« 初めての神戸昼蕎麦酒 神戸市中央区は元町「手打ちそば処 卓」 | トップページ | 明けまして・・インフルエンザ »

2014年12月29日 (月)

メニューが増えた! 出汁巻きも! 和歌山市毛革屋丁は「中道」

開店して約9ヶ月となった中道。
慣れるまではメニューを絞っていたようですが、この度お品書きが新たになった。

1_

以前から一品には出汁巻きを増やして欲しいと言っていたのですがようやくその名がメニューに現れた。
(夜限定で忙しい時は出来ないという条件付きですが・・・)

12__213__2

しかも鴨椀まで名を連ねているではないか。

そこで今回はメニューを並べてみよう。

【豆腐のもろみ漬け】                     【突き出し】
2_3_

もろみ漬けは蕎麦前のお供として味噌漬けという名で揃える店も多く、ヌメッとした食感で豆腐を感じる物からチーズっぽいものまで店によって違う。
中道で蕎麦酒をする時は必ず頂きます。
突き出しは刻みネギと鰹節にかえしをかけた物で、シンプルだが以外とお酒に合う。

【鰊煮】4_

これも蕎麦屋定番の酒肴だ。
京都蕎麦の代名詞である「にしん蕎麦」は松葉さんの代名詞でもあり、これを蕎麦に載せたもの。

【出汁巻き】5_

そして今回新規参入した出汁巻き。これも蕎麦屋の定番で、ジュワッと出汁がにじみ出す軟らかいもの。
実は私は何度かいただいた事があり、写真はその時のもの。
御主人はとにかく焼きたてを出したかったので条件付きの提供となった。

【鴨椀】6_

これは鴨せいろの鴨汁だけを酒肴として出す物で、関東で多い鴨抜き(鴨南蛮から蕎麦を抜いたもの)の鴨せいろ判。
私は道頓堀の「星」では鴨汁先出しでこれをアテにしてビールを飲み、後で蕎麦だけを出してもらいしめることが多い。
鴨椀はまだお願いしていないので鴨せいろの写真を載せてます。

中道では他に板わさもあるが写真を撮ってません (‥ゞ

さて、お蕎麦でも新顔が現れている。

【玉子そば】7_

とじ蕎麦・卵とじと呼ばれる皆さんよくご存じのお蕎麦だ。
実はほぼざる系の蕎麦しか食べない私だが、温かい汁蕎麦の中でも例外がある。
鴨南蛮・牡蠣南蛮そしてとじ蕎麦なのだ。
フンワリと仕上がった卵とじは出汁の効いたお汁と相まってこれが実に美味しいのだ。

もう一つの新メニューがきざみ蕎麦。
細かく刻んだ蕎麦ではありません (^0^)、葱と刻んだアゲが入るお蕎麦。
随分昔、初めてこの名を知った時には刻んだ蕎麦を連想したもので (;^^)ヘ..
信濃庵で普通にそば定食をお願いすると出てくるお蕎麦。

【天ざる】8_

信濃庵で人気のあった天ざるはここでも健在。1350円の価値は十分ある。
天麩羅はテーブルのお塩でどうぞ。

【ざる蕎麦】9_

ベーシックなざる蕎麦(ざるに盛られるのでざる蕎麦)
しなやかなコシを持ち、噛み締めるとフンワリとお蕎麦の味が広がるもので、私はいつも汁無しで頂きます。

10__211_

蕎麦つゆは少し辛めながら出汁の旨味が十分に出た物で、蕎麦湯で割るとその風味がフワッと広がる。

バランスのとれたお蕎麦を出すお店が和歌山にも一軒増えたことは、蕎麦好きにとって全く有りがたいことだ。

<追伸>
温かい汁蕎麦ではとり蕎麦や梅蕎麦も今まで無かったかもしれません。
(あまり興味が無かったので・・・(_ _) )
今度確認しておきます (;^^)ヘ..

手打ちそば 中道

お店は→和歌山市毛革屋丁7
電話は→073-423-1005
営業は→11:00~14:00(LO13:45) 17:00~21:00(LO20:45)
定休日→木曜・水曜の夜
最寄り駅→JR和歌山駅約900m
駐車場→有り

|

« 初めての神戸昼蕎麦酒 神戸市中央区は元町「手打ちそば処 卓」 | トップページ | 明けまして・・インフルエンザ »

お蕎麦の和歌山」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: メニューが増えた! 出汁巻きも! 和歌山市毛革屋丁は「中道」:

« 初めての神戸昼蕎麦酒 神戸市中央区は元町「手打ちそば処 卓」 | トップページ | 明けまして・・インフルエンザ »