« 秋の三連休ランチはお蕎麦封印? | トップページ | 伊賀の里で生粉打ち そば空木 »

2012年10月14日 (日)

名張の美味しくて素敵なお蕎麦屋さん そば けいた

春以来二度目のご訪問。
というのも、お店の雰囲気がとっても素敵。
小さいお店なんやけど、その空間を素晴らしく演出してるんよ。

4_

この日秋冬限定の鴨汁をお願いして本を開きました。
カウンターの向こうから聞こえるジューッに期待感。

1_

うずたかく盛られたお蕎麦は黒ポチが混ざる自家製粉の極細打ち。期待の鴨汁には焼きが入った細めネギ。
その下には少し厚めの鴨が沈んでるんよ。

2_up

見た目以上に量有るお蕎麦は半分そのまま、残り半分は鴨汁で。
ここの鴨汁はコテーッてしてない極アッサリやから、蕎麦だけで食べて時々ツユ飲んで鴨・ネギを楽しむ。
まさに鴨抜き的な鴨汁やね。

3_

今回御主人ともお話しが出来て、奥様にお気に入りの車の色を誉められて、とても嬉しくなってしまい・・・

これでこの日の幸せ終了です。

そば けいた

お店は→三重県名張市青連寺1258-9
電話は→0595-61-1371
営業は→月金11:30~14:30 17:30~19:30(ちょっとフレキシブル)
お休み→水曜日
駐車場→4台+α

|

« 秋の三連休ランチはお蕎麦封印? | トップページ | 伊賀の里で生粉打ち そば空木 »

お蕎麦の三重」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 名張の美味しくて素敵なお蕎麦屋さん そば けいた:

« 秋の三連休ランチはお蕎麦封印? | トップページ | 伊賀の里で生粉打ち そば空木 »