« 小さな町歩き 泉佐野ふるさと町家館 (大阪市は泉佐野市) | トップページ | 「唐変木」で田舎そば酒 堺市は北区新金岡町 »

2016年2月 9日 (火)

また新しいお蕎麦屋さん登場 「蕎麦 野田や」 和歌山県和歌山市湊本町

出店情報はかなり以前から入手していたのだが(大阪のお蕎麦屋さんからも入手、あちこち食べ歩いたようだ)、ようやく開店(H26.2.8)。
「蕎麦 野田や」、開店日の夜に訪れてみた。

1_


外観同様に店内も落ち着いた和モダンを漂わせている。

カウンターに席を頂きメニューを広げると、殊の外お蕎麦の品数が多いのに驚かされた。
また、そう多くは無いのだが天麩羅類や一品も並び、和歌山のお酒+八海山と4種を揃えている。蕎麦屋酒を楽しむならこれで十分だろう。

出汁巻き・鴨ロースと共に八海山をお願いする。

2_


八海山純米吟醸(程良い酸味を甘みと旨味でオブラート、後口爽やかな美味しさ。

そして見よ! この表面張力!!
もう少しで升に溢れ出してくれるのだが、見事な職人技で寸止め (;。;)
突き出しには野菜のピクルスが添えられる。

3_


そして六つに切り分けられて出された出汁巻き。。。結構ボリューミー。

4_



出汁も利いて比較的しっかりとした味付けはお酒が進みそう・・・
ここらでメニューを熟読してみる。

5_

6_

7_


和歌山のお蕎麦屋さんでは馴染み無いお蕎麦もあるようだ。

8_

9_

10_





さて驚きが鴨ロース、おっ、おっ、多い。(あくまでも私の胃袋加減だが)

12__2

1000円という値段を見て「結構お高めか」、そう思ったのが吹っ飛んだ。

少し厚めに切られた大振りの鴨ロース煮が7枚(一枚は一寸切り損ねていたが)、しかも色つや良くて見た目で美味しさが分かろうかというべっぴんだ、鴨ロース。

13_

一口噛むと柔らかく結構ジューシーな仕上がりで、タレの甘みも丁度よい。
これならお値打ちと納得した。

しかしお蕎麦までたどり着けるのか、そう思いながらお酒は「南方」でお代わり!

11_

またまた寸止めの職人技に「溢して!」、思わずそう叫んだ(もちろん心の中でだが)。
「南方 超辛口純米酒」、とてもスッキリとして切れが有り、最後に旨味がホンノリと顔をのぞかすお酒だ。

結構お腹ふくれたし・・でも締め蕎麦を忘れてはいけない。
以前日暮里のお蕎麦屋さんで飲んで食って、お蕎麦食べられなかったとき、花番さんに「今度はビール控えめにね」、そうしてお店を出た事を思い出す。

14_

意外と白くない。
剥き実挽きぐるみをブレンドした一番粉か二番粉だろうか、、、
関東系なのか鬼皮の黒ポチはほぼ入らないが、結構蕎麦の味わいが広がる。

15_


切り揃えや端切れが入るのには少し雑さ加減を感じるのだが、開店初日と言う事も有りこれはご愛敬、今後がとても楽しみなお蕎麦かもしれない。

16_

お蕎麦は電動石臼挽き自家製粉。そして鴨ロースは自家製(これ良いです)。

最後に・・・
鴨ロースは500円くらいでハーフサイズの用意お願いします!

そうお伝えしてお店を後にしました。



蕎麦 野田や


お店は→和歌山県和歌山市湊本町3丁目7
営業は→11:30~14:30 18:00~21:00
電話は→073-422-6039
お休み→火曜日・第3水曜・月曜の夜
駐車場→店の前に3・4台(近所にCP多数)

|

« 小さな町歩き 泉佐野ふるさと町家館 (大阪市は泉佐野市) | トップページ | 「唐変木」で田舎そば酒 堺市は北区新金岡町 »

お蕎麦の和歌山」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: また新しいお蕎麦屋さん登場 「蕎麦 野田や」 和歌山県和歌山市湊本町:

« 小さな町歩き 泉佐野ふるさと町家館 (大阪市は泉佐野市) | トップページ | 「唐変木」で田舎そば酒 堺市は北区新金岡町 »