« 「駒形どぜう(どじょう)」で精を付け 東京都台東区は浅草駒形 | トップページ | 「正ちゃん」と「磯一」でホッピー! 東京は台東区浅草 »

2015年11月26日 (木)

西浅草「おざわ」で美味しい昼蕎麦酒 東京都台東区浅草

東京では外す訳には行かないお店の一つが「手打ち蕎麦 おざわ」だ。

1_

浅草国際通り沿いの今半から一筋西に入るとその店はある。

2_

新蕎麦は北海道石狩沼田産のキタワセのようだ。

このお店に通い始めてもう4年になる。(遠いので週一は無理ですが (‥ゞ )

3_


お気に入りのお蕎麦は粗挽き、そしてお気に入りの酒アテが琥珀色のこれこれ。
メニューを見るまでも無い、鴨焼きは夜だけだが卵黄味噌漬けはお昼でも戴けます。
まずはビールと共に・・・

4_


今年春先に頂いて以来の逸品に思わず目尻を下げて 「久しぶりやわ」、すると奥様も笑顔で 「久しぶりですものね」 そう言いながら 「卵黄の味噌漬け」 を出して頂きました。

お味噌の辛さは程々に、程良い甘さが加わって絶妙の味付けなのだ。
これをチビチビ頂きながらビールやお酒をやるのが最高に良い!

5_


お昼の酒肴にもう一つの逸品が、揚げたて熱々で出される 薩摩揚げだ 。(どうだ!)
イカ エビ の旨味が これでもか! 口の中に納まりきらない幸せ~~っが広がる!

6_

7__2

お酒のラインアップも結構揃っています。

8_


なので日本酒も頂いて・・・新潟は佐渡のお酒真野鶴は辛口だ。
確か前回も頂いた私好みの初心者マーク御用達。

9_


同行の二人は卵焼きも注文するが。。。(東京の卵焼きは私にはどうも甘すぎて・・苦手)

10_


と言う事でそろそろお蕎麦にいたしましょう。
おざわ経験者のT氏は普通の「ざる」。

11_


おざわ初体験のK氏が興味を示した「太打ち」 、説明すると物珍しさも手伝って注文です。

12_


これはほぼ蕎麦刺しで「太切り」と言っても良いでしょう。

122_up


そして私はいつもの粗挽きをお願いしました。

13__2

どれをとっても美味しい蕎麦達なのだが、やはり私一押しは穀物感感じる粗挽きです。

14_up

ポットで供される蕎麦湯は、ご夫婦で切り盛りするお店の工夫  (^□^)

いつもながら奥様の笑顔に見送られながら、ほろ酔いで裏浅草を目指したのでした。

やきとり君のブログで見つけて以来、ずっと通っているお店なのです。


おざわ

お店は→東京都台東区西浅草2-25-15
電話は→03-3841-6450
営業は→11時半~14時半LO(昼は土日祝のみ) 17時半~20時半LO
お休み→月・火曜日
最寄駅→TX ・ 都営 ・ メトロの各浅草駅

|

« 「駒形どぜう(どじょう)」で精を付け 東京都台東区は浅草駒形 | トップページ | 「正ちゃん」と「磯一」でホッピー! 東京は台東区浅草 »

お蕎麦の東京」カテゴリの記事

コメント

おざわさんの常連さんになられましたね。私は2回ほど行ったきりです。
上野、浅草は時々行くんですが、同僚とだと居酒屋ばかりで蕎麦屋は夢、幻。

投稿: やきとり | 2015年11月30日 (月) 21時39分

やきとり君のブログから始まって以来、今では常連になってしまいました。(^.^)

今回和歌山のお土産もお持ちしました。
笑顔が素敵な奥様と、寡黙で職人肌のご主人・・・
素敵なお店です。

投稿: エノさん | 2015年12月 2日 (水) 21時32分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 西浅草「おざわ」で美味しい昼蕎麦酒 東京都台東区浅草:

« 「駒形どぜう(どじょう)」で精を付け 東京都台東区は浅草駒形 | トップページ | 「正ちゃん」と「磯一」でホッピー! 東京は台東区浅草 »