« 第3回奥丹波そば街道祭りに行ってきた 兵庫県丹波市柏原 | トップページ | 迷宮の町でゆったりお蕎麦 大阪市城東区は「仙酔庵」 »

2015年4月16日 (木)

水茄子浅漬け始まりました 和歌山市は「手打ちそば 中道」

和歌山市毛革屋丁にある中道。
日曜の午後一時半頃、まだ暖簾が掛かっていたのでお伺いすることに。
ふと壁に目をやると泉州名物水茄子の浅漬けの短冊が貼られています。

ビールの共に水茄子、それにいつもの豆腐もろみ漬けをお願いしました。

1_

泉茄子、包丁では無くちゃんと手で裂かれていて甘味がある。

ここはゆっくり少しずつですが、蕎麦前のお供が増えていて・・・
鴨椀もその一つ。

3_

鴨肉とネギを食べ終えた後、汁をあてにまた酒を飲む。
出汁巻き(夜のみ)もその肴に丁度良い。
味付けはプレーンに近く、タップリと添えられた大根おろしに醤油をかけて好みの味に調えて・・・

4_

ジュワ~ッと。。。

5_

剥き身一番粉に二番粉をブレンドした感じのお蕎麦は、少し色白ながら味わい深いのです。

6_up

日曜も営業している中道。
いつか一品に鴨塩焼きが出来たら良いな、そう思いながらお店を後にしました。

中道

お店は→和歌山県和歌山市毛革屋丁
電話は→073-423-1005
営業は→11:00~13:45(LO) 17:00~20:45(LO)いづれも売り切れ終了
定休日:木曜日と水曜の夜
駐車場→あり
最寄り駅→JR和歌山駅

|

« 第3回奥丹波そば街道祭りに行ってきた 兵庫県丹波市柏原 | トップページ | 迷宮の町でゆったりお蕎麦 大阪市城東区は「仙酔庵」 »

お蕎麦の和歌山」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 水茄子浅漬け始まりました 和歌山市は「手打ちそば 中道」:

« 第3回奥丹波そば街道祭りに行ってきた 兵庫県丹波市柏原 | トップページ | 迷宮の町でゆったりお蕎麦 大阪市城東区は「仙酔庵」 »