« 苦み走った大人のドビでタンシチュー 和歌山市は「フライヤ」 | トップページ | お初です アマの旨蕎麦 兵庫県は尼崎市「いしはら」 »

2015年5月17日 (日)

旧中川家が綺麗になっていた 御坊市は「なかがわ」

御坊という名は浄土真宗の本願寺日高別院が築かれたからなのだ。
御坊さんと呼ばれ親しまれた別院は、今尚市民の心に信仰の一滴を残している。

1_

そんな御坊市に障害者就労支援のお店として、昨年お蕎麦と軽食のお店「中川」がオープン、そして今はリニューアルを終えた旧中川家が一般公開されている。
開店当初から「かけ」や「盛り」に「ミニ天丼」や「親子丼」を合わせたセットメニューが増えていた。。。。

2__2

注文は「もり蕎麦とミニ親子丼」のセット。
以前「お蕎麦に合わす炭水化物は蕎麦と名のつく物だけ!」、そう言った事が有りました。
その舌の根も乾かぬうちの暴挙・・です (-.-;)

3_up

薬味には山葵とネギに加え塩が添えられるのは蕎麦好きには嬉しい。
切り揃えに甘さがかなり残るのだが、CPを十分堪能できる物です。

4_up

硬すぎず軟らかすぎずの玉子とじにゴロンとカシワが転がっているのだ。
これもまた良い。

終盤に出された蕎麦湯はサラッと系で、オーソドックスだが旨味が有る盛り汁の風味を十分に感じさせてくれました。

5_

食後に中川家を見学したのだがかなり立派なお屋敷で、 昭和の贅を極めているようです。

6_

書院造りのお座敷には刀掛けが置かれ、奥には蔵の入口がある。

7_

中庭を眺めながら廊下を進むと一般俗人には掃除が大変だと思うくらいの数のお座敷!!

8_

周辺の古い町並みと共に蕎麦好きの町並みウォッチャーが訪れてくれることを願うばかり。

9_

町外れを国道が通過する御坊は、一歩中に入ると歴史を感じる町並みが広がるのです。

なかがわ

Photoお店は→和歌山県御坊市御坊105
電話は→0738-52-7285
営業は→11:00~15:00
駐車場→有り
最寄り駅→紀州鉄道西御坊駅650m

|

« 苦み走った大人のドビでタンシチュー 和歌山市は「フライヤ」 | トップページ | お初です アマの旨蕎麦 兵庫県は尼崎市「いしはら」 »

お蕎麦の和歌山」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 旧中川家が綺麗になっていた 御坊市は「なかがわ」:

« 苦み走った大人のドビでタンシチュー 和歌山市は「フライヤ」 | トップページ | お初です アマの旨蕎麦 兵庫県は尼崎市「いしはら」 »