« 山間の小さな集落で自然薯料理 「きたみせ」 | トップページ | 美味しい炒飯を求めて 和歌山市狐島は帛龍 »

2020年5月10日 (日)

新規開店お蕎麦屋さん 和歌山市は「やまみち」

 

令和2年3月22日、和歌山市に新しいお蕎麦屋さんが開店しました 。

オーガニック十割蕎麦と地魚 やまみち



1__20200510204601



居酒屋さんの紀州蔵がお店を移転してその後をお蕎麦屋さんにしました 。

    (コロナの関係で紀州蔵はまだ開店していないようです)

なので 、 夜は居酒屋使いが出来るようです 。
     (昼蕎麦屋酒もOKみたい)



2__20200510204601



入り口を入ると左右に個室的テーブル席が4つ 、 奥の左手にカウンター席 、 途中左手に厨房があり 、 一番奥にもテーブル席が何席か有るようです 。

さて四席分はあろうかという二席の広々カウンターに席を頂きました 。
(四人は充分に座れそうですが 、 今は二席使い? 実はFBによるとあとの椅子二つがまだ入らないらしい 。 でもこの椅子とても座り心地いい !

 ふと横を見ると電動石臼でお蕎麦が挽かれています 。
そこには福井県丸岡在来の文字 。



3__20200510204601



丸岡在来ですよ !

しかもこの時期   新そば ・ ・ ・ ??

どうやら晩秋に収穫した新そばを真空低温貯蔵しているらしい 。

メニューを眺めると 、 こちらの料理は



           グルテンフリーで無化調 !



しかもなんとアルコールまで



          オーガニック !



そしていろいろな種類のお蕎麦は大盛りが標準 !!
お願いしたのは


天然海老天1匹と自然栽培野菜天ざる 。


      長い  要は天ざるです ・ ・ ・ (-.-;)



4__20200510204601




薬味はカウンターに備えられた和歌山県御坊市のお塩と 、 配されたお蕎麦に添えられた生山葵のみ 。

お蕎麦はというと色々検索した情報には手打ちという言葉は無く 、 機械打ちかと思っていたのですが 、 お蕎麦を見るとどうも手打ち ?



5_up_20200510204601




とりあえずお蕎麦だけを一手繰り 。

あれ ?   美味しい !!




6__20200510204601




かみ締めると舌の表面に広がる僅かなお蕎麦のえぐみと 、 鼻腔に抜ける香りが結構素敵で 、 汁無しでぐんぐん食べ進んでしまう

合間に盛り汁を舐める 。
醤油が勝つ江戸風ですが 、 潤目(うるめ)やさば節で出汁を取り花鰹で仕上げているとのことからしっかりと旨味を感じる物です 。

お蕎麦の合間に天麩羅を少しずつ頂きます 。
天麩羅はやはり御坊のお塩で 。




7__20200510204601




グルテンフリーなので天麩羅の衣は 米 粉
なのでサクッと言うよりガリッと言う歯ごたえで 、 結構硬派な天麩羅です (*^O^*)



8_up_20200510204601



わりと太めのエビは有頭で頭もほぼ食べられます 。
ちなみに天使のエビではありません 。

えんどうもガリッ 、 ブロッコリーもガリッ 。


やはり大盛りサイズなので結構お腹に来ます 。
これでも足りない人は 、 玉子かけご飯やミニ丼もあるのでセットでお願いすると良いでしょう 。


さて蕎麦湯と蕎麦猪口をお願いして仕上げましょう 。



9__20200510204601





蕎麦湯は濃いめで少しトロ身がありそのままでも頂けそうですが 、 せっかくなので盛り汁を割って頂きます 。



10_up_20200510204601



出汁の旨味と返しの風味が際立ってバランス良く混ざり合って美味しく頂きました 。
これでこの日の幸せ終了です 。


PS:
時節柄テイクアウトメニューもあるようで 、 お蕎麦を初め一品等々全17種類もある 。
お店は→和歌山市十二番丁23Ubldg.十二番丁1F
電話は→073-496-4427
営業は→11:00~21:30(LO21:00)
           日祝11:00~14:30(LO14:00)
お休み→不定休
最寄駅→南海和歌山市駅徒歩約15分
バス停→和歌山バス京橋バス停徒歩2分







|

« 山間の小さな集落で自然薯料理 「きたみせ」 | トップページ | 美味しい炒飯を求めて 和歌山市狐島は帛龍 »

お蕎麦の和歌山」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 山間の小さな集落で自然薯料理 「きたみせ」 | トップページ | 美味しい炒飯を求めて 和歌山市狐島は帛龍 »