« 2014年11月 | トップページ | 2015年1月 »

2014年12月

2014年12月29日 (月)

メニューが増えた! 出汁巻きも! 和歌山市毛革屋丁は「中道」

開店して約9ヶ月となった中道。
慣れるまではメニューを絞っていたようですが、この度お品書きが新たになった。

1_

以前から一品には出汁巻きを増やして欲しいと言っていたのですがようやくその名がメニューに現れた。
(夜限定で忙しい時は出来ないという条件付きですが・・・)

12__213__2

しかも鴨椀まで名を連ねているではないか。

そこで今回はメニューを並べてみよう。

【豆腐のもろみ漬け】                     【突き出し】
2_3_

もろみ漬けは蕎麦前のお供として味噌漬けという名で揃える店も多く、ヌメッとした食感で豆腐を感じる物からチーズっぽいものまで店によって違う。
中道で蕎麦酒をする時は必ず頂きます。
突き出しは刻みネギと鰹節にかえしをかけた物で、シンプルだが以外とお酒に合う。

【鰊煮】4_

これも蕎麦屋定番の酒肴だ。
京都蕎麦の代名詞である「にしん蕎麦」は松葉さんの代名詞でもあり、これを蕎麦に載せたもの。

【出汁巻き】5_

そして今回新規参入した出汁巻き。これも蕎麦屋の定番で、ジュワッと出汁がにじみ出す軟らかいもの。
実は私は何度かいただいた事があり、写真はその時のもの。
御主人はとにかく焼きたてを出したかったので条件付きの提供となった。

【鴨椀】6_

これは鴨せいろの鴨汁だけを酒肴として出す物で、関東で多い鴨抜き(鴨南蛮から蕎麦を抜いたもの)の鴨せいろ判。
私は道頓堀の「星」では鴨汁先出しでこれをアテにしてビールを飲み、後で蕎麦だけを出してもらいしめることが多い。
鴨椀はまだお願いしていないので鴨せいろの写真を載せてます。

中道では他に板わさもあるが写真を撮ってません (‥ゞ

さて、お蕎麦でも新顔が現れている。

【玉子そば】7_

とじ蕎麦・卵とじと呼ばれる皆さんよくご存じのお蕎麦だ。
実はほぼざる系の蕎麦しか食べない私だが、温かい汁蕎麦の中でも例外がある。
鴨南蛮・牡蠣南蛮そしてとじ蕎麦なのだ。
フンワリと仕上がった卵とじは出汁の効いたお汁と相まってこれが実に美味しいのだ。

もう一つの新メニューがきざみ蕎麦。
細かく刻んだ蕎麦ではありません (^0^)、葱と刻んだアゲが入るお蕎麦。
随分昔、初めてこの名を知った時には刻んだ蕎麦を連想したもので (;^^)ヘ..
信濃庵で普通にそば定食をお願いすると出てくるお蕎麦。

【天ざる】8_

信濃庵で人気のあった天ざるはここでも健在。1350円の価値は十分ある。
天麩羅はテーブルのお塩でどうぞ。

【ざる蕎麦】9_

ベーシックなざる蕎麦(ざるに盛られるのでざる蕎麦)
しなやかなコシを持ち、噛み締めるとフンワリとお蕎麦の味が広がるもので、私はいつも汁無しで頂きます。

10__211_

蕎麦つゆは少し辛めながら出汁の旨味が十分に出た物で、蕎麦湯で割るとその風味がフワッと広がる。

バランスのとれたお蕎麦を出すお店が和歌山にも一軒増えたことは、蕎麦好きにとって全く有りがたいことだ。

<追伸>
温かい汁蕎麦ではとり蕎麦や梅蕎麦も今まで無かったかもしれません。
(あまり興味が無かったので・・・(_ _) )
今度確認しておきます (;^^)ヘ..

手打ちそば 中道

お店は→和歌山市毛革屋丁7
電話は→073-423-1005
営業は→11:00~14:00(LO13:45) 17:00~21:00(LO20:45)
定休日→木曜・水曜の夜
最寄り駅→JR和歌山駅約900m
駐車場→有り

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年12月28日 (日)

初めての神戸昼蕎麦酒 神戸市中央区は元町「手打ちそば処 卓」

神戸・・、何故かお蕎麦を食べに訪れること無く今に到っていた。
なので私の蕎麦地図では神戸が空白となっている。

1_

神戸元町に「手打ちそば処 卓」というお蕎麦屋さんがある。
何年か前、その存在を知ってから一度行きたいと思っていたお店なのだ 。
阪急線なら花隈が最寄り駅なのだが、阪神元町駅からでも以外と近い。

2_
平日の午後一時過ぎという時間、さすがにスンナリと入店できました。
店に入ると先ず目に入るカウンター席、そして左手や奥にテーブル席があるようだ。
カウンターの奥に席を頂いてメニューを綿密に審議。
お昼でも一品OKとの事で結局「出汁巻き」、「鴨鍬焼き」、そしてエビス (^^)v

3_

突き出しにはミニミニ板わさが出されます。

4_up

御主人に出汁巻きの大きさを尋ねると「玉子二個ですが一個にしましょうか?」、「アッ、出来るのならお願いします!」
ということでビジュアル的に少々貧弱になってしまいました。。。が、、

5_
お箸で持ち上げるとフワッとした仕上がりで、口にするとジュワッと出汁が効いて美味しい! 
しまった! 何と言う間違いを犯したのだ・・二軒目を考えずに普通にしたら良かった。
これはまさに「後悔先に立たず」ではないか。
しかしいつまでも悔やんでいては次ぎに出る鴨様に申し訳が立たない (;^^)ヘ..

6_62_

鴨鍬焼きは添えられたおろし生姜と共に頂くと甘辛さにアクセントが加わり、ビールが進む美味しさ。
薄めながらも6枚入り、840円という価格は嬉しい!!

お蕎麦は田舎で盛り

7_

お~~っ、キラ星の如く黒ポチが散りばめられたその姿は、何とも素朴でしかも力強ささえ感じる。
既にこの時点で味の想像もできようという男前蕎麦なのだ。

8_up

一手繰り、二手繰り・・口の中ではナッツ系のような、いや小豆系とも思える香ばしさが広がる。
「ほ~~らッ、思った通りの味!」、と思わずほくそ笑み (^0^)

で、スイッチが入った!!
昆布さん、カツオさん、その他大勢に御免なさい。私にはとてもこの蕎麦を汁に漬けることが出来ません。
そう懺悔しながら汁無し完食と相成りました。

9_

デザートの蜜柑を頂き、ホ~ッと暫し余韻の後で頂いた蕎麦湯はトロ味がかった白濁。

出汁の味を十分感じさせながらも僅かに醤油が勝った汁をまろやかにフンワリ香る物に仕上げます。

10_

御主人と少しお話しをお伺いし、絶対近いうちにまた訪れよう・・・そう思いながらお店を後にしました。

11__2

(駅に向かう途中、あっ、ここにも銀平があった!)

これでこの日の幸せ終了です。

手打そば処 卓

お店は→兵庫県神戸市中央区元町通4-5-6
電話は→078-351-7981
営業は→11:30~14:30 17:30~21:00
お休み→水曜日
最寄り駅→阪神元町・阪急花隈

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年12月26日 (金)

銀の馬車道蕎麦 兵庫県神崎郡は神河町「咲」

兵庫県東播磨に銀の馬車道という道がある。
かつて生野銀山で採れた銀を姫路に運ぶため馬車が通った道らしい。
時折粉雪が舞うこの日「銀の馬車祭り」が行われていた。

1__22__3

青垣の妹尾さんを出てから寄り道。
この辺は変わった屋根の家が多い。
神崎町は空き家を再利用してくれる人を募集し、町の活性化を図っているようだ。
パン屋さんやカフェなどの入居者があり、その中の一軒が「そば処 咲」。
なんと限定20食の十割蕎麦のお店なのである。

3_

さて、なにを食べようと手にしたメニュー・・・
ざる蕎麦・天ざる・かけ蕎麦・天麩羅蕎麦の4種というシンプルさ。
品数が少ないとチョット寂しいが、ある意味あれこれ迷わなくていい。(^0^)

なので迷わず天ざるをお願いしました。

入口を入った土間にはストーブが置かれ冷えた体を温めてくれる。
客席はその土間に四人掛けのテーブル一卓、お座敷には四人掛け座卓が3卓。
基本相席はさせないようだ。

4__2

5_

お茶と共に出されたのは突き出しと蕎麦粉のシフォンケーキ。
和洋のお茶請けとでもいいますか。

白胡麻の香ばしさと昆布のジュワッとした旨味。
シフォンケーキはアッサリとして甘すぎないシンプル加減。
これを頂きながら読みかけの本を読みお蕎麦を待ちます。

6_

十割のお蕎麦はしなやかなコシを持ち、比較的綺麗に打ち上げられている。
一手繰りして噛み締めるとフンワリと蕎麦の風味が口に広がった。

7_up

少し遅れて出された天麩羅は1000円という値段から想像していた物とは大きく外れ、全部で8種類程も入る太っ腹振りだ。
海老は一尾とはいえ大振りで着膨れすること無く揚げられている。

8__2

お蕎麦の盛りは結構ボリューミーで、天麩羅も合わせ十分な量。

9_

幸運にも限定20食というおこぼれに恵まれましたが、私の二組後に来た人は残念にも売り切れを通告されていました。
気さくな女将さんの接客が気持ちよくて楽しくて。

まちおこしのHPで見つけたお店。
満足でお店を後にしました。

そば処 咲

お店は→兵庫県神崎郡神河町中村80
電話は→090-7839-0457
営業は→11:00~売り切れ終了
お休み→土日のみの営業
駐車場→隣接の銀の馬車道資料館

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年12月22日 (月)

鴨汁蕎麦リニューアルしてた 兵庫県丹波市は青垣「三津屋妹尾」

紅葉の時期に訪れたい・・・そう思っていたけどかなわず。
ならば是非とも年内に一度お伺いせねば、そう思い出かけました。
幸運にも中国道宝塚に渋滞は無しとさい先良いスタート!

1_

11時半到着、車を停めていると御主人が出てきて「久し振り-っ! 忘れたんかと思ったわ」。
「こっ、今年はちょっとアレでナニだったので・・ご無沙汰です」 (-.-;
そう、今年これが僅か二度目の訪問なのです。

2_

ということで窓際席を頂き、鴨汁蕎麦をお願いすることに。

3_

昨年店内をちょっとオシャレにリニューアルし、客席もテーブル席が増えてお客さんのニーズに対応。

出された鴨汁蕎麦は・・・んっ、アレ?お蕎麦が温かい!いわゆる湯通し(関西でいうところの熱盛り)なのだ。
立ち上る湯気と共にムワッと鼻腔をくすぐる穀物臭。
確か以前は冷たいお蕎麦だったかと・・

4_

取りあえずお蕎麦を一手繰り。
旨い!!! 香りから味、そして食感が三位一体。
抜き実メインのお蕎麦はどうしても香りが密やかだが、湯通しにすることで香りや甘味が立つ。

5_up

少し粗めの粉が噛む程に穀物の風味を添え、ウ~~ンッ、思わず汁無しで食べてしまいそうになる衝動を抑え。。。

6_up

鴨汁に蕎麦をくぐらせて手繰り上げるとアッサリとして、且つ鴨の旨味が溶け出した汁の味に負けないお蕎麦の旨味が昇華。
少しトロ味がかった蕎麦湯で割ると、サッパリと美味しく頂ける汁なのです。

7__2
さて今回頂いた鴨汁蕎麦。
御主人曰く「あちこちで鴨汁蕎麦を食べると熱い蕎麦を出す店があった」ので、この方が鴨汁も冷めにくくて美味しいかも。
そう思いモデルチェンジしてみたそうです。
和歌山の更科本店で湯通し鴨せいろばかり食べる私にとって嬉しい次第。

来年から私の三津屋妹尾では、湯通し鴨汁が定番となるかもしれません。

8_

御主人様、奥様、りんちゃん、よいお年をお迎えください。

これでこの日の幸せ終了です。

三津屋妹尾

お店は→兵庫県丹波市青垣町田井縄640
電話は→0795-87-2550
営業は→11:00~15:00
お休み→土・日・月・祝曜以外
駐車場→有り
最寄りIC→北近畿豊岡自動車道 青垣IC 約5分

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年12月20日 (土)

合鴨のいい胸肉入ってます 大阪府泉大津市は北助松「南三陸」

閉店・移転

先日牡蠣に特化した店とご報告しましたが・・・少し違いました。
牡蠣のない日も結構有るようですので要確認を。

宮城県出身の御主人が大阪泉大津で開いたお店「南三陸」。
初訪問時は牡蠣蕎麦を頂いたので、この日は牡蠣汁蕎麦をお願いしたら、本日は牡蠣がありません。。。
でも今日は合鴨のいい胸肉があったとのことで鴨汁蕎麦に変更。これは楽しみや。

1_

挽きぐるみ田舎系蕎麦は特有の風味を感じ、汁無しでもとても美味しく頂けるのです。

2_up

でも、鴨汁の時にはせめて半分は汁付けで頂かないと、せっかくの鴨さんに申し訳ない。

3_

鴨汁は比較的アッサリとした口当たりで、しかもコクが有りコテコテの嫌みを感じさせないバランスがとれたもの。
写真は小さい鴨肉をつかんでしまったのですが、他はもうチョット大きかったです。(;^^)ヘ..

4_up

蕎麦猪口をお願いして鴨汁を分け入れ、蕎麦湯で割るとフンワリ旨味が広がります。

5_

ともあれこれを900円で頂けるのなら大変お値打ちでは無いでしょうか。

これでこの日の幸せ終了です。

南三陸

Photoお店は→大阪府泉大津市助松町1-3-7
電話は→0725-22-7723
営業は→11:00~15:00 17:00~21:00(LO 20:30)
駐車場→南側路地に2台(近くにコインPも有り)
最寄り駅→南海北助松駅 徒歩約2分

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2014年12月16日 (火)

昼蕎麦酒したい~っ! 和歌山県和歌山市は屋形町「そば切 徳」

ラーメン王国の和歌山市に、ニューウェイブの波に乗り比較的早く出来た手打ち蕎麦のお店「そば切 徳」。
御主人は和歌山で結構有名な料理屋さんの「銀平」出身。
銀平」出身のお蕎麦屋さんが関西に何店舗かある事はあまり知られてはいない。

1_
和歌山城にほど近い場所にある自宅を兼ねた店舗は、通りから少し中に入った目立たない場所にある。
そのせいか開店当初はすぐに席を頂けたのだが、今は結構待つことが多い人気店となっている。
一度夜に予約をして蕎麦のコースを頂いたのだが、この日初めてお昼に蕎麦酒を目的にうかがった。

12_

昼時を外し遅めに伺ったのですが満席で20分程待ったでしょうか?
席を頂き「一品をお願いできますか?」・・OKです )^o^(

ということで鴨ロース煮出汁巻きをお願いすることにしました。
もちろんビールもね (;^^)ヘ..

2_

だし汁がしみ出す出汁巻きはプルンプルンでフカフカ。
ほぼ玉子と出汁のプレーン味は、「あなたの好きな色に染めて!」的なのだ。
そのままで頂くも良し、好みで大根おろしに醤油をかけて頂くも良し。

3_

そして秀逸!の鴨ロースは、切り口艶やかでしっとりと光る見目麗しい艶姿。
軟らかくてスッと噛み切れ、ジュンワリ旨味がしみ出すジューシーさは鴨好きならずとも完食の逸品です。

4_

開店来添えられる生山葵は、一応摺り下ろされた物が添えられ、鮫皮おろしはもちのろんろん!蕎麦屋の定番「長次郎」。

5_

新蕎麦のシーズンともあってか、挽きぐるみの田舎系はとても華やかな仕上がり。
一手繰り二手繰り・・お蕎麦だけで頂くと十分な旨味を感じ、、、食べちゃいました (^0^)

6_

抜き実で打つ色白の「かなや」や「中道」等の蕎麦とは対照的に、挽きぐるみ田舎系色黒蕎麦を頂ける和歌山では貴重な存在なのです。

7__up

少し辛味が立ち十分に出汁の旨味がある蕎麦汁は、少しトロ味をまとう蕎麦湯でしめるとホンワリゆったりいい気分。
食後の余韻を楽しんで・・・

これでこの日の幸せ終了です。

そば切り徳

Photo お店は→和歌山県和歌山市屋形町4-15-1
営業は→11:30~14:30(予約不可) 18:00~21:00(要予約)
電話は→073-427-3456
お休み→日曜
駐車場→無し(近くにコインP有り)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年12月14日 (日)

日本最古のビアホール支店 「銀座ライオン広島駅ビル店」

創業1899年の老舗「銀座ライオン」は、サッポロビールグループがチェーン展開するビアホールだ。
ビアホールと言ってもランチタイムのセットも色々あるし、もちろん昼間から飲み会を開くことも可能ななんとも素敵な店。

1_

広島駅ビル西側にその支店がある。
店内は入り口からは想像できない広さで、人数に合わせた個室もあって宴会にもうってつけ。

2_

古いレコードジャケットなどが壁に掛かるレトロ感ある部屋に通された。
メニューは豊富でビールに合う一品はもとより、ワインや日本酒に合うものまで揃う。

3_ビアホールなのでビールにも拘りがあるのだ。
サッポロ・エビスの各品揃えに日本酒や焼酎、それにカクテルまで。

先ずはブーツグラスでレギュラーサッポロ!
これは靴先を上に向けて飲み進むと靴先に空気が入り「ゴポッ!」。小爆発を起こすのだ。

さあっ一品の注文、やっぱり広島と言えば牡蠣!それにベーコン。

4_5_

大粒の牡蠣が5個に自家製タルタルが添えられる。
厚めに切られたベーコンはビールに合う。

6_7_

大人のポテサラは黒胡椒がピリッとして、ソーセージとゴロゴロ感のポテト。
添えられたクラッカーに載せ頂くとこれもまたビールにピッタリ!
ホルモンもビールが進みます。

そしておつまみステーキとおつまみソーセージ。

8_

9_

ビールは既にスタウトに切り替わり、きめ細やかな泡がと~ってもクリーミーな黒ビール。

10_

口当たりがアッサリまろやかなので、ギネスが苦手な人にも美味しく頂けるでしょう。

11_

瀬戸内鰯の天麩羅、生臭さが無くて旨味だけを感じる。
どんどん注文が進み、砂ズリスモークと牡蠣スモーク!!

12_13_

ミニダッチオーブンみたいな鍋で出される砂ズリは香ばしさが口に広がる。
牡蠣スモークは鍋の底にチップが敷かれ、網の上に燻された牡蠣が載っています。
スモーキーで旨味が口いっぱいに溢れ、これはワインにも合うかも知れません。
注文から配されるまでの長い時間は、このスモークタイムに使う時間なのでしょう。

14_

最後にアッサリと鰯の刺身で締めて大和ミュージアムに向かいました。

15__2確かにお値段は居酒屋チェーン店に比べると若干高め。
でも、それぞれの料理が美味しくて、そして慇懃な接客に老舗の風格が漂い、気持ちよく昼酒を頂いて・・

ここは食べるべき一品が揃う素敵なお店でした。

銀座ライオン広島駅ビル店

お店は→広島県広島市南区松原町2-37 ASSE広島駅ビル西側2F
電話は→050-5799-4884
営業は→11:00~23:00(月~金 LO 22:30) 11:30~22:00(土日祝 LO21:30)
定休日→ASSEの営業日に準ずる
最寄り駅→JR広島駅徒歩すぐ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年12月 9日 (火)

新メニュー頂きました 三重県は伊賀市「我流庵 かかかび」

もうお馴染みとなった我流庵

1_

長閑な風景が広がる一角の集落。

2_

通りがかりに偶然見つけた! ・・なんてあり得ない場所にお店は有ります。
とはいえ名阪国道の中瀬インターから7kmの距離なのでそう遠い訳でもありません。

3_

牛の姿を横目に眺める長閑な集落。
そこにあるお店はかなりお気に入りのお蕎麦屋さんなのです。

4_

この日のお蕎麦として用意されていたのは十割粗挽き鴨塩蕎麦
え~ッ、粗挽きと鴨ですかぁ~っ!

5__

こ、これはどちらも「どストライク」のお蕎麦ではないか!!!
この素敵な選択肢を突きつけられると、私の単純な思考回路では処理しきれません。
両方を頼めば至極簡単に解決する問題だが、この日もう一軒訪れたいお店が有ったのでそういう訳にもいかない。

この店は鴨南蛮に鴨ロース煮を使うのだが、鴨塩蕎麦は鴨塩焼きを使ったもの。
意を決してこちらを選択することに。。

6_

筒切りや白髪葱と彩りに青葱、そして厚めの鴨肉が4切れ。柚子皮の千切りがホンノリとアクセントを添える。
鴨肉は比較的こんがりと焼かれているが見た目程硬くは無い。

7_

もう少し浅めに焼いても良いかもしれないとまだ試行錯誤中。
これはレギュラーメニューになるようだ。

そして今回もまた試食させて頂いた一品が・・・これだ!

8_

餡掛け蕎麦です。
長崎の皿うどんのような、中華の堅焼き蕎麦のような・・
トロ味ある餡が揚げ蕎麦にかけられていて、生姜がフワッと良い感じにスパイスを添えています。

何とこの餡はカタクリでは無く蕎麦粉(更科粉)で出来ているのだ!
確かにお店によっては蕎麦粉を溶き込んだトロ味ある蕎麦湯が出ますね。

9_

全くいつもながら御主人の創意工夫には頭が下がります。
これでこの日の幸せ終了です。

P1020469

我流庵かかかび

Photo_2 お店は→三重県伊賀市甲野1629
電話は→0595-51-4307
営業は→11:30~14:30(予約ベター)
お休み→月・火・第四日曜
駐車場→有り(5~6台)
最寄りIC→名阪国道中瀬IC約8Km

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年12月 7日 (日)

小さな町歩き 奈良県宇陀市「斜陽の大宇陀散歩」

好天のある日、久し振りに重伝建の大宇陀を歩きました。
そろそろ散り始めかと思っていた紅葉は、それでもまだ綺麗な姿を残していました。

11_

国道の地下道には傾きかけた陽の光が差し込み、まるで別世界への誘いのようです。

12_

何の変哲も無い奈良の片田舎の大宇陀は、いつもと変わること無く静かに佇んでいます。

2_

大宇陀は春には町外れにある又兵衛桜を見るために、車や観光バスが押し寄せる一大イベントがあるのだが・・・
それ以外の派手さは一切無く、今なお歴史に溶け込むように人々が暮らしている。

3_

斜陽がさす町並みはその光と影が織りなすコントラストが素敵で、何故かよりいっそうに生活感を漂わせるのだ。

4_

神楽岡神社に登ってみた。

5_6_

大宇陀の町を見下ろす高台にある境内にも斜陽が差し込み、灯籠の影を落とし山間には籾殻を約煙が立ちのぼっていました。

7_

大宇陀に比較的早くから店を出している茶房あゆみ。天保年間に建築されたここはお気に入りの店なのです。

8_

静かにオルゴールが流れる店内には御主人の大好きなバイクが置かれ、いつものきみごろもセットを頂きながらママさんと暫しお話しをする。

9_

屈託無く、また、あけすけと会話が進む (^0^)
ここのママさんは本当に話が好きで、一人で訪れても大宇陀の話など退屈という物を感じない。

10_

さて大宇陀の紅葉の名所は大願寺だ。

12__2 13_

参道や境内の紅葉が綺麗で、一本の大きな銀杏の黄色が素敵なコントラスト。

15_

大願寺にはおちゃめ庚申という庚申さんが祀られているので、訪れた際には是非お拝顔してみて下さい。

14_

重要伝統的建造物軍保存地区、少し長いのだが略せば重伝建と短い。
大宇陀は関西にある19箇所の重伝建地区で15番目に指定を受けました。

16_2_

江戸末期からの建物が残っていて、北の入り口には江戸初期に建てられた国の史跡「松山西口関門」が懐を開いています。

17_

春には又兵衛桜や森野旧薬園のカタクリの花も楽しめ、ハイキングコースにもうってつけ。

18__2

そう長い距離では無いので、周辺のコースも取り込むとそれなりに歩けて、特産の葛関連など土産も揃う道の駅もすぐそばにある。
街道沿いには茶房あゆみの他にも食事を頂けるお店もあります。
是非一度訪れてみてはいかが・・

19__2

大宇陀

場所は→奈良県宇陀市大宇陀区
最寄り駅→近鉄榛原駅からバス大宇陀下車

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年12月 4日 (木)

素敵な田舎蕎麦 奈良県宇陀市は大宇陀「蕎麦庭 旅人」

東京の老舗などで出されるお蕎麦は、蕎麦殻を混ぜないお店が多い。
それに対して山間の農家などでは、わざわざ外皮を剥いて実だけを挽くなどという手間はかけなかった。
当然打ちあがったお蕎麦は色黒になり、味も挽きぐるみ特有のエグ味を僅かに感じる物であったと思われる。
これが喉越しの良い洗練された江戸二八蕎麦と比べられ、粋を好んだ江戸の人から無粋な田舎蕎麦と言われたのが始まりという説がある。(因みに関西で言うところの田舎蕎麦とは、椎茸や山菜など山の幸が入った温かい汁蕎麦)

Photo

そんな無粋で美味しい田舎を出す蕎麦庭旅人に久し振りに訪れた。
私は蕎麦全部が味わえる田舎蕎麦が好きだ。
挽きぐるみ特有の風味の裏に隠れるように顔を覗かせる甘味。
その素朴さがどことなくここの御主人に通じる気もするのだが。

初めてとろろ蕎麦をお願いすると「いつでもおろし蕎麦やのにこれは珍しい」。。。
(私もたまにはとろろ蕎麦を食べるンよ・・)
いつもながらの黒ポチ混ざる田舎蕎麦。
すり胡麻と刻み海苔、そしてトロロがそれぞれ別盛りで供される。

1_

細かい黒ポチがお蕎麦の一筋一筋に散りばめられていて、手繰り上げた瞬間にその香りが口から鼻に抜けるのだ。
流行の極細打ちとは違いキッチリと太さがあって、挽きぐるみの蕎麦自身が持つ力強さを感じます。

2_up

まずトロロは山葵と共に一口食すと酒のアテとなり、次ぎに蕎麦だけ・汁と共に・そして蕎麦汁と刻み海苔を入れ蕎麦を絡めて頂くと山かけになる

3_

一粒で二度三度美味しい、いわゆるグリコ蕎麦的な楽しみ方が出来るのだ。

蕎麦湯は手を加えぬサラッとした物で、三河味醂が少し前に出るも嫌みを感じさせずに出汁を味わうことが出来る。

4_

この日もお客さんがイッパイで、丁度一組が出た後のお席を頂く事が出来たのですが・・
何せ奥様とお二人で切り盛りされている故、満員の時は時間がかかります。
私はいつも持参の本を読みながらその時を過ごすのですが、皆様も「心は丸く気は長く」して美味しいお蕎麦を楽しんでもらいたいものです。

蕎麦庭 旅人

Photo_2お店は→奈良県宇陀市大宇陀西山55-2
電話は→0745-83-1185
営業は→11:00~19:00(15時以降要予約)
お休み→金~日曜・祝日以外(12/25~1/10休)
最寄り駅→近鉄榛原駅 奈良交通西山バス停下車約150m

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年11月 | トップページ | 2015年1月 »