« 小さくても凛として かなや その2 | トップページ | 越中おわら風の盆 八尾でお蕎麦 風庵 »

2012年9月 2日 (日)

大阪狭山から岸和田へ そば切り摂河泉

大阪市へ移転

かつて大阪は摂津・河内・和泉の国から成り、総称して摂河泉といいました。
その三国に接する所は、今でいう住吉・松原・浅香やったんやろね。
方違いさんが有る三国ヶ丘はまさに境目やったんかも知れません。

さて、河内から和泉へ移転した摂河泉。
辛汁さんのブログで移転情報見てたんやけど、ようやく行ってきました。
外環(R170)沿いで車なら結構便利。
土生滝交差点を北へ、修斎小学校を右手に鋭角左折で道なり。細い道を行くと右手に目印の椋の木
その大きなお屋敷が新しいお店。

1_

それにしてもこの辺は大きなお屋敷が多いわ

2_

門を潜ると庭の奥に入口があるんよ。
客室は庭が見える掘り炬燵の間とテーブルの間。
掘り炬燵に座り手挽きおろし蕎麦を注文。

3_ 黒ポチが散りばめられた、透け感有るお蕎麦は健在。
先ずはお蕎麦だけ、次に山葵載せ、そして・・

4_

辛味大根のおろしを載せながらそば先をチョイ漬け。

5_ この時期のお蕎麦には刺激的な辛味が丁度良い感じなんよ。
こんなお蕎麦は見るからに素敵です。
テーブルには三種の塩が並んでるんやけど今回は未使用。

6_ トロ味有る蕎麦湯を頂きながら、お庭を眺めて暫しの一時。
色々とお話を伺い、柏原の和さんの移転先情報も頂き・・お店を後にしました。

7_

すぐ近くの道の駅「愛菜館」には大きな物産店があって、野菜・果物を中心に色~んな物が揃ってる。
帰りに買い物して一石二鳥!

これでこの日の幸せ終了です。

摂河泉

Photo_2 お店は→大阪府岸和田市阿間河滝町1643
電話は→070-5550-8677
営業は→11:30~16:00
お休み→月・火・水(日曜は予約)

|

« 小さくても凛として かなや その2 | トップページ | 越中おわら風の盆 八尾でお蕎麦 風庵 »

お蕎麦の大阪」カテゴリの記事

コメント

こんばんわ。引越しされたとの噂は聞いてたんですが、随分と豪勢なお店ですね。
行ってみたいです

投稿: やきとり | 2012年9月 4日 (火) 00時48分

ご立派です。ビックリしました。
まるで代官屋敷みたい。

結構お話し好きの御主人でした。

投稿: エノさん | 2012年9月 6日 (木) 22時51分

住所が間違っています。迷子になりました。
1648 ⇨ 1643

店主からの伝言「コラ!」

投稿: キムタカ | 2012年9月22日 (土) 12時54分

御免なさい。
そやったですか (;^^)ヘ..
申し訳ない。
確認したら阿間河滝町1643です。

大変ご迷惑おかけしました (m_m)

投稿: エノさん | 2012年9月22日 (土) 22時13分

昨日は経験のない最高のお蕎麦を戴きました。
ご馳走様でした。
誠に有難うございました。またお邪魔をさせて戴きます。

投稿: 森 信太郎 | 2013年8月 4日 (日) 03時21分

森様へ

それは何よりのことでした。
このお店は大阪では中々のお店です。

投稿: エノさん | 2013年8月 4日 (日) 21時32分

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 大阪狭山から岸和田へ そば切り摂河泉:

« 小さくても凛として かなや その2 | トップページ | 越中おわら風の盆 八尾でお蕎麦 風庵 »