« 2012年5月 | トップページ | 2012年7月 »

2012年6月

2012年6月24日 (日)

小さな町歩き 京は遠ても十八里 小浜市西組地区散歩

福井県小浜市、古くから御食国(みけつくに)と呼ばれた鯖街道の起点。

1_

小浜から京都枡形を結ぶ鯖街道。
水揚げした鯖に一塩して京都まで一昼夜、出町柳に着く頃には頃合加減となる。
そんな小浜の町を歩いてきました。

3_

鯖寿司を買う通過点なのでゆっくり歩いたのは初めて。

4_ 海産物だけでは無く、小浜には重伝建の町並みもあったのですね。
海岸通りの人魚像から一筋入る西組地区、連子格子や蔵のある町並みが広がる。
先ずは国指定有形重要文化財の白鳥会館。何ともレトロな雰囲気を醸しだしています。

5_

小浜公園の小高い山からは市街地が一望。

7__5 6__5

次に向かうのは三丁町。茶屋町が三丁続いていたのでこの名が付いたそうです。

8__29_10_

火災による焼失で明治初期に建てられた物が多く、ただ区割りは江戸時代と変わらぬまま。
素敵なお店もあって、町並みと食の館四季菜館では次回是非鯖寿し膳を頂いてみたい。

14__3 13__3

町並み保存資料館に立ち寄ってみました。

15_

京都同様、間口が狭く奥に長い鰻の寝床。

16_

17_   驚きは家の下に設けられた石室(いしむろ)。
廊下の蓋を開け階段を下りるとヒンヤリとした小さな空間が!いわゆる床下収納。

18_

小浜は食以外にも若狭瑪瑙や螺鈿の塗り箸、眼鏡フレームが有名なのですが。

19__220__2

でもこんな小さな町に沢山のお寺があり、しかも国宝が結構・・・まさに小京都。

21_

ついさっきまで歩いた重伝建に加え、近年出来た広い道沿いには昔の町並みが再現され、、

22_ 平成20年の重伝建指定を機に、ようやく動き始めた新たな町造り。
お役所頼りでは無く、住民パワーでまちづくりを成功させて下さい。

23_

新しい御食国(みけつくに)、そう思いながら帰路についたのでした。

小浜市

アプローチ
電車は→JR小浜線小浜駅
車は→舞鶴若狭自動車道小浜IC

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年6月17日 (日)

曽爾高原で十割蕎麦 奈良県は曽爾村 黄色い暖簾

久し振り! しかもかなり随分!

昔酒屋さんが本業だったこちらのお店。
曽爾高原を訪れるハイカーやライダー達が多く、今は本業が麦屋さんなんかもしれへん。

1__2 初めて行った時、お蕎麦も美味しかったけどデザートが印象的やった。
この日せいろ意外の蕎麦もOK。
田舎のセットをお願いしました。
(以前お蕎麦は一種類やった気がする)

2_

田舎です かなりの田舎(お蕎麦やで)
蕎麦肌がツルンとして細かい黒ポチが混ざり、まるで信州そばみたい。

3_

素朴で野趣有る色黒お蕎麦は存在感たっぷりで、辛味大根のおろし搾り汁を混ぜた蕎麦汁
信州と越前の融合蕎麦。

4_

セットには蕎麦豆腐とデザートが付いてくるんやけど。
デザートがネットリとしたクリーミーババロア。

5_

前回これにナタデココが散りばめられていて、今回はパイナップルが鎮座してました。

6_

長閑な山里の風景とお蕎麦を楽しめるお店なんよ。

黄色い暖簾

お店は→奈良県宇陀郡曽爾村伊賀見307
電話は→0745-94-2032
営業は→11:00~(無くなり次第)17:00~20:00
駐車場→5台程度

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年6月14日 (木)

小さな町歩き 酒と竜馬の町 京都は伏見散歩

二度目の伏見散歩。

1_ 前回は丹波橋駅から歩き始めたのですが、今回は中書島からスタート。
駅から暫し歩けば中国寺院的な門の長建寺が現れます。山門を潜ると左手に「このお寺にしか無い有名なおみくじ」・・・
興味津々な親子ずれ。境内には出店も出ていました。

3_

運河沿いに月桂冠の酒蔵や十穀船乗り場を眺めながら歩きます。

4_

伏見といえばすぐ思い浮かぶのは日本酒とお稲荷さん。そして坂本竜馬。
柳が植えられた運河沿いには遊歩道が設けられ、風情ある伏見の酒蔵風景が広がる。

5_

ある意味ヴェニスかも。。。

6_7_

竜馬通りに続く橋に上がると西にすぐ寺田屋があります。相変わらずお客さん一杯でガードマン付き。
東に行けばカッパキャラで有名な黄桜酒造。児島さんのカッパはTV-CMで一世を風靡しました。

8_

ミュラーを横目に竜馬通りを抜け、竹田街道大手筋と新高瀬川が交わる所にある伏見の顔「松本酒造」。

9_

1791年創業の酒蔵は国の登録有形文化財にも指定されていて、私はこの八角レンガ煙突がある風景がお気に入り。

この日ランチは大手筋沿いのお蕎麦屋さん「京乃四季」。

10_

通りから路地に入り込むようなアプローチ。その奥にお店は有りました。メニューも色々あって比較的リーズナブル。伏見散策には丁度良いお店。

11_12_

ビール一本天ざる一枚で腹ごなし。

伏見散歩の後半戦は先ほどの黄桜酒造から。
「♪カッパッパ~ ルンパッパ~・・・♪」
思わず口ずさんでしまいそうで、、(^^)

13_14_

道を挟んだ北側にはテラスがある建物。お土産屋さんやレストランがあります。
南側は展示やビデオで黄桜の歴史が学べる建物。

15_

東に突き当たると、焼き鳥を中心とした料理を楽しむことが出来る「鳥せい」。

16_

南に足を向ければすぐに月桂冠。

17_18_

ここでもお土産物色が楽しめ、鍵の手を進むと月桂冠大倉記念館があります。

19_

さて、今回オマケ歩きをしようと向かったのは宇治。お目当てはご存じ十円玉にある平等院鳳凰堂。

20_ 初めて訪れた平等院。思い描いていた鳳凰堂よりはチョット小さめだった。
十円玉では大きさを感じたのですが (;^^)ヘ..

21_

写真はあえて正面風景を掲載しません。
あまりにもポピュラーなので。

22_

(小さな写真はクリックで大きくなります)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年6月 3日 (日)

小さなリゾート 三重県は名張市 そば けいた

大きな開発地の外れ、しかも目立たずひっそりとけいたは佇んでいました。
とてもシンプルでスッキリとしたデザイン。

南向きに席を取り品定め。
鴨汁蕎麦は冬季限定のようで、天ざるをお願いすることに。

1_

南側の大きな掃き出し窓は引き戸がすべて開け放たれ、お庭との一体感がまるでテラス席。
窓の隣に座る薪ストーブ。今期は既に役目を終え、インテリアの一部としてオフの役割を果たしています。

2__2

90度目線を移せば、綺麗に積まれた薪。
薪ストーブがどれほど頑張ろうとしても、これが無ければただのインテリア家具なのですから。

3_

天麩羅が運ばれました。真ん中の海老をガードするように、野菜が並びます。
バックの景色と重なり何とも素敵な姿。

4_

続いてお蕎麦。
細打ちです。その細い一筋一筋に赤や黒の細かいお星様が散らばり、小ぢんまりと盛られているけど、これが以外とボリューミー。

5_

風にそよぐ柳のようなしなやかさを感じ、噛みしめると繊細な風味を感じ、強烈な個性は無いけど親しみやすい、そんなお蕎麦なのです。

色鮮やかなお漬け物を頂きながら蕎麦湯でマッタリ。
あくまでもゆったりとした風が流れゆく。

6__2 タイプは180度違うけど一如庵的雰囲気。
これは素敵なお店を見つけたかも知れません。

そう思いながら本日の幸せ終了です。

Map 追伸:一度通り過ぎて、戻りもスルー・・
   ちょっと目立たないのですが、
   注意深く走ると解ります。

そば けいた

お店は→三重県名張市青連寺1258-9
電話は→0595-61-1371
営業は→月~金11:30~14:30
    土日祝11:30~14:30 17:30~19:30
お休み→水曜
駐車場→有り

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年5月 | トップページ | 2012年7月 »