« 小さな町歩き「根岸の里の侘び住まい」 東京は根岸で路地裏探検隊 | トップページ | 西浅草「おざわ」で美味しい昼蕎麦酒 東京都台東区浅草 »

2015年11月23日 (月)

「駒形どぜう(どじょう)」で精を付け 東京都台東区は浅草駒形

午前11時開店の駒形どぜう(どじょう)
旧仮名遣いでは「どぢやう」、この四文字が縁起が悪いからと「どぜう」に表記替えした。その後あちこちのどじょう屋さんがこの表記を使うようになった。(お店HPから)

1_


開店15分前に到着、既に幾組かのお客さんが店先の椅子に座っている。
暖簾が掛けられ敷居をまたぎ靴脱ぎで靴を脱ぐと、下足番さんが番号札をくれ脱いだ靴に紐を通して片付けてくれた。(まさに江戸の時代小説と一緒や!)
お勘定の時この番号札を渡すと、支払いをしている間に靴が出されるシステム。

2_


客席は「入れ込み」と呼ばれる大広間に厚手の細長い板(食膳)が並ぶ板間と、椅子に座るテーブルの間があり、入店時にどちらにするか尋ねてくれる。

初めてのどじょう鍋に興味津々、不安バクバク。
まずはビールを頼み骨煎餅と鯨刺身に鯨ベーコンを頂く。
ここは鯨鍋や一品料理もあって、どうしてもどじょうが駄目な人でも楽しめるお店だ。

3_


骨煎餅・・・こっ、これは気を付けないといけないぞ (゜o゜;)
カリッと揚げられているが、無造作に口に入れるとたくさんの細い骨が凶器となる
但し噛み方を誤らなければ結構癖になる味なのだ。

4_

6_


鯨はベーコンも刺身も癖が無く、美味しくアッサリと頂けるが、好みでおろし生姜や花穂じそ(花じそ)を載せてみるのも良いだろう。

5_


食膳となる板の上に炭火のコンロが置かれ、いよいよ主役の登場だ。
どじょうが隙間無く綺麗に敷き詰められた直径20cmほどの浅鍋が載せられた。

7_


予備知識はあったがさすがに見た目チョット個性的、でもネギとオプションのささがきゴボウを載せてしまえばなんてことは無い!

8_


どじょうは前もって調理されていて、ささがきゴボウがしんなりしたら出来上がり。
6人全員どじょう初体験だが全員好評だ。
柔らかくて臭みも無く骨も全く感じない。それでも気になると言う方は頭と骨を除去した鍋もあるのでそれを注文すると良い。

9_


升酒には塩が添えられていて、これも江戸を感じる。

10_


終盤にはどじょう汁やどじょう茶漬けを追加注文する者も出たほど。
周りの客は鍋のおかわりを頼み酒を酌み交わしていた。

11_


鯨料理に加え陶器にはナマズ鍋も揃う創業二百余年の老舗「駒形どぜう」。

12_


食わず嫌いの人も勇気を出して食べてみると、きっと好きになるだろう逸品だった。



駒形どぜう

お店は→東京都台東区駒形1-7-12
電話は→03-3842-4001
営業は→11時〜21時(LO)
お休み→無休(年末年始以外)
最寄り駅→地下鉄都営浅草線徒歩2分程度

|

« 小さな町歩き「根岸の里の侘び住まい」 東京は根岸で路地裏探検隊 | トップページ | 西浅草「おざわ」で美味しい昼蕎麦酒 東京都台東区浅草 »

和食」カテゴリの記事

コメント

ご無沙汰しております。
江戸三昧ですね、仕事? 旅行?
駒形どぜうは、ずいぶん前に一度だけ味わいました。

投稿: やきとり | 2015年11月25日 (水) 07時57分

やきとり君へ

いつもありがとうございます。
今回は観光で行ってまいりました。

初めてのどじょう鍋はかなり美味しく頂けました。
門前仲町の魚三も素敵でしたよ、機会があれば是非お勧め!
もう少し江戸三昧が続きます (;^^)ヘ..

投稿: エノさん | 2015年11月26日 (木) 21時02分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「駒形どぜう(どじょう)」で精を付け 東京都台東区は浅草駒形:

« 小さな町歩き「根岸の里の侘び住まい」 東京は根岸で路地裏探検隊 | トップページ | 西浅草「おざわ」で美味しい昼蕎麦酒 東京都台東区浅草 »