« 奈良市 「氷室神社のしだれ桜」 が満開でした! | トップページ | 「野長瀬邸のしだれ桜」観桜ランチ「おおみや」のひとはめ蕎麦 和歌山県は上富田町 »

2016年3月30日 (水)

水茄子始まってます「手打ち蕎麦 中道」 和歌山市は毛革屋丁

3月16日に開店2周年を迎えた中道。
開店以来少しながら品数も増え、お蕎麦も進化しています。

1_


お客様から「きざみ蕎麦を是非に」と言われ追加した一品で、お揚げさんもたくさん入り、一つまみ天かすを加える事で信濃庵とはまた違う旨味の仕上がり。

2_up


品数の進化は温・冷合わせて11種だった蕎麦が、今は「山菜」・「玉子」・「きざみ」・「酢橘」(夏季限定)の4種を加え15種となっている
厨房を一人で切り盛りするため、そう簡単に品数を増やそうとしなかった。
それ故そう長く待つ事無くお蕎麦が供される・・・のですが。

3_


ただ、これも少ない酒肴にこの時期加わる水茄子がとても嬉しいのです。

そしてもう一つの進化が酒器だ。
これまで日本酒は燗酒ならお銚子、それ以外はコップ酒だったのだが、これが常温は片口、冷酒はガラスの銚子となったのだ。

5_


角打ちの立ち飲みみたいなビールグラスよりは格段色気のあるお酒が頂けます。

6_

さて、酒肴の進化は新たに加わった「出汁巻き」と「鴨腕」の二種。
もっとも出汁巻きは夜の忙しくない時限定だが、ほぼいつも頂く事が出来る。

7_


鴨腕は鴨・葱・汁の全部が酒のアテになる便利な一品。しかも締めにざる蕎麦を頼むと一粒で二度美味しいグリコ蕎麦となるのだ。

8_


合わせて蕎麦湯もグリコ蕎麦湯として楽しむ事が出来る。

9_


おろし蕎麦は中道唯一のぶっかけで「天ぷら入り」もチョイス可能。
この店で頂く汁蕎麦は大好きな玉子蕎麦(とじ蕎麦)と鴨蕎麦ですが、梅干しが入る梅ぼし蕎麦も結構美味しい。

10_


何故梅蕎麦と名付けなかったのかと思うのですが、それはさておき肉厚の南高梅が入り、和歌山らしいメニューに仕上がっています。

11_


天かすが梅の酸味をまろく包み、ワカメの磯の香と共に出汁の旨味に混ざる。
なので梅干しを囓っても酸味は穏やかだ。

12_


とてもゆっくりと進化する中道ですが、油断するとこんな事もあります

13_


なので繁忙期を外す蕎麦屋酒人には微妙な時間調整が必要なのです。(;^^)ヘ..



手打ち蕎麦 中道


お店は→和歌山県和歌山市毛革屋丁7
電話は→073-423-1005
営業は→11:00~13:45(LO) 17:00~20:00(閉店)各売り切れ終了
定休日:木曜日と水曜の夜
駐車場→あり(多い)
最寄り駅→JR和歌山駅徒歩約10分弱

|

« 奈良市 「氷室神社のしだれ桜」 が満開でした! | トップページ | 「野長瀬邸のしだれ桜」観桜ランチ「おおみや」のひとはめ蕎麦 和歌山県は上富田町 »

お蕎麦の和歌山」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 水茄子始まってます「手打ち蕎麦 中道」 和歌山市は毛革屋丁:

« 奈良市 「氷室神社のしだれ桜」 が満開でした! | トップページ | 「野長瀬邸のしだれ桜」観桜ランチ「おおみや」のひとはめ蕎麦 和歌山県は上富田町 »