« カレーヤで「玉吸い・バラホル1.5」 和歌山県和歌山市は湊紺屋町 | トップページ | 小さな町歩き 第6回紀州海南ひなめぐり 海南市は黒江散歩 »

2016年2月18日 (木)

パンダのついでで、いいんです 和歌山県みなべ町は岩代大梅林

建国記念日にみなべ町の梅林へ行ってきました。
梅の生産量が日本一、しかも大粒でとっても肉厚の南高梅を有するみなべ町。
この名は高田梅をベースとして品種改良に携わった南部高校(南高)の校名から付けられたのです。(南部高校の南と高田梅の高でもある)
さて、最初は「ひと目百万 香り十里」の南部梅林へと思っていたのですが、みなべ観光協会のHP岩代大梅林を開いたら・・・

1_

【みなべ観光協会HPより引用】


パンダのついでいいんです」、 って (^▽^)
アハハッ、なんて消極的、いや何とも奥ゆかしいキャッチコピーなんだ!! (*^O^*)
これを見てしまうと絶対行かざるをえないでしょう!!
で、急きょ目的地を南部梅林から岩代大梅林に変更。

2_


まずは白浜の「さいこう」で腹ごしらえ。

3_


4_


「庭に生えていたので」と、この日蕗の薹の天麩羅付き。(春を感じる一品)

5_up


が移転、が閉店して、今や和歌山では貴重な手打ち田舎蕎麦を出す店だ。
ここは譚のしなやかさに腰が一本はいった感じで、田舎の風味を醸し出す。

6_


さあ、ガソリン満タン、岩代大梅林へ向かいましょう。


7_


8_


山の上の駐車場から梅林まで結構な高低差。

9_

10_


11_

12_


梅畑だけかと思っていたのだが、仮設舞台では色々な催し物があったり、臨時の喫茶軽食店やお土産物屋さんがあったりして結構楽しめるのです。

13_


このあと数日冬とは思えぬ暖かい日が続き、膨らみかけた蕾みも一気に花を咲かせたのでは無いでしょうか。

14_


青空の下、可憐な梅の花達が我が世の春と言わんばかりに咲き誇っています。

15_


この日は好天に恵まれて、さすがに帰りの上り坂は少し汗ばんだのでした。

16_




場所は→和歌山県西牟婁郡みなべ町
入園料→250円・駐車場代300円

|

« カレーヤで「玉吸い・バラホル1.5」 和歌山県和歌山市は湊紺屋町 | トップページ | 小さな町歩き 第6回紀州海南ひなめぐり 海南市は黒江散歩 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: パンダのついでで、いいんです 和歌山県みなべ町は岩代大梅林:

« カレーヤで「玉吸い・バラホル1.5」 和歌山県和歌山市は湊紺屋町 | トップページ | 小さな町歩き 第6回紀州海南ひなめぐり 海南市は黒江散歩 »