photo

お店は→和歌山県紀の川市名手市場125
電話は→0736-75-2152
営業は→10:00~22:00
お休み→第2・第4木曜日
駐車場→お店の前に4台くらい
最寄り駅→JR名手駅 徒歩約4分

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月21日 (日)

昼・夜のおきまりがある 大阪府泉大津市松ノ浜「中中」


といってもこの日はおきまりを頂きませんでしたが・・・
南海本線 松ノ浜駅からすぐの所にある駅近蕎麦が「中中」だ。
もう15年程お店を営んでおられます。


1_



前回の轍で電車に乗る前に電話して田舎蕎麦キープ。

2_



中中は好きなお蕎麦に+300円でお昼のおきまりが付くセットが有ります。

3_



柿の葉寿司四種から二種を選び、四品ほどの小鉢を添えて出してくれるお得定食。

4_



今回は単品注文で蕎麦掻きと出汁巻き、それにお酒をお願いすることに。


お箸を入れるとフルフル、フワフワ、トロトロ出汁巻き卵。


5_



ジュワッと出汁があふれ出る。

6_



見た目どおり口に入れるとフワトロッと溶け行く淡雪蕎麦掻き。


7_up



口に入ると消えて行くような儚げな溶け具合。
小ぶりな盛りですが少量ずつゆっくり頂きたい。


田舎蕎麦

8_



一手繰りして噛み進むと穀物感が静かにわき上がる。

9_up



突出する事なく、でも拘りのお蕎麦を静かに出し続ける。
そんな安心手打ち蕎麦を味わえるお店なのです。

10_



お塩も添えられるのですが    無くてもお蕎麦だけで十分美味しい。


11_



中中のデザートに「蕎麦掻きプリン」があるのですがほのかな甘みで、左党の私にも美味しく頂ける物です。


12_



いつも客さんが集い、派手では無いけど中々良いお蕎麦屋さん 中中。
これでこの日の幸せ終了です。



中中
お店は→大阪府泉大津市松ノ浜
営業は→11:00~14:30(LO) 17:30~20:00(LO)
定休日→火曜日 第3水曜日
最寄り駅→南海本線松ノ浜駅徒歩2分
駐車場→近くにコインパーキング有り

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月13日 (土)

青空の下大阪の能勢町へ そば切り蔦屋

昨年 夏・秋とお伺いし、「次回は冬ですね」そう奥様に言われていたのですが、

冬をとばして風薫る新緑の季節の訪問となりました。

1_



能勢電鉄山下駅から阪急バスで約20分、森上のバス停下車。


2_



3_

4_

5_



長閑な風景の中徒歩約20分。


6_

7_

8_



集落に入ると神社のある交差点を右に進むとお店が見えてくる。


9_



茅葺き屋根の結構立派なお店なのです。


10_

11_




ご無沙汰の挨拶をして縁側のテーブルに席を頂きました。


12_



13_




予約していた里山料理とは別に蕎麦掻きと出汁巻きを注文しお酒を頂くことに。


14_




まずはお猪口を選びますが、私はいつも錫のお猪口から。


15_

16_




この日のお酒は地元能勢の秋鹿四種がメインのラインナップ。


17_




18_



料理はお漬け物から始まります。(写真撮り忘れである程度食べた後です)

19_



そして二皿目がこれ。


20_



コゴミとワケギに新わかめと鶏肉の和え物。
正に春を頂く一品には同行T氏も大喜び。


21_



サブメインの里山料理が出されます。
山菜や白和えにヒジキとタケノコの煮物など6種が盛られたお皿。

22_



優しいお出汁の味付けは、日頃ハッキリとした味付けに慣れた私たちには新しい美味しさを味あわせてくれる物たちだ。

23_



ここでお願いしたお酒は秋鹿純米吟醸春出し限定。


蕎麦掻き

24_



ポテッと整えられた形では無く、小ぶりにちぎられたような荒々しい蕎麦掻き。


25_



山葵と柚子味噌に鰹節が添えられていてこれがそれぞれ良い仕事をします。
それにしても蕎麦掻きは良いお酒のお供。


27_

16__2



追加の出汁巻き。


29_



お蕎麦は初めに選択するのですが、私はシンプルに盛りそば、T氏はおろし蕎麦(基本のもり以外は追加料金)

30_



31_



黒ポチ赤ポチがたくさん散らばったお蕎麦はとっても素敵な風情。


32_up




少し透け感があって綺麗!


33_




見た目どおりの美味しさを堪能して蕎麦湯へ。


34_




それにしても何てゆっくり感満載のお店なんだろう。


35_




あまの凡愚に似て異なるユッタリさです。
まだまだデザートが残っています。
本日は能勢のお酒秋鹿の酒粕を浸かった小倉アイスとイチゴのフラッペ。

36_

37_



お酒もお蕎麦も堪能してお店を後にしました。


38_



長閑な風景の中バス停を目指します。

39_

40_

41_




 バ ス 乗 り 遅 れ た ( . . ; )



42_

コーヒーで1時間時間つぶしとなりました。

(このお店の存在有りがたいです。コーヒーも美味しいですよ!)


43_







そば切り蔦屋

お店は→大阪府豊能郡能勢町垂水246
電話は→072-734-2774
営業は→11時半~14時頃まで入店可
お休み→月・火曜日( 臨時休業有り)
駐車場→有り
最寄り駅→阪急バス森上停留所 徒歩約20分
              (能勢電鉄山下駅から約18分)

Photo

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月 6日 (土)

ランチ始まってます 和歌山市葵町は「串カツ家SACHI(サチ)」


和歌山県環境衛生研究センターと愛徳医療福祉センターのちょうど中間あたりにある 「 串カツやSACHI(サチ) 」 が GW 前からランチを始めています。


1_


全品800円、プラス100円でアイスコーヒーがチョイス可。


2__2

3_


まずはしぐれかつ定食。大根おろしを載せた和風トンカツです。


4_ 



おろしを載せたトンカツを和風出汁に浸けて頂くのですが、刻み大葉のアクセントも利いてこれがなかなかアッサリとして美味しい!


5__2

 

添えられた小鉢のタケノコも出汁が利いていて、フンワリと優しい味わい。


6__2 




そして唐揚げ定食

唐揚げは一口かむと・・・・カリッ !!


7__2



あくまでもサクッ では有りません   カリッ なのです。

噛み切るとすぐ ジュワッ ジューシー で柔らかな歯応えの鶏肉。


9_up



うんまい!!


この食感の
コントラストがとっても素敵だ。


味付けもしつこすぎずに旨味を引き出しています。

こんな唐揚げを食べさせられると頼まないといられない。



そう   唐揚げと言えば       
生ビール!



8_




良いよね         良いよね   今日はお休みだから  飲んでも   良いよね!!


10_



ポテサラもあるし。

なので          当然1杯では収まろうはずは無い (^0^;)

こうして  退 ・ 廃 ・ 的 な午後  は過ぎていくのでした。



串カツsachi(サチ)


Sachi_2

お店は→和歌山県和歌山市葵町
電話は→073-425-5517
営業は→17:00~23:00
定休日→月曜(ランチは火曜~土曜)
駐車場→有り
最寄駅→和歌山バス堀止バス停から約800m

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月 3日 (水)

鴨南蛮あります 京都府綾部市は「蕎麦処 あじき堂」

「 明智光秀丹波を広め、広め丹波の福知山 」

丹波地方は兵庫県北部を指すイメージですが、本来京都府と兵庫県の府県界エリアを指す地域なのです。

現在の綾部や園部・京丹波から篠山・柏原が丹波という国だったのでしょうね。

そんな丹波地方の長閑な集落、滋賀里にあるお蕎麦屋さんに訪れました。
昨年、まだ寒さが残る頃に訪れ越前おろし蕎麦を頂いたお店、あじき堂。


一年ぶりの訪問です。
舞鶴若狭自動車道 綾部ICからそう遠くない長閑な集落にお店はあります。


1_



お店に入ると自然体のご主人が迎えてくれました。
ここは客室に入る前にオーダーを済ませるシステム。


2_



前回はおろし汁を盛り汁で割った蕎麦汁で頂くしぼり蕎麦を頂いたので、今回は鴨南蛮をお願いすることに。

同行の蕎麦仲間はおろし蕎麦などを注文しました。
この日はO氏のご厚意で私はお酒、T氏は焼酎を頂くことが出来て、


3_



琥珀色のお酒は・・・どこの銘柄か忘れました  (__*)


4_



しかも調子に乗って出汁巻きもお願い。


5_



6_up



おろし蕎麦


7_



細打ちの蕎麦は綺麗に切り揃えられ、


8_up



9_



キッチリとコシがある ・ ・ ・


10__



しかも味もキッチリ。



鴨南蛮

11_



そして私がお願いしたお蕎麦登場。


普通はコシ砕けになる温蕎麦ですが、温かいけどコシもある。


12_

薄めの鴨肉は枚数は多いので不満は無い。


出汁香るかけ汁も鴨の旨味と共にフンワリ体に染み入ります。

13_




しばしご主人とお話をして、
本当にお伺いして良かった

そう思いながらお店を後にしました。

これでこの日の幸せ終了です。



あじき堂

Photo

お店は→京都府綾部市志賀郷町町ノ下31

電話は→090-8099-6422

営業は→11:30~16:00
お休み→HPで確認

最寄IC→舞鶴若狭自動車道綾部IC(車約15分)

駐車場→お店の隣に有り

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月 1日 (月)

野田ふじまつり2017

P1010158




今年のふじは桜同様1週間ほど開花が遅れ、
信達牧野のふじまつりも会期が延びましたとのことで、先週の土曜日に行ってきたのですが。

P1010187

P1010189



花はまだ房の半分強      でした。

P1010177



でも上から見るといつもどおりでした。

P1010213



今年もまた 「 穴子天 」 を食べ逃したのですが、また来年を楽しみにして電車に乗ったのでした。

P1010208

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年4月23日 (日)

奈良で桜とお蕎麦 高市郡高取町は麓香庵

今年    桜とは縁遠かった。 一週間前、せめて散り際の又兵衛桜をと宇田に行ってきました。   花曇りだが後半...

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«桜・片栗・蕎麦ツァー・・兵庫県丹波市は三津屋妹尾