« 2012年4月 | トップページ | 2012年6月 »

2012年5月

2012年5月29日 (火)

福井産に拘る 道頓堀旨蕎麦 星(あかり)

福井と言えば嶺南は若狭ガレイやへしこに鯖寿司等々海産系イメージ。
嶺北では越前ガニと越前おろし蕎麦。
そう、嶺北はお蕎麦で有名な丸岡、今庄、大野等があって・・
いずれも全国的福井ブランドなんよね。

そんな福井物に拘るお店が星。
道頓堀川のほとりにある細長いお店。

星へ行くと・・ナメコおろし
紫の辛味大根が綺麗。見た目も辛味もピカイチやし、鰹節とナメコに合うんよ。

P1000838

私、ここではほぼこれで始まります。

P1030200

出汁巻きもフンワリと玉子の甘味に優しい味付け。
漬け汁も出されるので味に変化を付けてもエエね。

P1000841_3

でもやっぱり魅力はお蕎麦。
今更ながら多くは語りませんが,、いつもながらの綺麗蕎麦は、黒ポチが混ざり香ばしい味わい。
挽きぐるみ好きの私には本当に美味しいお蕎麦です。

P1030204

ちなみに星のお蕎麦は永平寺町の辺りとのこと。
さすが福井。何処の蕎麦でもOK。
若狭だけで無く、嶺の南北を問わず・・・
旨し御食国(みけつくに)です。

P1000844_2

これもいつもながら、湯桶がチョットいかついように思うのですが ('-'*)

これで本日の幸せ終了です。

お店は→大阪府大阪市中央区道頓堀1-1-9 豊栄ビル1F
電話は→06-6212-5450
営業は→18:00~翌2:00 土・日は12:00~翌2:00
最寄り駅→地下鉄堺筋線 日本橋駅徒歩5分程度

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年5月27日 (日)

重伝建の旨蕎麦 大宇陀は「そば庭旅人」

奈良県宇陀市(旧宇陀郡)は長閑な田園風景が広がり、季節の良い頃にはハイカーが集う地域。
中でも重伝建の指定を受けた大宇陀は、江戸末期からの古い町並みが多く残る伊勢街道筋。森野や黒川など老舗が並ぶ、吉野葛の生産地でもあるのです。

そんな大宇陀に昨年出来たお蕎麦屋さん、そば庭旅人。

Photo 以前大宇陀にはお蕎麦屋さんが無く、東吉野から移られた会津屋本店だけやった。
開店後間もなく訪れて以来、結構美味しく頂くお蕎麦はお気に入りで、この日4度目のご訪問。初めてのときは庭先で、以来2度お座敷、この日はテーブル席に案内いただきました。

Photo_2

初めておろし蕎麦をお願いしました。
色黒で野趣溢れる田舎蕎麦に載せられた鰹節とカイワレ、それに大根おろし。

この大根おろしが曲者で、とっても荒くおろされてます。これがシャッキシャキで楽しい歯応えなんよ。
ちょっとサラダ蕎麦感覚。これは初めての美味しさ。帰り際に訊いたら「鬼おろし(粗いおろし金)」を使ってるとのこと。

Photo_3

お蕎麦だけ、おろし・鰹節と共に、汁をかけてのグリコ蕎麦!

Up

Photo_4 しかも蕎麦湯には改めての蕎麦湯セットが出され、これはうれしい限り。
ただあまり汁を漬けない私には、お蕎麦に付いた追い汁がもったいない気がして (;^^)ヘ..

少しずつ・ちょっとずつ、これからもオールドパワーを味あわせて下さい。

これでこの日の幸せ終了です。

そば庭 旅人

お店は→奈良県宇陀市大宇陀区
電話は→0745-83-1185
営業は→11:30~15:00(以降は15時迄に予約を)
お休み→月曜~木曜(祝日営業)
駐車場→有り

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年5月25日 (金)

清流の山里 奈良は吉野郡黒滝村 侘助

久しぶりやね、侘助
今回予約を入れお蕎麦を頂きました。運良くお蕎麦は有るようですが、入店後にお伺いした蕎麦掻きは×。

1_

道の駅吉野路黒滝から黒滝森物語村を越え、黒滝川沿いに上ります。

2_ 囲炉裏端にお席を頂きました。
お蕎麦に添えられた蕎麦ボーロ、信楽の夢創庵を思い出すね。
(店内写真は以前の物)

3_

お蕎麦は福井玄蕎麦。
薬味は青ネギと大根おろしだけ、でもピンクのお塩が添えられるのはエエね。
色黒で黒ポチ混じり、田舎特有の味と香りなんよ。

4_up

以前訪れた夏、縁側に席を作って頂き、網戸越しに涼やかな風を感じながら頂いたお蕎麦
そんな季節もそう遠くは無いと感じお店を辞しました。

5_

これで本日の幸せ終了です。

侘助

お店は→奈良県吉野郡黒滝村寺戸573
電話は→0747-62-9030
営業は→11:30~売り切れ終了(土日祝・平日要予約)
お休み→平日(予約で一組)
お車は→P有り

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年5月20日 (日)

小さな町歩き 途端にタイムスリップ 今井町散歩

奈良県橿原市にある重伝建の町今井町。
ここはチョット思い入れの強い町なのかも知れません。

1_

この町の存在を知ったのは、小学校の頃。何かの本にあった写真を見て。行ってみたい、そう思ったものです。

2__63__64__6

初めて訪れた頃はかなり朽ちかけた家もあって、それでも生活感を肌に感じ、路地裏では子供達が遊ぶ風景。
私にとっては素敵に佇む町でした。今は整備も進み、統一された町造りが徐々に進んでいます。

5_ この日今井は「今井町並み散歩」というイベントがあり、やきとり君達の泉北蕎麦打ち普及の会も出店。
今井散歩のスタートはいつものぶっかけ蕎麦。

6_

お出汁の香りがフーンと鼻先をかすめ、一口啜るとフワーッと華やかさが口に広がる。
お蕎麦もコシと香りを主張。毎回美味しい!

7_8_9_

件の前掛け、お似合いでした。

10_

ご挨拶をしてから今井の町並み散歩へ。

11_

さて、環濠集落だった今井は堺と並ぶ自治商業都市として栄え。大和の金は今井に七分と言われるほどの賑わいだったようです。

12_13_

大きなお屋敷が幾つも建ち、いつもは見学が出来ないそれらのお屋敷がこの期間開放されます。

14__315__316__2

今西家、豊田家等初めて見学させてもらいました。

入口をくぐると大きく吹き抜けた天井には立派な梁が横たわり、日差しのあるこの日でもヒンヤリ。

17_

町歩きの一寸一服はお馴染み「古伊

18_結構以前から古い民家で町家カフェを営業。
数年前にはお庭もガーデンテラスとして古伊音を増設。

19_20_21_

素敵な一時を過ごせるお店なのです。

22_

今井は昭和63年に町並み保存会が発足、平成5年に国の重要伝統的建造物群保存地区の指定を受け、町並み保存とまちづくりを行っています。

23_

歩けば小さい町なのですが、これだけの規模で古い町並みが残っているのがすごい所。
そこには新風が入り込んでいるようで、次回訪れる時には新たな今井町を発見出来るかも知れません。

24_

いつも一歩踏み込んだ途端にタイムスリップです。

25__2

今井町

場所は→奈良県橿原市今井町
最寄り駅→近鉄八木西口駅徒歩5分程度

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年5月13日 (日)

そうだ、京都へ行こう! お一人様の蕎麦酒 「手打ちそば 花もも」

入店するなり「あっ、田舎一口しか残ってません!」
・・・てっ、とりあえずビールと今回初めての酒肴膳。
昨年後半に通し営業となったんで、昼時を外したら「ほっこり・まったり」とお酒を楽しめます。

1_

酒肴膳は焼味噌・鴨ロース、それに湯葉さしが盛られた酒アテ三品なんよ。ビールが底をつき始める頃に焼酎蕎麦湯割り。

2_

3_

それにじゃこ天の焼いたん。

更に、焼酎お代わり。

この日予約の加減で追加の蕎麦打ち、その間にすっかりほろ酔い。

4__2

まず、少し残った田舎も出して頂き、その後ざるに。
御主人が言ってた一口、私はこれだけで十分味わえ。
素朴感あるフレーバーな風味が広がります。抜き実のざるも美味しいんやけど、田舎は挽きぐるみの穀物感(鬼皮入り)のエグ味)がエエ!

5_

こちらの汁はチョット辛めやけど、チョイと舌の上で転がすと出汁の香もたっぷり楽しめて。
蕎麦湯で頂いても後を引かないスッキリさ。

6_

蕎麦湯を頂きお一人様京都満喫。
「長居しました」。「いえ、ゆっくりして頂きたいんで」。
その言葉を噛みしめて・・・

これで本日の幸せ終了です。

花もも

お店は→京都市中京区丸太町麩屋町西入る
電話は→075-212-7787
営業は→11:00~18:30(Lo)
お休み→月曜
最寄り駅→京阪神宮丸太町・地下鉄丸太町

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年5月 7日 (月)

うすオレンジのオーバルムーン

今日、バス停から敷かれるレールに乗った。
つるみの暖簾をくぐり、いつものようにカウンターの端っこに座る。

SF小説の話から、いつしか映画音楽に話題は移り。
綺麗な!ママさんがキーボードを取り出し、映画の主題歌を弾いてくれた。
飲み進みほろ酔いで、それに合わせて小さな声で歌ったりして。

家路の途上、そういえばそろそろ蠍座が幅を利かす頃。
フとそう思い空を見上げると、雲が垂れ込めた空には星空は無く。

ただ、薄オレンジに輝いた楕円形の月だけが浮いていました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年5月 6日 (日)

新緑の夏日! 京都市中京区西洞院中立売上がる 藪そば

1_

四月、夏日となった日、とても暑い京都を歩きました。

2_
京都御苑では無意識のうちに日陰を探し歩き、迎賓館の塀で出来た僅かな影に近づきすぎて・・・

警告アナウンス鳴りました (;^^)ヘ..

こんなんあったんやね。

3_

木陰では大勢の人達がお弁当を食べたりして、さながら避暑地の森みたいなんよ。

ホント夏日と言うよりなんよ。夏っ!!
えろう暑おすな~、冷たいもん飲みとうなりますわ
一人そう呟きながら・・
で、お店に到着後「ビール!!」それと「鰊に出汁巻き」。

昼下がりの藪そばは静かで、御主人がいつものようにテレビを見ておられました。その後入店されるお客さんはご近所の方らしく、地域密着型のお蕎麦屋さんです。

5_

6_ 付きだしに続き鰊煮、その後には出汁巻きのお皿に筑前煮が添えられ ヽ(^0^)ノ
思わぬ調子にお銚子1合燗つけで。それでまたまた付きだし登場。ツモ3品目。
酒飲みには嬉しいわ~ッ!

7_

御主人は若い頃、上野のお蕎麦屋さんにおられ。

8_

もう少し詳しく聞こうと思った時にお客さんが訪れ、これは次回の楽しみに取っておきましょう。

美味しい挽きぐるみのお蕎麦を頂き、蕎麦湯で締めて。

10_

気温30度の町へ出ました。 (-.-;

9_

再び京都御苑に足が向き・・・
これでこの日の幸せ終了です。

西洞院 藪そば

お店は→京都市左京区
電話は→075-441-6059
営業は→11:30~20:00(土・祝 ~15:00)
お休み→日曜
最寄り駅→地下鉄烏丸線今出川駅

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年5月 3日 (木)

モダンでスマート 兵庫県芦屋市は 芦屋川むら玄

とってもシンプルな佇まい、プラス周りを自然が囲んだ安堵感溢れるお店。

1_

駐車場では渓流のせせらぎ音を聞きながら山桜を眺め、鶯の声を楽しみながら開店の時間を待つ。
芦屋市街からわずか数十分でこの雰囲気。
開店間30分前に到着しても退屈しない。

2_3_5_

お蕎麦は十割盛りと共に出汁巻き。今期初の泉茄子浅漬けもお願いしました。
こうなれば・・・ドライバーO氏はノンアルコール。私はインアルコール (;^^)ヘ..

6_

インテリアはモダンに、少し和テイストを盛り込めばこんなに素敵な空間になるんやね。
当然花番さんでは無く、あえてギャルソンと呼びたい。

7_

出汁巻きは人数分に切り分けられていて、、何気ない事に気を遣ってもらえるお店はとても素敵なんよ。

8_

出汁巻きの出汁香る柔らかい風味、水茄子はもうチョット茄子の甘味を感じられたらエエかな。
でも十分に美味しく頂きました。

9_

10_up お蕎麦も美味しい!
挽きぐるみの香ばしさ。探さなくても見つかります。
口に入れ噛みしめた瞬間に。

お店を出ると駐車場には・・・

11_

また行ってみたいお蕎麦屋さん発見。

これで本日の幸せ終了です。

芦屋川むら玄

お店は→兵庫県芦屋市奥池南町1-23
電話は→0797-25-0232
営業は→11:30~15:00
お休み→月曜
駐車場→19台 

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2012年4月 | トップページ | 2012年6月 »