« 数少ない和歌山の老舗蕎麦店 和歌山市は「 豊川 」 | トップページ | 奈良町の入り口蕎麦 奈良市は「季のせ」 »

2018年12月 2日 (日)

駅近蕎麦店で初めての釜揚げ蕎麦 貝塚市「 仙太郎 」


そろそろ紅葉が見頃となったある日曜日 。


11_


どうざんつつじも色鮮やかに燃えていました 。


12_



この日ピーク時を過ぎた時間帯 、 昼食を兼ねて昼蕎麦屋酒を楽しみに仙太郎へお邪魔してきました 。

南海貝塚駅から徒歩5分程度の距離にある駅近蕎麦店だ 。
この便利さが中中同様気に入っているお店なのです 。


13_



蕎麦屋の一品を物色しているとお店の方が

「 十四代が入っています 」

     そう耳元で囁くように暗示をかけます . 。o○


おっ 、 お願いします !!


2_



十四代 龍の落とし子 純米吟醸です 。
ほんのりとフルーティーな中にふくよかな味わいが広がり 、 スッキリとした喉越しで美味しさが弾けます 。

蕎麦前のお供にチョイスしたのは「酒肴三種盛り 」 、 「剣いか酒かえし醤油漬け」 、 それに「 鶏天 」 。


3_



酒肴三種盛りは鯛の子と焼き味噌 、 それに酒盗チーズ 。
なかなか渋い組み合わせではないか !


4_



鯛のこのたいたんはホックリと美味しくて焼き味噌は少し甘めだ 、 が 、 同行者が特に気に入ったのは酒盗チーズ 。
発酵系×発酵系 、 この組み合わせが意外だったらしく 、 半分以上食べられてしまいました 。 ( ̄∇ ̄)


5_



初めて頼んだ剣いか酒かえし醤油漬けは炙ったスルメのように歯応えがあり 、 ガシッと噛みちぎり噛む程に味が出る 。

お酒のお代わりは ・ ・ ・


6_

7_



同行者が また十四代 !  私はまんさくの花 。


8_



続いて出されたのは鶏天 。
これがまた熱々ホクホクでフンワリと柔らか~い !!


9_



追加でお願いした 「 合鴨のもも肉塩焼き 」 それに同行者がどうしても食べたいと頼んだ 「 しょうが天 」 。


10_

11_up



合鴨の肉はなかなかの歯応えで 、 食感はシャモ肉のようだが肉質は結構ジューシーで美味しい 。


12__2



実は私 、 随分前に ・ ・ ・


泉南のとある食堂で食べて以来紅ショウガの天麩羅が大の苦手




なので最後まで手を付けず 、 同行者が全部食べてしまいました 。

さてそろそろお蕎麦をお願いします 。


この日は釜揚げ蕎麦と心に決めていたので ・ ・ ・


 初 志 貫 徹 


13__2



こちらの釜揚げは熱盛り蕎麦のように玉子が付いていて 、 最初に出された玉子をよく溶いておき 、 お蕎麦と共に出された熱々の浸け汁にお箸を使い細くツーッと流し入れます 。
くれぐれも   ドバッ   と入れてはいけません 。


14_



汁の温度が下がってしまい玉子がフワッと固まらないのです 。


そんなこと ほっとけ そう言われそうですが



 あくまでも好みの問題 ・ ・ ・ 


15_



初めて食べた温蕎麦は比較的ちゃんとコシが残っています 。
特筆は汁の味が抜群 !!

玉子を溶き入れた時の味を考えて作られたような絶妙なバランスに仕上げられています 。
堺のちく満ちく千 、 熊取のよしのの汁に通じるものだ 。


                     メッチャ 好み   ~♡



ハフハフしながら一気に食べて 、 いそいそと蕎麦湯造り 。
玉子が入っていた小鉢に 、 浸け汁を適量と丼に残った蕎麦湯を流し入れ玉子のまろみが残る出汁の味を楽しむ 。


16_



出汁の香りと味と共に残った玉子の風味が素敵です 。


蕎麦前と肴 、 そして美味しいお蕎麦を楽しんで


17_




これでこの日の幸せ終了です。



手打ち蕎麦 仙太郎

お店は→大阪府貝塚市海塚3丁目7-9
営業は→11:30~14:00(LO) 18:00~21:30
電話は→072-477-6559
定休日→月曜日
最寄り駅→南海貝塚駅 徒歩約3分
駐車場→有り(3台)
 

|

« 数少ない和歌山の老舗蕎麦店 和歌山市は「 豊川 」 | トップページ | 奈良町の入り口蕎麦 奈良市は「季のせ」 »

お蕎麦の大阪」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/515278/67440995

この記事へのトラックバック一覧です: 駅近蕎麦店で初めての釜揚げ蕎麦 貝塚市「 仙太郎 」:

« 数少ない和歌山の老舗蕎麦店 和歌山市は「 豊川 」 | トップページ | 奈良町の入り口蕎麦 奈良市は「季のせ」 »