« 2018年12月 | トップページ | 2019年2月 »

2019年1月

2019年1月27日 (日)

蕎麦米雑炊と鴨小鍋出来ました 和歌山市は そば切り徳

お酒とお蕎麦を楽しみながらゆっくりと一時を過ごすことの出来るお蕎麦屋さんがそば切り徳だ 。


この日 、 蕎麦米雑炊をメニューにのせようと思っているのですが 、 食べてみてくれませんかとのことで是非是非と頂きました 。


蕎麦前の緑川とともに酒肴五種盛りと鴨椀をお願いしました 。


1_



新潟のお酒緑川正宗 、 何ともレトロで可愛いラベルです 。

燗酒で頂くとなかなか美味しい 。


3_up



蕎麦米雑炊があるのでお蕎麦は半盛りにしてもらいました 。


4_



おそろいの徳利とお猪口はモダンなグラデーション 。


5_



そして出して頂いた蕎麦米雑炊 。


6_up



綺麗に玉子でとじられた雑炊は透明のお出汁に浮き出して 、なかなか美味しそうなビジュアルです 。


7_



ひとすくいして頂くと ・ ・ ・


           これ 、 結構美味しい 。


今まで食べた蕎麦雑炊の中で3本の指に入るでしょう 。
これは楽しみな仕上げの一品になると思います 。


            で


後日訪問すると ・ ・ ・ 何と

「 メニューにはまだ載せていないのですが鴨鍋有ります 」 。
小鍋を出すとは聞いていたのですが 、 もう出来ましたか 。
夜限定メニューなのですが 、 この日は特別とのことです 。



 ウッ  ウッ  うれぴー  (^0^)




チョット時間が掛かるので 、 と出して頂いた突き出し 。



11_



蕪酢漬けと蕎麦味噌


12_



お酒が空いてしまったので三諸杉をお願いします 。
さてようやく鴨鍋が到着しました 。


13_



肉厚の鴨肉が三切れが野菜・豆腐と共に鍋に収まっています 。
お鍋はこの料理のためにご主人たちが手作りしました 。


14_up



あらかじめ火を通してあるので鴨肉は早い内に食べる方が軟らかく頂けます 。
その後鴨出汁の利いたお野菜を頂くようにしましょう 。


15_



お野菜は黄色や緑に赤い色が入る健康志向


16_



お蕎麦を半盛りでしゃぶしゃぶも出来ますとのこと 。


で   お願いしました 。


17_



しゃぶしゃぶしてお蕎麦を頂くと鴨脂の旨味がのった美味しさが口の中に広がります 。


18_



田舎の粗挽き加減なので


本当にしゃぶしゃぶで食べてくださいね 。



そして最後に蕎麦米雑炊にして頂きました 。



19_



前回試食で頂いた雑炊より色は濃く鴨油のコクが利いていますが見た目程の辛さは無く 、 旨味だけを伴ったアッサリ加減で頂くことが出来ます 。


20_



夜だけのメニューなのでとても残念 なのですが 、



これは仕方有りませんね 。

21_


いつかお昼でも    そう思いながら



これでこの日の幸せ終了です。




そば切り徳


お店は→和歌山市屋形町4-15-1
電話は→073-427-3456
営業は→11:30~14:30 18:00~21:00(要予約)
お休み→日曜日・木曜日
駐車場→すぐ近くにコインパーキング有り
        サービス券もらえます
最寄り駅→JR和歌山駅・南海和歌山市駅から
     バスで三木町新通り下車 徒歩約7分

続きを読む "蕎麦米雑炊と鴨小鍋出来ました 和歌山市は そば切り徳"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年1月20日 (日)

蕎麦酒三昧 大阪市谷町七丁目 「そば切り岳空」

大阪メトロ谷町六丁目駅から徒歩5分の空堀商店街東端に岳空 ( がくう ) はある 。

 

昔ながらの町家を素敵に改装したお店だ 。


1_



しかし素敵なのはお店だけでは無い 。

 

接客もお蕎麦も 、 加えて酒肴も素敵なお店なのだ 。

 

 

しかも昼蕎麦酒を楽しめるときちゃぁ通わざるを得ない 。


2_



先月随分とご無沙汰の訪問となりました 。

 

 

久しぶりながら変わらずにお酒メニューも出して頂きました 。


3_

 

4_



まずは風の森から 、 そして酒肴は三種盛り 。


5_



この日の三種盛りは茄子のみぞれ煮と柿の白和え 、 それに海老のすり身の湯葉巻き揚げです 。


6_



オクラが添えられた茄子はお出汁の利いた汁が利いていて 、 お酒ともとっても相性が良い 。


7_



基本メニュー的な一品 。


8_



前回訪れたときはイチジクでした 。


82_


今回の柿の白和え添えもなかなか上品な味わい 。


9_

 



白和えだけでも美味しいのですが 、 柿と合わせると淡泊な白和えに甘みが加わり 、 しかも立派な酒肴となります 。



10_

 

11_



お酒のお代わりは秋鹿へ 。


12_



酒肴はチーズの醤油漬けと炙り鯖寿司で迷ったあげく ・・・

 

 

炙り鯖寿司としました 。

 


ここのライトな炙り鯖寿司大好きですから . 。o○



13_



お箸で摘まむとホロッとほぐれそうになるほど軽く押されたお寿司は 、 酒肴として頂いても〆に頂くお蕎麦のお供としてもお腹の負担になりません 。


132_



お酒の〆は奈良のお酒に戻り 、 梅乃宿をお願いしました 。


14_



とっても可愛らしいラベルは今年の干支をデザイン 。

 

本当に最近の日本酒のラベルはお洒落なものが多いですよね 。

 

 

前回頂いたお酒もどれもお洒落なラベルが貼られていました 。


142_alpha

 

143_

 

144_



梅乃宿はキッチリとしたお酒 、 そうお米の味を感じるもので 、 飲み口もスッキリとしています 。

 

 

お蕎麦は鴨せいろ 。


15_



お蕎麦は綺麗に打たれていて 、 黒ポチが散りばめられた美味しさがハッキリと口に舌に広がり 、 もちろん汁無しで十分満足いく味 。


16_up



鴨汁もコクがあるのに後味を引きません 。


17_



鴨肉は二枚と少なめなのですが厚みがあって軟らかい 。


18_



鴨汁のもう一つの美味しさは 、


 

 

 

                 お葱



 

 

19_



葱の甘みって主役を張るくらいの美味しさがあるのです 。

 

 

このお店は季節のお蕎麦もあって 、 前回訪れたときに頂いたのはオクラとトマトのお蕎麦 。


20_



これもサラダ感覚で美味しゅうございました 。

 

 

最後に蕎麦粉を溶き込んだトロミある蕎麦湯で割ると 、 鴨汁の旨味が広がり幸せを感じる美味しさ 。


21_



〆の〆に十分な役割を果たしていました 。

 

 

この日はお客様も交えお蕎麦だけで無くおうどんからラーメンの話にも花が咲き 、 とても楽しく過ごさせて頂きました 。

 

 

ゆっくりとホッコリ ・・・


22_



これでこの日の幸せ終了です 。




そば切り岳空

 

 

お店は→大阪市中央区谷町7丁目1-54

 

電話は→06-6773-9478

 

営業は→11:30 ~14:00   17:30~20:00(無くなり次第)

 

お休み→月曜日・火曜日、木曜日は昼のみの営業

 

駐車場→無し(近くにコインP有り)

 

最寄り駅→地下鉄谷町六丁目3番出口から徒歩約3分

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年1月14日 (月)

牡蠣蕎麦食べてきました 大阪は住吉大社 芦生



牡蠣蕎麦食べたーーい !!



 

 

ということで今冬初の牡蠣蕎麦を食べに芦生へ訪れてきました 。

 

駅横の粉浜商店街に入り暫く歩くと右手にお店は現れる 。

 

午後一時前の店内には数組のお客様が食事を楽しんでおられます 。

 

1_



芦生では女性の職人さんがお蕎麦を打ちます 。

 

 

ここに来ると言うことは ・ ・ ・ ・


 

 

 

 まずは蕎麦前でしょう  (;^^)ヘ..



2_



同行者は前回飲んで気に入った八海山 、 私は広島の賀茂鶴 、 そしてそのお供たちに選んだのは鴨葱焼きと出汁巻き 、 それに野菜天盛り



 

3_


 

 

ランチタイムのセットメニューもあります 。

 

お昼のおまかせ+アルファでも一杯いけそうですね 。

 

 

 

 

 

賀茂鶴は300mlのボトルで出されます 。

 

4_



この日の突き出しは南京などの炊き合わせでした 。



5_



程良い甘さのタレを絡めて焼かれた鴨葱焼きは 、 歯応えがキッチリ残るもも肉を使用しているのでしょうか 。


6_


 

 


いい~っ
 この値段なら全然素敵な鴨焼き 💚

 

 

 


次いで出された出汁巻き 。

 

 

 

少し濃いめの味付けなのでお醤油は必要ないでしょう 。


 

7_



フンワリ出汁を纏ったジューシーさで 、 熱々をホクホクふわふわ 。


8_


 

 

パプリカやインゲンにさつまいもなど 、 野菜天盛りは色鮮やかで 、

 

 

 

 
海老は入っていません 。

 

 

 

 

 




当然です                 
野菜天なので 。

 

 

 

お酒は二巡目で 、 そのお供にぬか漬けをお願いします 。


 

9_



 

 

ウンマーイ!!

 

 

 



このぬか漬け 、 スーパーなどで売っている甘いだけの物ではなく 、 酸味と旨味があって結構美味しいのです 。

 

 

 

お酒のお供だけではなくお茶漬けでも食べたい代物 。


 

10_




お蕎麦は連れが茗荷蕎麦 、 私はもちろんお目当ての牡蠣蕎麦 。




11_



 

 

茗荷と共にレモンスライスが添えられています 。

 

少しお汁を頂くと茗荷とレモンのW爽やかが舌に広がります 。

 

さて牡蠣蕎麦 。


 

12_



丼の中には小ぶりながらプックリとした牡蠣が5粒 。


13_up




インパクトには欠ける景色ですが 、

 

 

 

プリッとした食感と牡蠣の旨味は十分楽しめます 。


 

14_




お蕎麦は剥き実挽きぐるみのブレンドでしょうか ?


 

15_



温蕎麦ながら比較的コシを残した食感が良好 。


 

お汁は優しさ有る美味しい物ですが 、 牡蠣蕎麦なのでその優しさがかえって少し物足りなさを感じさせるような気がしました 。


 

 

 

        この優しさがえーんよ


 

 

        そういう人もいてるんやろね   きっと




16_




牡蠣蕎麦でもちゃんと汁と蕎麦湯を出してくれます 。


17_



私の一押しは粗挽き粉で打たれた田舎蕎麦なのですが 、この日はあえて牡蠣蕎麦を目指してきたのでした   . 。o○


17__2



これでこの日の幸せ終了です 。


 

 

 

 

 

 

お店は→大阪市住吉区東粉浜3丁目27番18号

 

電話は→06-6615-9980

 

営業は→火~日11:00~15:00(L.O. 15:00)17:00~21:00 (L.O. 20:30)

 

お休み→月曜日

 

最寄り駅→南海住吉大社駅 徒歩約3分

 

駐車場→近隣コインパーキング利用

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年1月 5日 (土)

酢豚も食べてみた 和歌山は紀の川市 「 ますや飯店 」

新年明けましておめでとうございます 。
2019年を迎え 、 そして平成の最後がもうすぐとなりました 。
皆様どうお過ごしでしょうか 。


さて 、 新春第一弾


 お蕎麦ではなく中華となります ・ ・ ・

国道24号沿いに人知れずひっそりと佇むように立つお店 、 それが「 ますや飯店 」 なのだ 。

 いや別に人知れずという訳ではないのですが


数年前近くに台湾料理のお店が出来たが今尚頑張っている 。
店舗前の看板に中華料理 、 店舗の入り口上に 「 ますや飯店 」とあり 、 東側の小さな看板には 「 御食事処ますや 」 。
中華やうどんに丼物のほか一品皿が並ぶおかず棚もある 、 ある意味
昔ながらの食堂といえるでしょう 。

この日は焼き飯に加え酢豚も頼んでみました 。
注文してしばしすると厨房から聞こえてくるのは 、

カンカン 、 カシャカシャ 、 カッコン カッコン 、




しっかり鍋振る美味しそうな音が響いてきます 。



1_



で 、 出された焼き飯はいつも通りにコンモリと盛られ 、 きざみ紅ショウガの赤が見事に映えている 。


_



すくい取るとパラリハラハラとレンゲの中で崩れ落ち 、 しっとり感が残る仕上がりです 。


3_



これこれこの焼き飯 。


たまに無性に食べたくなり訪れる味と食感 。


4_up



口にするとフワパラの食感と共に旨味が広がる 。


5_




今まで肉系の破片は無かったように思っていたのですが 、 この日は細かい鮭のフレークを少量確認しました 。


                         恐らく
 隠し味的 ?   多分そうだと思う 。



前回焼き飯と五目そばを頂いたのですが 、 結構食べ過ぎ気味となり 、 この日初めてチョイスした酢豚がこれだ 。



6_



焼き飯を半分程食べ進んだ頃に酢豚が出されます 。

人参・ピーマン・タケノコ・玉葱 、 そしてキクラゲと基本を押さえた酢豚だ 。
当然豚肉は入っていますが思いのほか量は多い 。


7_



まずは一口豚肉を食べてみると 、


軟らかい ! 


そして味もしつこくなく悪くない 。

野菜はシャキッとしたいため加減で良い感じ 。



これは良い 、 良いぞ 、 スタンダードな美味しさが良い !



8_

9_



これなら次は肉野菜炒めなど他の料理も食べてみたい 。
そう思いながらお店を後にしました 。


これでこの日の幸せ終了です 。




ますや飯店(ますや食堂)

お店は→和歌山県紀の川市名手市場125
電話は→0736-75-2152
営業は→10:00~22:00
お休み→第2・4木曜
駐車場→店舗前にあり
最寄駅→JR和歌山線名手駅約300m

続きを読む "酢豚も食べてみた 和歌山は紀の川市 「 ますや飯店 」"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2018年12月 | トップページ | 2019年2月 »