« 2017年1月 | トップページ | 2017年3月 »

2017年2月

2017年2月26日 (日)

冬季限定牡蠣蕎麦を堀江藪で 大阪は南堀江

私は牡蠣が大好き。(柿ではありません)
生牡蠣・焼き牡蠣・酢牡蠣にフライ、燻製やオイル漬け等々。

しかも、しかもですよ、

一度あたったにもかかわらず、その後も臆することなく食べ続ける筋金入り   
そう、筋金入り。



       だと思う。




そんな私は毎冬かならず牡蠣蕎麦を食べたくなる。
汁蕎麦は鴨南蛮と卵とじ、そして牡蠣蕎麦が好きな私
ざるしか食べない、そう思われがちなのですが、


冬は絶対牡蠣蕎麦!!



あ、・ ・ ・ ・ 前段長くなってしまった。
さてこの日、牡蠣蕎麦を求めて南堀江オレンジストリートへ。

本当は橘(たちばな)通りなのですが、柑橘繋がりでこんな愛称になったらしい。

しかしなんかファッショナブルなお店が軒を並べていて、私には場違い感ありあり・・・本当にここにあるのか堀江藪。

と、思っていたら現れた。


間口は狭く奥に長い店内は午後一時を過ぎたというのになかなかの繁盛店だ。
冬季限定の牡蠣蕎麦は時価・・・じっ、じっ、時価ぁ~っ、!
の牡蠣蕎麦とお酒をお願いです。
「燗ですか?」、   「燗でお願いします」。

以前は考えられなかった     燗酒。
でもこの季節冷え込む日にはついつい頼んでしまう。


1_


突き出しのセロリの和風マリネは中々おつな物で、これを肴にチビチビやっていると間もなくお蕎麦が運ばれた。


2_



うーーっ、嬉しい!! プリプリ牡蠣イッパイや。

小ぶりだがプリッとしていかにも美味しそう。
肴を牡蠣蕎麦に替えて、牡蠣を摘まみお酒を頂き、その合間に蕎麦を手繰る。


3_up



見た目通り美味しいお酒の肴となる牡蠣なのだ。
お蕎麦はあっさりとした関西蕎麦だが汁が結構辛め。

お銚子もう一本。(;^^)ヘ..

4_up



かけ汁と残ったセロリでお酒を飲み干してお店を後にしました。


追伸 : 時価ですが、700円台でした。

堀江やぶ

Photo

お店は→大阪府大阪市西区南堀江1-15-13
電話は→06-6541-1466
営業は→11:00~9:00
お休み→日曜祝日
最寄り駅→大阪難波 地下鉄四つ橋

続きを読む "冬季限定牡蠣蕎麦を堀江藪で 大阪は南堀江"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年2月19日 (日)

酒肴増えてた 大阪市東住吉区は「蕎麦がき屋ぐーちょきぱー」

好天のこの日、久しぶりにぐーちょきぱーへ行ってきました。
風もなく歩いていると汗がにじむくらいだ。


1_



ご無沙汰の挨拶を終えカウンターに席を頂いた。

ご主人によると「メニューが少し変わりました」

とのこと。


2_

3_


蕎麦掻きと揚げ蕎麦掻きの食べ比べのセットが出来てます。

しかも、お酒のチョイ肴も・・・何と10種類!!

ということで注文せずにはいられないでしょう。

お酒は 、 、 、メニューに見つけた・・・

ハートランド?

エッ!  ハートランド?     エッ!!   ビール??   

 

いえ・・・日本酒です!


4_


以前神楽坂で頂いた八海山ビールと同じか!
いえ、キリンではなく滋賀県の近江八幡市にある酒蔵が出しているようです。


5_



メニューから味噌大葉巻き豆腐味噌漬け、それに酒盗

これは・・・ドンドンお酒飲んでね!!    みたいな (^_^)


52_

53_



そんな一品ばかり。
ということでお代わりは 「 カネ中 」 をお願いします。


6_



当然調子に乗ってもう三品。(;^^)ヘ..


7_



菜の花 ・ 蛍烏賊沖漬けそしてオイルサーディンをチョイス。


8_

9_

10_


もう酒飲みの心を鷲掴み。

 

グワッシィ!!!


11_

お猪口を選ぶと言うことは・・・


12_



追加 は鯨波を頂きました。
土佐のお酒と思いきや、以外にも岐阜のお酒と言うことにビックリ !
そして蕎麦掻きは5番の粗挽き。


13_



蕎麦掻きには塩と葱醤油が付きます。


14_up



ザックリとした歯応えに粗め蕎麦の穀物感がフンワリ。


15_

16_up



揚げ蕎麦掻きは鴨汁に付けて頂くと美味しいですよ。


17_



表面はサックリとした歯応えに中身はふっくら。


18_




ウーンッ  風の森お願いします。


19_



風の森純米搾り華、甘過ぎないフルーティーさが素敵です。
揚げ蕎麦掻きでこれを頂いて締めとしました。


20_



蕎麦湯を頂いてホッコリとした所でお店を辞しました。


21_



これでこの日の幸せ終了です。




蕎麦がき屋 ぐーちょきぱー


お店は→大阪市東住吉区杭全8-6-44
電話は→06-7710-1913
営業は→11:30~17:00
定休日→月・火・日曜
最寄り駅→JR関西線東部市場前 徒歩約10分

続きを読む "酒肴増えてた 大阪市東住吉区は「蕎麦がき屋ぐーちょきぱー」"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年2月12日 (日)

奈良県奈良市は三碓の「かわばた」で釜揚げ鴨汁蕎麦

奈良で出雲蕎麦の店といえば、今は休業中の「 だんだん 」とここ「 かわばた 」だ。


1_


引き戸を開けると右にカウンター6席、左に6人掛けテーブル2卓、突き当たりには打ち場がある。

この日は鴨汁蕎麦を釜揚げでお願いすることに。
鴨汁蕎麦はお蕎麦をざるor釜揚げでチョイス出来ます。


2_



熱盛りや釜揚げは、ムワッと立ち上る湯気のにおいが好きで定期的に無性に食べたくなるのです。( 禁断症状的な・ ・ ・ )


3_up



鴨肉は薄めながらも5枚ほど入り、柔らかく鴨汁との相性も良くてお勧め。


4_



コッテリとあっさりが程良いバランスで素敵な味付け。


5_



6__2

レンゲが添えられているので丼の蕎麦湯を鴨汁に入れて頂けますが、反対に鴨汁を丼の蕎麦湯に入れてもいい。
でも 蕎麦猪口を添えてくれると一番有りがたい。 ( あくまでも控えめに )

山椒は初めから鴨汁に入っていますが、メニューには「苦手な人は言って下さい」とありますから苦手な人は



注文時にこう申し添えましょう。


山椒抜きで!!  
くれぐれもご遠慮なく



出雲本来の釜揚げは、お蕎麦と共に茹で湯がはられた丼に、直接濃いめの蕎麦汁を好みでかけ入れて食べるのです。


が、今回頂いた鴨汁の釜揚げも、とても美味しく頂くことが出来ました。

7_

      (日本一の茶筅の里 高山にも寄ってきました)


これでこの日の幸せ終了です。




出雲そば かわばた

お店は→奈良県奈良市三碓2-7-16
電話は→0742-41-3019
営業は→11:30~14:00(土日祝は11:00~)17:30~20:30L.O
定休日→月・火曜日
駐車場→有り4台
最寄り駅→近鉄富雄駅 徒歩約10分

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年2月 5日 (日)

三年目を迎えました 大阪府堺市は新金岡 唐変木

いつも思う御堂筋線新金岡駅の改札から出口までが本当に遠く感じるのは年のせい。いや、違う。



  そう思いたい 。 。 。

とはいえ大泉公園手前のお店までは徒歩約10分程度。


平成26年12月25日、クリスマスに開店した 「 唐変木 」 がいよいよ3年目に突入した。


開店間もない頃から訪れているのですが、お蕎麦も徐々に進化しています。
引き戸を開け来訪を告げると、奥様が出迎えてくれます。

ご無沙汰と新年の挨拶を交わし、2周年のお祝いを伝えこぢんまりしたお店の二人掛けテーブルに席を頂きました。

1_



お茶と揚げ蕎麦が出されます。


2_

3_



「一品良いですか?」「遅くなりますが」「全然慌てません」
ということでプレモルに続き山ウニ豆腐が出されました。


41_

42_



これをビールと共にチビチビ・・・お酒に合いますね。


5_



ポテポテッとした出汁巻きは、箸を入れるとプルンと割れてジュワジュワッと出汁が溢れ、何とも美味しそう。


6_



若干塩味が強いのですが、お酒のアテにはちょうど良い。


7_



鴨肉の鉄板焼き

大好き鴨焼き!
薄めですが柔らかくて美味しいんです。


8_



これはもう一杯お酒お代わりですね・・・


9_



ご厚意で酒盗を出して頂きました。


10_



もう際限なく呑んでしまいそうですが・・・ここでお蕎麦。


11_



一手繰りすると盛り汁には浸ける気がしません。

二手繰り目でもう汁無しでどんどん箸が進みます。

12_up



香ばしさが口に広がり、ナッツ感が溢れる。


これはもしや ・ ・ ・ 
じゅ く   せい      か?

13_



帰り際、ご主人に「お蕎麦、寝かせました?」、

「三日ほど」、「やっぱり」、「
わかります?

わかりますよ、味が全然違いますから。
そこから半時間ほど蕎麦談義、で・・・


新金岡駅の長ーい通路を目指したのでした。
唐変木


お店は→大阪府堺市北区新金岡町5-6-103
電話は→072-250-5151
営業は→11:30~14:30
お休み→月曜・第2・4日曜
電車は→地下鉄新金岡徒歩約10分
駐車場→近所にコインパーキング有り

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2017年1月 | トップページ | 2017年3月 »