« 2017年10月 | トップページ | 2017年12月 »

2017年11月

2017年11月26日 (日)

ざる ? もり ? せいろ ? 冷たいお蕎麦の呼び方って?

お蕎麦屋さんのメニューを見ると 、 冷たいお蕎麦に 「 ざる蕎麦 」 「 もり蕎麦 」、はたまた 「 せいろ蕎麦 」 などお店によって様々な名前が存在する 。
この並列標記に戸惑った方も多いと思いますが 、 これらの違いはいったい・・・


 何 ?



と言うことで今回はお蕎麦の呼び方について少しお話ししましょう 。



普通 、 冷たいお蕎麦の呼び方で圧倒的に多いのが
ざる蕎麦で 、 食堂やそば ・ うどん屋さんなどではこう呼ばれるのが普通ですが 、


11_



地域によっては 「 もり蕎麦 」 と表示するお店もあって、しかもすごくややこしいのがこれら二つを併記しているお店だ

そこでまずお伝えしたいのが、今は一般的に
「ざる蕎麦」 は海苔が掛けられ、 「もり蕎麦」 には海苔が無い !
なのでもり蕎麦の方がざる蕎麦より値段が安い!!
(お店によっては希に逆パターンも存在するのでご注意)


・ ・ ・ それじゃ 、 それじゃ 、    それじゃ

   いったい
「せいろ蕎麦」には何がのっているんだ!!

   ・ ・ ・ 何ものってません!!!
(藪そばなどのようにお店によっては、ざる蕎麦の事をせいろと呼ぶ所もあります)



さて、ここから
本来の使い分けをお伝えしましょう。

実は三種類の名前というのは、お蕎麦が盛られた
器の違い によるものなのです 。


昔ながらの食堂やそば・うどんの看板が掛かった市井のお店で出されるざる蕎麦の器と言えば丸や四角のこんなの。

12_



でも本来 「 ざる蕎麦 」 と呼ばれたのは


       
これだ !

2_



竹などで編んだ まさに笊 に盛られるのが「ざる蕎麦」だった。

では「もり蕎麦」とはどんな器に入っているのでしょう。
江戸時代には浅い小鉢の陶器に盛られた物が 「 もり蕎麦 」と呼ばれたらしい。
( まあどんな器にでもお蕎麦を盛るからもり蕎麦ですが、諸説有り )



3_



余談ですが 、 気の短い職人が多い江戸ではお蕎麦をいちいち浸け汁に付けるのがまどろっこしくて 、 出されたらさっと食べられるよう 、 浅めの鉢に盛られたお蕎麦にあらかじめ盛り汁を掛けた物が出回ります。 いわゆる 「 ぶっかけ 」 と呼ばれるお蕎麦ですね 。   これが丼に入り熱い汁が張られたかけ蕎麦の原型となるそうです 。 ( これも諸説有りますが )



さあいよいよお題は佳境に入り 「せいろ蕎麦」 とは   です 。



「 せいろ 」 とは食材を蒸気で蒸す時に使う調理道具
ですが 、 実は昔このせいろでお蕎麦を蒸していた時期があり 、 薬屋さんやお菓子屋さんなど 「 蒸籠 」 を使うお店でお蕎麦が出されていたのです 。

京都の老舗蕎麦店 「 尾張屋 」 や 「 河道屋 」 は蕎麦粉を使ったお菓子を出す菓子屋さんだったのは有名ですよね 。
( 今でも蕎麦ぼうろや板そばなどを販売しています )


また屋台や振り売りで供されることが多かったお蕎麦は 、 時間が経つと品質が低下するため蒸籠蒸しされて売られていと言う説も有るようです 。


4_

              ( 写真はまだ二斤が有った頃のちく満のせいろ箱 )



これがせいろ蕎麦という名の由来です 。

メニューはせいろ蕎麦だけという堺の「ちく満」は 、 創業以来300年以上にわたりせいろ蕎麦(熱盛りそば)を守り続けている 。
( 大阪 、 特に泉州ではせいろや熱盛りが今でも人気メニューなのです )


5_




ここでざる蕎麦の器に戻りますが、このせいろの器が変化して今でもよく見かけるざる蕎麦の器として残っているのです。
「せいろ」、もしくは「せいろう」と呼ばれるお蕎麦は蒸し蕎麦の名残と言えます。

陶器の器が水切りに優れたざるに変わり 、 昔ながらのせいろは形を変えて今でもあちこちで利用され、こうして
「 ざる 」「 もり 」「 せいろ 」 の名が今日のメニューに残ったと言うことになるのでしょうね 。



6_



でも一番大事なのは 、 呼び名よりもお蕎麦本来の美味しさが肝心なのですよね 。

以上私が知る範囲でのお話ですが 、 お蕎麦の文化は多岐にわたるため 、
器だけでは収まりきれない物があります 。


いずれ少しずつお話しすることにいたします 。


とりあえずお品書きの謎をお伝えしました。


今度は器では無く 、 器に入るお蕎麦の種類をお伝えしたいと思いながら 、

これでこの日の幸せ終了です 。

続きを読む "ざる ? もり ? せいろ ? 冷たいお蕎麦の呼び方って?"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年11月19日 (日)

マッタリまどろむコーヒータイム 和歌山市は吹上三丁目「和茶縁」


以前そば切り徳の帰りに立ち寄ったカフェ 
「和茶縁」





1_



コーヒーが結構気に入って 、 最近ほろ酔いの蕎麦屋帰りに立ち寄るお店。



2_



3_



住宅地にあるお店は自宅改装型で 、 入り口を入ると短いアプローチから靴脱ぎに突き当たり 、 右手にカウンターとテーブルスペース 、 左手にお座敷スペースがある。


4_

5_



6_

7_



ランチメニュー二種と本日のケーキが数種類 、 それにケーキやドリンクをランチに組み合わせたセットもあります。

      ( 缶ビールもありますよ ( ̄∇ ̄) )

8_




朝7時半開店というかなり早くからの営業で 、 メニューには和・洋のモーニングセット、ランチには週替わりと日替わりを揃え 、 週替わりの和茶縁ランチは+500円でメインをタンシチューに変更することが出来るようです。


9_

10_



そして当然ティータイムメニューも充実。


11_

12_



コーヒーは 和茶縁スペシャルと炭火コーヒー の二種 、 気合いの入った紅茶はかなりの種類。


14_

15_



コーヒーとチョコレートバウンドケーキのセット


16_



コーヒーは大きめのカップにて出され 、 酸味が抑えられた香ばしいブレンド 。
酸味が抑えられた深煎り気味だが優しい苦みがとても素敵 。
これ


    
私大好きコーヒー



   です . 。o○



17_



チョコレートと良いながらも控えめな甘さがとても舌に優しい。
たっぷり入ったコーヒーを飲み干してお代わりをお願い。


18__2

19_




二杯目はまろやかな酸味を僅かに感じる物で 、 ホンノリとした酸味に仄かな苦みを感じ、一杯目との味の変化が楽しめました。

( 恐らく和茶縁スペシャルなのでしょう )


店内に流れる音楽とも相まって 、 本を読みながらマッタリと時間の流れを楽しめるお店なのです。

20_




メインをタンシチューに変えられるランチメニューもあるので、いつかお昼を頂きに訪れようと思いながら、



                 お店を後にしました。





これでこの日の幸せ終了です。






和茶縁

Photo

お店は→和歌山県和歌山市吹上3-5-6
電話は→080-5389-5325
営業は→7:30~19:30
お休み→水曜日
最寄り駅→小松原五丁目バス停 400m

続きを読む "マッタリまどろむコーヒータイム 和歌山市は吹上三丁目「和茶縁」"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年11月16日 (木)

残念お酒無し「そば切り岳空(がくう)」 大阪市は谷町七丁目

病に伏せほぼ夏無しの今年、久しぶりの「岳空」訪問となりました。

空堀通り商店街の東端にある「 そば切り岳空 (がくう)」
蕎麦前とそのお供が充実したお蕎麦屋さん。


1_



カウンターの一番端に席を頂くと、お酒メニューを出して頂いたのですが ・ ・ ・

この日は都合で車での訪問、 なので残念ながらお酒は頂けません   (-.-;


( 
本当に 本当に 本当に残念!! )


でも久しぶりともあって、炙り鯖寿司 と 天盛りをお願い。  なので



ノンアルBも ・ ・ ・

2_




(この期に及んで未練たらしくノンアルB ・ ・ ・ 頼むか? )


3_




炙り鯖寿司の寿司飯はお箸で摘まむと崩れそうになるほど

スッゴく軽く フンワリと押されている



なので お腹に重くなくお酒やお蕎麦のお供に持って来い。



5_



天麩羅盛り合わせの海老は ・ ・ ・

頭から尻尾の先まで食べられる 「 天使の海老 」

フワサクッと仕上げられ、お塩と共に頂きます。



4__2


これが天使のエビ!!
口にすると頭はサクッ 、 身の部分はプリッとした歯応え。


これが天使のエビだ !!      もういいか


他に舞茸や茄子などの野菜とキノコが添えられます。

さて、お酒が無いのでやや物足りなさを感じながらお蕎麦をお願いしました。


6_




極細打ちのお蕎麦は透け感があって黒ポチが散りばめられている。



7_




鴨汁は
濃すぎず薄すぎずの程良い味付けで 、 お葱と共に少ししっかり目の歯応えを感じる合鴨が入り美味しい。



8_




鴨汁の蕎麦湯には蕎麦猪口とレンゲが添えられていて 、好みの濃さに仕上げることが出来ます。


9_



十分に旨味を感じる蕎麦湯を頂いて・・・

これでこの日の幸せ終了です。


岳空でお酒飲みたい~~っ!!


(;^^)ヘ..




そば切り 岳空

Photo

お店は→大阪市中央区谷町7丁目1-54
電話は→06-6773-9478
営業は→11:30 ~14:00   17:30~20:00(無くなり次第)
お休み→月曜日・火曜日、木曜日は昼のみの営業
駐車場→無し(近くにコインP有り)
最寄り駅→地下鉄谷町六丁目3番出口から徒歩約3分

続きを読む " 残念お酒無し「そば切り岳空(がくう)」 大阪市は谷町七丁目"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年11月13日 (月)

和歌山の「 やぶそば 」 有田郡湯浅町は吉川

やぶそばと言っても東京の神田やぶそばとは関係がありません

やぶ切りという挽きぐるみの田舎蕎麦を出しているのでこの名だそうです 。
夜は居酒屋営業もしていて 、 お蕎麦以外のメニューも豊富なお店 。
随分と久しぶりの訪問。  一年ぶりくらいかな ?
自宅改装型のお店に入ると 「いらっしゃい」
奥様の声と共に若い人の声が ・ ・ ・
カウンター無いにおられる若い方はご子息か? しかもメニューが増えてます 。
こちらのお蕎麦は前述の九一やぶ切りと七三のそば切りがあって 、 どちらかに鴨汁や天麩羅などを組み合わすシステム。
たとえばやぶ切りで鴨汁蕎麦やそば切りで天ざる  そんな感じです 。


1_




この日お願いしたのはやぶ切りで鴨汁蕎麦 。
挽きぐるみブレンドの平打ちやぶ切りは 、  そのままで頂いても完食できる
田舎風味溢れるお蕎麦 !  でもチョット冷たすぎ  かも ・ ・ ・


    チョット冷ためですが  ・   ・  ・


2_up




でも鴨汁チョイスなのである程度は鴨汁と共に頂かないとね 。


3_up

                  湯気ピンぼけ状態ですみません



細かめに刻まれた鴨肉と葱が入る鴨汁は 、 程良いコッテリさを味わえて後味も悪くない物 。   蕎麦湯でも美味しく楽しめる味わい 。
天麩羅とおにぎり等がセットになったランチメニューも有り 、 お酒も色々と揃っているお店なので 、 いつか機会を見つけて電車で訪れたいと思いながら ・ ・ ・
これでこの日の幸せ終了です。



やぶそば

Photo

お店は→和歌山県有田郡湯浅町吉川1-23
電話は→0737-62-3284
営業は→11:00~14:00
             17:00~0:00(お蕎麦LO20:30 料LO23:000)
お休み→月曜日(祝祭は火曜休)
最寄り駅→JR藤浪駅 徒歩約18分

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年11月 5日 (日)

フワフワ 大阪市谷町六丁目は「シフォンケーキのFUKU」

以前「そばがき屋 ぐーちょきぱー」で教えてもらったお店 「 FUKU 」 。
「岳空」の話をした時 、 「 そこの近所に友人がシフォンケーキのお店をしているので機会があれば行ってみて下さい 」
で、訪れて来ました。



1_




空堀商店街の東端にあるT字路を北に進み、コインパーキングを通り過ぎた路地の入り口に黒板が立てかけられてます。


2_



一見、突き当たりの袋小路は坂を下ると左手に道が続く。


3_




そしてすぐ右に曲がる趣を残す鍵字の路地の本当の突き当たり。



4_




あったあった、  路地の一番奥にお店はありました


5_




風情あるお店に入るとすぐ右にショーケースとカウンター。
ここで注文をしてお金を払います。


6_




四種類有るシフォンケーキからチョコココナッツ、それにコーヒーを注文。


7_




上がりかまちで靴を脱ごうとすると「 そのまま上がって下さい 」。


えっ、靴のままで良いの?


8_




客室には大テーブルが一つ、 座ってから間もなくチョコシフォンケーキとコーヒーが運ばれました。



9_




配されたトレーにはケーキ材料のパンフが載せられています。



P1090072




ケーキは手でちぎって頂く方が美味しいとのお勧めで 、 フォークは添えられていません。   が、    エッ、スッゴいフワフワ、そしてしっとり。
で ・ ・ ・ 何よりも ・ ・ ・ 美味しい。

P1090075



気にならない甘さ、 ホンノリ!
ホントに美味しい !!


P1090076




思わず追加でかぼちゃシフォンケーキを頂きました。 (;^^)ヘ..
お店にはテイクアウトのお客様が何人か訪れていました。
結構ファンが多いようです。
次回谷六に訪れたら絶対また来よう。
そう思いながらお店を後にしたのでした。

シフォンケーキのFUKU
お店は→大阪市中央区上本町西1-4-19
電話は→06-6762-0156
営業は→火~金12:00~18:00 土曜11:00~売り切れ
お休み→日・月・祝
最寄り駅→地下鉄谷町六丁目3番出口から徒歩約3分

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2017年10月 | トップページ | 2017年12月 »