« 久しぶりの龍神そば 和歌山県田辺市龍神「 和わく 」 | トップページ | ご無沙汰 大阪道頓堀は手打ちそば星(あかり)で蕎麦酒 »

2019年6月 9日 (日)

蕎麦と日本酒の会 和歌山市屋形町は「そば切り徳」

6月1日 、 第一回蕎麦と日本酒の会が開催された 。
蕎麦仲間のO氏とワクワクで訪れました 。
なのでこの日の夜は貸し切りです 。

何と協賛は龍神丸や高垣で有名な有田川町にある高垣酒造 。
この日は四種類の日本酒が


ほぼ飲み放題状態 。 \(^O^)/


しかもブラインド銘柄を設定し 、 これが四種のうちどれかを当てるゲーム付き 。
テーブルには仕込水がチェイサーとして用意されています 。



11__5



今日奥さんと杜氏の高垣さんが着ておられるユニフォームが 、 高垣酒造の電球をもしたボトルに入るお酒 「 天久 」 のイラストがあしらわれていました 。 (^.^)
お酒は 「 流霞 」から始まります 。



12__5



兵庫県産山田錦100%使用の純米大吟醸で 、 いつも紀勢鶴の私は初めて頂くお酒 。



2__11



ふわーっとした吟醸香が鼻先に香り 、 口にすると華やかな 、 しかし少し押さえられたフルーティーさが舌を包み込む 。

次に出されたのは問題のブラインド銘柄で 、 別のグラスに注がれます 。
これは比較的しっかりとしたボディーがあり 、 わずかに酸味を感じるお酒 。


ん 、 龍神丸や喜楽里とは違う味わい 、 となるとまだ飲んだことのない 「 里の花 」 か ?



3__10



次のお酒は 「 瓶囲い生原酒 龍神丸 」 。
山田錦を50%まで磨き込んだ純米吟醸 。


4__10


純米の芳醇さとスッキリとしたキレを併せ持つ美味しいお酒なのだ 。
コミックでその名が紹介されたことから人気が出たのだが 、 少量生産のため幻の酒と言われた龍神丸 。


ネットゲームのキャラクターで世に知られた高垣や喜楽里と人気の出方が似てますよね 。


いよいよ私がブラインドと思った 「 里の花 」 が出ました 。


5__10



注いでもらって飲んでみると ・ ・ ・ ん ?
これってちょっと違う ?
少し控えめな華やかさを感じる優しい印象だ 。


まさか 、  まさか 、  喜楽里がブラインドか (-.-;)


そういえば最後に喜楽里を飲んだのはいつだったかと言うほど飲んでいなかった 。


そしてくだんの 「 喜楽里
」 が出されました 。


6__7


純米原酒 瓶燗一回火入低温貯蔵 。


     こっ 、 これは 、 まさかの 、 、 、 ブラインド
         残念  、  外しちまった


ということでお酒のことを先行報告しましたが 、 当然お酒だけを飲んでいたわけじゃございません 。
この日の徳は料理も素敵です 。


7__7


テーブルには本日のお品書きが置かれていて 、 前八寸 、 焼き物 、酢の物と続き 、 揚げ物の後にそば切り が出されるとのこと 。


8__7



この八寸はとっても素敵で 、 定番料理に加え北あかりと新玉のスープや茄子のおひたし 、 すり身の天麩羅 、 そして初めて頂いたカマンベールチーズの燻製湯浅醤油風味



9_2


甘すぎないスープは優しくてホッとするお味 。
チーズは醤油やお味噌との相性が良く 、 意外なほど日本酒とマッチしました 。

どれも美味しくてチビチビお酒と共に頂いていると ・ ・ ・


        ついつい飲み過ぎてしまいました (^0^;)


ここで飛び入りが入ったのですが 、 覚えていません 。


17__2



何だったんだろうか ?  どうしても思い出せない 。



10__5



もう一つ飛び入りがあって 、 何と私の大好きな高垣酒造の紀勢鶴仕立ての焼きエイひれ 。
こんな珍味があったのか (゚ロ゚)

味醂の代わりに紀勢鶴を使っているのだろうか ?



11_2



もちろんピリ辛で風味よくお酒のお供にもってこいの一品 。

          だって私の大好きな紀勢鶴仕立てですからね

ネットで調べてみると 、 松尾酒店がヒット !
さすがお母ちゃんのお店や 。 と思ったら 、 品切れでした 。


                            (x_x)


焼き物の紀州梅鶏照り焼き 。
最近県外のお店でもよく見かけるようになった紀州梅鶏 。



12__6



もちろん梅の味はしませんが 、 柔らかくてこれもお酒のお供にチョイスしたい一品 。
日本橋室町砂場の焼き鳥(タレ)に勝るとも劣らない味です 。



13__6


酢の物の小アジの南蛮漬けは 、 小アジと言うより豆アジ南蛮漬けの方が良かったかな (^0^)



14__4


でも美味しかった . 。o〇

さあ 、 最後の料理は揚げ物 。


15__4



ハモとコーンとミョウガの天麩羅 。



16__3


添えられたワイン塩で頂きます 。
最近天つゆではなく 、 岩塩に加え抹茶やレモン 、 ワイン塩など素敵なお塩で天麩羅を頂くお店が多くなりましたよね 。

おまけは高垣酒造の吟醸酒で仕込んだ梅酒「Plumity White」 。
普通梅酒は焼酎などのリカー類でつけ込むのですが 、 これは日本酒でつけ込んだ梅酒らしい 。


18_plumity-white_1


      が 、 味 、 覚えていません 。

かなり酔っ払っていたか ?


いや 、 へべれけだったかもしれません   (;^^)ヘ..


あっ !!  お蕎麦の写真を撮るの忘れた 。


会費5,000円ならとっても満足感のイベント 。


18__3


第二回目があれば是非参加させてもらいたいと思いながら 、

気がつけば翌朝 ・ ・ ・ (^0^)



     鞄を開けると酒粕が入っていた ・ ・ ・



            (~_~;)



これでこの日の幸せ終了です 。



そば切り徳

お店は→和歌山市屋形町4-15-1
電話は→073-427-3456
営業は→11:30~14:30 18:00~21:00(要予約)
お休み→日曜日・木曜日
駐車場→すぐ近くにコインパーキング有り
        サービス券もらえます
最寄り駅→JR和歌山駅・南海和歌山市駅から
     バスで三木町新通り下車 徒歩約7分

|

« 久しぶりの龍神そば 和歌山県田辺市龍神「 和わく 」 | トップページ | ご無沙汰 大阪道頓堀は手打ちそば星(あかり)で蕎麦酒 »

お蕎麦の和歌山」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。