« 実直蕎麦 京都木津川「橘」 | トップページ | 少ない営業日 和歌山「かなや」 »

2008年6月 7日 (土)

絶品 和歌山蕎麦「そば切り 徳」

昨夜の飲み過ぎがたたってか、どうも気分が・・・のらないのよね  起きるの遅かったし・・昼前にようやく少し活動気分。お外は薄曇りの空が広がってます。で、今回ご紹介のお店は「そば切り徳」です。和歌山市には肩肘張った?お蕎麦屋さんが少なかったけど、このお店数年前に出来たこだわりのお店。

Toku_1_2 初めて行ったときは、お汁に何か・・・もろみ?の香りというか、そんなのが余韻に、チョット好みが分かれるかなというお汁。この頃はその余韻もなぜか無いようです。でもお蕎麦はと~ても美味しかったのよ。ホント!和歌山にもこんなお店が出来たんやね~って思ったものでした。

メニューは、そば切り(ざるです)や辛味大根、とろろ、ニシンなど。他にかけorそば切り+稲荷or雑穀ご飯のランチセットもあるんです。夜は前日までの予約で蕎麦三昧をいただけます。

Toku_2 注文をするとまず、そば茶(鉄瓶に入り夏は冷たく、冬は暖かい)と、蕎麦のおかき?が登場。それをポリポリしている間にお蕎麦が出されます。これは半分くらい食べておいておきましょう。お塩の味が口に残りすぎるとお蕎麦の味がチョットわかりにくくなるかも知れません(蕎麦湯のお供にね)。

Toku_3_3   さて、お蕎麦はというと、まず生ワサビをスリスリして薬味を準備。他に白ネギが結構大量に付いてきます。おもむろに蕎麦だけを七・八本口にツルツルッ。ンッマ~イ。後はご自由に。美味しいお蕎麦を食べるのに、ごたくを並べる必要は無いんよね!汁・麺ともにす~とお腹に入ってしまいます(もちろん良く噛んで、食感と香りをお楽しみください) ワサビもパンチが効いてます。

Toku_4_2 最後の一筋まで食べてしまえば、仕上げは蕎麦湯です。透明感のあるお汁に、蕎麦湯を注げば心地よい香りが広がり、と~っても満足。ここの蕎麦湯は、最近はやりの蕎麦粉や打ち粉を溶いたような物でなく、トロ味は少ないけど白濁のフツーにお蕎麦をゆでた湯みたい。

是非和歌山へ行ったならばお立ち寄り。駐車場は無いけど、すぐ裏にコインパーキングがあります。

|

« 実直蕎麦 京都木津川「橘」 | トップページ | 少ない営業日 和歌山「かなや」 »

お蕎麦の和歌山」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 絶品 和歌山蕎麦「そば切り 徳」:

« 実直蕎麦 京都木津川「橘」 | トップページ | 少ない営業日 和歌山「かなや」 »