« とってもウッディーなお蕎麦屋さん 滋賀県愛荘町「五弐庵」 | トップページ | 近所にあったらいいな!蕎麦 京都綾部「そばの花」 »

2008年6月15日 (日)

熊野古道と餃子とお蕎麦

梅雨ですね。でも、いっぱい雨が降ったり全然降らなかったり。何か変な天気になってるような気がしますよね!

Kainan_1_3 そんな梅雨の一日のお話です。黒江塗りの漆器(輪島塗より古いです・・のはず)でおなじみの和歌山は海南市へ行って参りました。とても古い町並みが残るところなのよね。船尾(ふのう)から黒江を抜け、熊野古道に至るコースを、てくてくある歩きました

この町は狭い道があっちこっちに広がり、まるで迷路に迷い込んだ感じなんよ。その道沿いにはベンガラ格子の家並みや、ノコギリみたいにギザギザの家並み、それと賑やかな市場もあってね。何か不思議な空間にいるような気がします。

Kainan_2 汗ばむような梅雨の中休みは・・・やっぱりですよね! チョット一休みは、海南駅前にある中国(台湾?)の人が作る本格中華やさん。以前お昼ご飯に立ち寄って、結構美味しかったヨって印象で入店です。冷たいビールにはやっぱり餃子がお似合い

Gyouza 今までの餃子とはひと味違うんです。カリッと焼けた皮はモチッとした食感。チョット甘めのタレが意外とアッサリな具に合う感じ(以前頂いた焼き飯や酢豚も結構Gooでした)。この時はまだまだ歩きたかったのでビール一杯だけ(x_x)で終了。お店の名前、覚えてません\(__ )

Kainan_3 海南駅から熊野古道までの風景は、チョット街道チックな家並みが続き、造り酒屋さんもありいい雰囲気です。紀伊の国一の鳥居「藤白神社」にはと~っても大きな楠があって、なにやらフクロウが住んでるらしいです(見あたりませんでした(だってフクロウは夜行性やモンね)

Kainan_4 そうそう、この地は全国の「鈴木」という姓の総本山だそうです。いわゆる発祥の地。鈴木サミットなる物もあるようです。鈴木屋敷もあって現在修復計画があり、傾いたお屋敷はしばらくするときれいになるかも知れません。お庭は赤と緑がとってもきれいで、池には鯉も泳いでます。

Sarasina_1 さて、夕食は和歌山駅前にある「更科本店」。和洋中何でもござれ!更科と銘打つお店はあちこちに有るんよね。共通は丼やカレー、ラーメンが揃うマルチ食堂みたい。ここの鴨せいろは熱々お蕎麦に熱々お汁。湯気が上がるお蕎麦をコクがあるのに意外とアッサリお汁で頂けばです。

Sarasina_2 この日は冷たいお蕎麦で頂きました。決して本格的な「コシがあって」や「蕎麦の香り立つ」とかと違うんやけど、そんな難しいこと抜きで普通にとっても美味しく、気楽に頂ける店。そんな「更科本店」でした。

|

« とってもウッディーなお蕎麦屋さん 滋賀県愛荘町「五弐庵」 | トップページ | 近所にあったらいいな!蕎麦 京都綾部「そばの花」 »

お蕎麦の和歌山」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 熊野古道と餃子とお蕎麦:

« とってもウッディーなお蕎麦屋さん 滋賀県愛荘町「五弐庵」 | トップページ | 近所にあったらいいな!蕎麦 京都綾部「そばの花」 »