« 豚角煮とお蕎麦 まほろば | トップページ | ふと見上げるとオリオンがサソリを追いやっていました »

2011年12月 4日 (日)

京都大原三千院 恋に疲れた女が一人♪

紅葉シーズンも終盤か、そう思って京都三千院へ行ってきました。

1_p10504452_p10504463_p1050449

ほ~~~っんとに久し振り。しかも公共交通で来るの初めて。出町柳から比叡山口、そこからバスで大原到着は11時頃やったやろか。

4_p1050480 ただ・・みんな考えは同じのようで、えらい人やった。電車もバスも三千院も .。ooO
蟻の熊野詣で人の波に流されてるみたい。
取りあえず靴を脱いでビニール袋に入れ客殿へ。

5_p10504586_p1050453

つくばいの水に苔の緑が映えて、縁側からは池泉回遊の庭園を眺められ。

7_p1020453_28_p1050469_29_p1020455

そのお庭に出ると、薄日射す風景。

10_p1050477

ふと見ると可愛い石仏がツクネンと座ってたり。

11_p105048912_p1050444

13_p1050451

三千院のお庭は光と影がとても素敵。

14_p1050482

15_p1050455

16_p1050502

不動堂近くではお抹茶をいただく事も出来ます。

17_p1050484_218_p1020445_219_p1020451

パンフレットにあるように彼の地は古くから魚山と呼ばれ、声明発祥の地として知られてるんよ。

20_p1050507

天台宗開祖の最澄が草庵を結んだのが始まりやそうです。

21_p105050922_p105052123_p1050515

門跡寺の名の通り皇室との関わりも深く。

24_p1050519

宮家縁の人が住職を務めたそうなんよ。

25_p105052226_p1050525

三千院という名は以外と新しく、明治に入ってから付いた名だそうです。
お庭の広さも伴って結構時間を潰してしまい、お昼を遙かに回った時間にもかかわらず周辺のお店は人が溢れ、
久し振りに芹生で昼食をと思ったんやけど、バスターミナルにあるお蕎麦屋さんで昼食を取りました。

27_p1020458

お店奥の窓口で食券を購入。久しぶりに温かいお蕎麦を頂いて、立ち席バスで出町柳まで戻ることに。

28_p1020459

三千院門跡

京都府京都市左京区大原来迎院町540

|

« 豚角煮とお蕎麦 まほろば | トップページ | ふと見上げるとオリオンがサソリを追いやっていました »

小さな町歩き」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 京都大原三千院 恋に疲れた女が一人♪:

« 豚角煮とお蕎麦 まほろば | トップページ | ふと見上げるとオリオンがサソリを追いやっていました »