« 2012年7月 | トップページ | 2012年9月 »

2012年8月

2012年8月26日 (日)

小さくても凛として かなや その2

さてこの日、「本日おうどんもあります」
何と・・・うどんとな。

どうやら御主人は、たまにうどんを打つことがあるようで。
この店でうどんとは・・思わずお願いをした次第。

蕎麦湯を飲んでいると、くだんのうどんが運ばれたのである。

1__2

何とも素敵な表情は、艶やかで瑞々しい色白の讃岐美人ではないか。
お蕎麦とはガラリと雰囲気を変え、せいろに盛られたおうどんに楓の緑が映えている。

2_up_2 角が程良く落ちて優しさとしなやかさを感じるも、ひとたび口に入るとそれが強靱さを主張する。
まさに讃岐。明らかに関西うどんではない。

3_

薬味もおろし生姜と刻み青紫蘇に胡麻が添えられ、これにスダチが有ればここはもう讃岐。

最後にはお蕎麦同様白い湯桶が出され「白湯(さゆ)です」。
素晴らしい! 完璧!!

4__2

うどんの茹で汁は塩分過多、汁を割るには不向き。
さすがご主人と言わざるを得ない。

5__2
こうして至福の第2ピリオドが終わり、、

この日の幸せ終了です。

そば切り かなや

Photo_3 お店は→和歌山市神前
電話は→073-472-7078
営業は→11:30~
お休み→土曜~月曜
駐車場→2台
最寄り駅→和歌山電鐵神前駅徒歩2分

| | コメント (2) | トラックバック (0)

小さくても凛として かなや その1

営業が火曜から金曜という何とも憎らしいお店が有る。
看板という看板は無く、目印は営業中という控えめな看板。
気をつけていないと通り過ぎてしまう。

短いアプローチは侘び寂を楽しむ僅かな時間。

この日お願いした梅そば。

1_

2_up

潔さの中に凛とした雰囲気が漂い、それでいてどこか温もりを感じる。

梅・紫蘇・蕎麦のコントラストが何とも映えるセッティングなのだ。

3_up

蕎麦は仄かに褐色を帯び、得もいえぬ艶やかさ。
特有の香りは奥ゆかしくも、噛んだ瞬間に鼻から抜け・・思わず 旨い!!

大振り肉厚の南高梅は頃合の酸味を醸し、青紫蘇の香と共にスッキリとした刺激を添えるのである。
その香りが残る汁に蕎麦湯を注ぎ頂くと、出汁の華やかさが梅紫蘇を優しく包む。

4_

こうして幸せの高まりを沈めながら・・
舞台は第2ピリオドへ。

そば切り かなや

Photo_2お店は→和歌山市神前
電話は→073-472-7078
営業は→11:30~14:00
お休み→土曜~月曜
駐車場→2台
最寄り駅→和歌山電鐵神前駅徒歩2分

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年8月18日 (土)

ご無沙汰蕎麦 奈良は桜井のまほろば

移転(大宇陀へ)

「ご無沙汰してます」
お店に入ると御主人に挨拶。
そう、ここは色んな事で私なりにお気に入りのお蕎麦屋さんなのです。

1_

一如庵では無く、笠そばでも無いんやけど。
自然体な店主御夫妻と自然体なお蕎麦。に、加えて美味しい角煮 (;^^)ヘ..
この日もお蕎麦と角煮を頂きました。

2_

最初に出された角煮。すり下ろした山葵で頂きます。
脂が抜けきった豚肉はホロホロとトロトロと、コッテリそうでアッサリなんよね。

3_

極細打ちのお蕎麦は福井産とのこと。

4_up_3  透け感有る麺には黒ポチや☆が混ざり、一口手繰り上げれば幸せを感じる。
おいしい・・・

5_

古民家や洗練された空間でも無いんやけど・・・
何故か引かれるお店なんよ

6_

これでこの日の幸せ終了です。

Photo まほろば
お店は→奈良県桜井市
電話は→0744-44-2269
営業は→11:30~20:00
(17:00以降は要確認)
お休み→日曜日
駐車場→有り

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年8月11日 (土)

ビッグなスモールうどん 空海房と滝音

讃岐うどんセルフ店を2軒まとめてご紹介。
高松空港にほど近い「空海房」と木田郡三木町の「滝音」です。

1_
先ずは地元出身の空海を名に飾った空海房

2_

手渡されたかけ小・・えっ、結構多いんちゃう?
そう思いお勧めの唐揚げとお揚げさんもトッピングして会計を済ませます。

3_up 透明感が印象的なかけ汁は、しっかりとした主張なんよ。色白艶やかな麺は、モチッ・プニュンと程良い弾力に歯応えが楽しい。
唐揚げは。。。ビールが (;^^)ヘ..

続いての滝音は手打ちならぬ手織りと称するおうどんを出しています。
1__2

二日間寝かせた生地は幾重にも折り重ねられているそうなんよ。
ざる小とアジフライを頂きました。

3__2

エッ! 多い? またまたのボリューム。
長い麺はしっかりとした弾力があり 僅かによれているのはかなり打ち込まれたおうどん
お汁はカツオの香りがイリコを優しくオブラート。キッチリとした味わいを強調。
レモンをギュッと絞れば夏向きの爽やかさ。

4_up

また、こちらには賄いから商品化されたまかないぶっかけが有るんよ。同行T氏が頼んだんやけど、、、これまたボリューム満点。

6__2

いつもながらT氏の健啖振りには舌を巻きます (-.-;

讃岐うどんは一玉200g前後が一般的やけど、この2店は300gなんよ。
さすがにチョット休憩。が、そのまま家まで休憩となり。
ツアー初の3軒止まりとなった讃岐うどん路・・・

どちらもうどん・トッピング・お会計のセルフ店。
サイドメニューも充実の家族連れ推奨です。

空海房

Photoお店は→香川県高松市香南町岡199
電話は→087-879-1403
営業は→6:30~15:00
お休み→無休
駐車場→42台

滝音

Photo_2お店は→香川県木田郡三木町上高岡266-1
電話は→087-898-4800
営業は→10:00~15:30
お休み→月曜日
駐車場→40台

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年8月 4日 (土)

こんな所に製麺所 三嶋製麺所

どこ? そこ?、エッ、ここ?、
そんなんで着いたお店は山間の集落にありました。

1__2

目立った看板は無いんよ。製麺所やからね。
客席は付け足し程度やから、表のベンチや立ち食いで。

2_

まず、冷たいのか温いのかをサイズと共にお願いする。
出来たウドンを受け取り脇の薬味を入れるだけ。
温いんやったら釜玉もOK。
醤油をかければ出来上がりのシンプルさ。

2__2

刻み唐辛子が置いてあるんで好みでパラリ。
少なめでもかなり効きます。まさに一味やね。

3_

プニョッとした弾力感とモッチリとしたコシが素敵です。
食器を戻して自己申告でお会計。

和歌山ラーメンもそやけど、誤魔化す人無いんやろね。

Photo 三嶋製麺所

お店は→香川県仲多度郡まんのう町川東276
電話は→0877-84-2266
営業は→10:00~16:30
お休み→金曜日
駐車場→少ない

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年7月 | トップページ | 2012年9月 »