« 意外と大衆的 京都市左京区北白川 「藤芳」 | トップページ | 万葉集の和歌浦 第二弾 »

2016年12月28日 (水)

京都老舗店を食べる 「大黒屋」

京都老舗蕎麦店ツァー。
今回は大正時代創業の「大黒屋」へ行って参りました。

「大黒屋ぁ~っ おぬしも悪よのう」 (あっ、越後屋でした、か?)


1_



創業は大正時代という老舗なのだが、いかんせん京都という町には百年を超えるお店がウジャウジャ存在し、どちらかと言えば



新参  ^ ^ ;

2_

2__2



日本酒は三種類。



4_



とりあえず蕎麦前は金鵄(きんし)正宗 特別純米(京都)、蕎麦前のお供には出汁巻きをチョイス。


5_up



卵の甘みと出汁の味が絶妙にマッチ。(僅かに甘めですが)
金鵄正宗特別純米、始まりはお酒の味をキッチリと感じ、舌の上に転がすとキリッとした口当たりで後味を引きすぎない。


6_

7_



この店を選んだ時、鴨南蛮で締めようと思ってた
一合だけ飲んで。
しかし   しかし    しかし

メニューに有る 「
蕎麦の酒 」 がどうにも気になって

どうにも気になって・・・


どうにも気になって!

えーいっ、鴨櫛目焼きも頼んでしまえっ!
(エッ 気になったのはお蕎麦のお酒なのに・・・)



8__3

9__2


蕎麦の酒   蕎 麦 酒


ルチンが含まれて「健康にええやん」

健康に良いから・・・いっぱい呑める! (;^^)ヘ..

違うか

ほんのりお蕎麦の風味がする・・・・か、しないか?

もしかして味わえるかも。

10_


大きめ厚めの鴨肉が三切れ、味付けがお酒を呼ぶ相乗効果。

美味しい。

11_up


中途半端な時間だったけど、地元らしいお客さんがチラホラ。

さてそろそろのお蕎麦は。。。(鴨、食べてしもたし)

鴨南蛮目当てだったので既に汁蕎麦モード、

で、卵とじ!

12_


鴨南蛮・牡蠣南蛮、それに卵とじ。

私の汁蕎麦レパートリー。

13_up



フンワリとトローリ軽くとじられた黄金色の卵を軽く混ぜ上げてみると、その下に隠れたお蕎麦が姿を現す。


14_up



一手繰りすると丸抜きの綺麗なお蕎麦にお出汁に絡んで結構美味しくて。


卵とじ、ウンマーいっ!!

まだまだお子ちゃまの私です。

15_



お店を出ると夜の静寂にドップリと浸かりながら、



16_



先斗町を抜けて出町柳に向かったのでした。


17_




大黒屋 

18_

写真:大黒屋位置図(文字右寄せ)

お店は→京都市中京区木屋町蛸薬師西入ル南車屋町281番地

電話は→075-221-2818

営業は→11:30~21:00(L.O. 20:45)

お休み→火曜日

最寄り駅→京都市役所前駅(徒歩約8分)

|

« 意外と大衆的 京都市左京区北白川 「藤芳」 | トップページ | 万葉集の和歌浦 第二弾 »

お蕎麦の京都」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/515278/64688533

この記事へのトラックバック一覧です: 京都老舗店を食べる 「大黒屋」:

« 意外と大衆的 京都市左京区北白川 「藤芳」 | トップページ | 万葉集の和歌浦 第二弾 »