« ご無沙汰蕎麦 奈良は桜井のまほろば | トップページ | 小さくても凛として かなや その2 »

2012年8月26日 (日)

小さくても凛として かなや その1

営業が火曜から金曜という何とも憎らしいお店が有る。
看板という看板は無く、目印は営業中という控えめな看板。
気をつけていないと通り過ぎてしまう。

短いアプローチは侘び寂を楽しむ僅かな時間。

この日お願いした梅そば。

1_

2_up

潔さの中に凛とした雰囲気が漂い、それでいてどこか温もりを感じる。

梅・紫蘇・蕎麦のコントラストが何とも映えるセッティングなのだ。

3_up

蕎麦は仄かに褐色を帯び、得もいえぬ艶やかさ。
特有の香りは奥ゆかしくも、噛んだ瞬間に鼻から抜け・・思わず 旨い!!

大振り肉厚の南高梅は頃合の酸味を醸し、青紫蘇の香と共にスッキリとした刺激を添えるのである。
その香りが残る汁に蕎麦湯を注ぎ頂くと、出汁の華やかさが梅紫蘇を優しく包む。

4_

こうして幸せの高まりを沈めながら・・
舞台は第2ピリオドへ。

そば切り かなや

Photo_2お店は→和歌山市神前
電話は→073-472-7078
営業は→11:30~14:00
お休み→土曜~月曜
駐車場→2台
最寄り駅→和歌山電鐵神前駅徒歩2分

|

« ご無沙汰蕎麦 奈良は桜井のまほろば | トップページ | 小さくても凛として かなや その2 »

お蕎麦の和歌山」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 小さくても凛として かなや その1:

« ご無沙汰蕎麦 奈良は桜井のまほろば | トップページ | 小さくても凛として かなや その2 »