« わざわざ行ったのに 西浅草おざわ | トップページ | 旨さが際立つ辛汁 並木藪そば »

2012年4月10日 (火)

道の駅で韃靼蕎 和歌山は有田川町あらぎの里

今は有田川町となった旧清水町。山椒生産が日本一。
また駅名の由来となった蘭島(あらぎじま)は、幾何学模様が綺麗な日本棚田百選の一つ。

1_p1040749

そんな道の駅あらぎの里は、清水繋がりの姉妹都市である北海道・静岡・福井の産品も販売してます。
この日私は静岡のチューブ山葵を購入しました。

丁度昼時、レストランコーナーでは地元食材を活かした料理の他に、なんと韃靼蕎麦も頂けるのです。
にが蕎麦と言われる韃靼蕎麦、お茶は玄米茶風味やけどお蕎麦にするとちょっとばかり個性的。
でも、普通のお蕎麦に比べてルチンがスンゴく多く、血管を丈夫にしてくれる何とも有難いお蕎麦なんよ。
出されたお蕎麦はやはり黄味がかり、軟らかい歯応えのお蕎麦は癖を感じさせません。

2_p1020971

優しいお出汁に柚香がでホッとさせてくれ、一切れ添えられたナルトが妙にユニークさを感じるのですが。
やっぱり和歌山ではナルトなのでしょうか。

3_p1020972

温かい梅おにぎりと、ホッコリ優しい汁を交互に頂き

4_p1020973

これで本日の幸せ終了です。

道の駅あらぎの里

|

« わざわざ行ったのに 西浅草おざわ | トップページ | 旨さが際立つ辛汁 並木藪そば »

お蕎麦の和歌山」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 道の駅で韃靼蕎 和歌山は有田川町あらぎの里:

« わざわざ行ったのに 西浅草おざわ | トップページ | 旨さが際立つ辛汁 並木藪そば »