« お酒頂きました 和歌山市は やまみち | トップページ | 柿の葉すしたなか丹生川店で柿の葉すし定食 »

2020年7月12日 (日)

いつ来てもマッタリ 紀の川市は「お食事処ますや」

ここしばらくステイホームで僅かな新着と結構な在庫処理となってしまっています (_ _)

さて今回は久し振り 、 国道24号沿い 、 老舗町中華 ? 大衆食堂 ? の紀の川市名手市場にある「ますや飯店」、 「 お食事処ますや 」の登場 。



1__20200712195901





なんとも古ぼけた 、 いや 、 味のあるお店は古くからご夫婦で営む元中華料理店 。


いや 、 現在も中華充実 。




2__20200712195901




国道沿いに建てられていた「 ますや飯店 」 の大きな看板は取り除かれ 、 今は入り口の上に色あせたその文字が残るのみとなっています 。



3__20200712195901




こちらの炒飯がお気に入りでたまにお伺いしているのですが 、 今回は初めてのカレー入り焼き飯と肉野菜炒めを頂きました 。



4__20200712195901




ランチタイムを大きく外しての訪れとなってしまったこの日 、 いつものとおりお客さんは ・ ・ ・ いません 。


5_1_20200712195901



で 、 いつもの席に座りメニューを見ます 。



6__20200712195901




TVでは新婚さんいらっしゃいの過去放送特集がそろそろ終わろうとしています 。
しばらくすると中華鍋をお玉でかき回すカシャカシャ音が聞こえだした 。

 (きっとこれは肉野菜炒めだ)

やはりまず野菜炒めが出されます 。
肉野菜というので牛肉かと思ったのですが ・ ・ ・




7__20200712200901



豚でした 。

筍メインで人参と豚肉 、 それに木耳とピーマンが入ります 。

    でもキクラゲってどうして木耳って書くのでしょうね ?



8_up_20200712200901




肉野菜炒めを摘まんでいると間もなく聞こえる




   カシャカシャ カンカン


    ガッコンガッコン !!

 




さあ 、 いよいよ焼き飯の始まりだ 。


肉野菜炒めは少し生姜を感じる八宝菜的味わいで 、 主役の豚肉はたくさん入っていました 。


で 、 出されたカレー入り焼き飯 。




9__20200712200901

 

 

フンと鼻腔をくすぐるカレー粉のスパイシーな香りだが 、 やがてこれがボディーブローのように舌に突き刺さるのだ 。

ハンカチを準備していざ実食 。

(香辛料反応型の私です)




10__20200712200901



匂いですでにジンワリきていた汗が 、 何口か味わっていると玉の汗に変わり額から顎につたう 。
優しい辛さがなかなか刺激的な味わいに変わっていき 、 最後にヒーヒー ハーハー 。

  やはり香辛料反応型の私にはタオル必需品 (..;)

 

 

11_up_20200712200901




いつもの見慣れた焼き飯とは全然違う色合いと味わい 。
玉子が目立たない分紅ショウガの赤が鮮烈でした 。



12_2_20200712200901





大汗をふきふきハンカチベトベトでお店をあとにしたのでした 。


やはり私にはノーマル炒飯が合っているのよね 。

そう思いながら 、


これでこの日の幸せ終了です 。


 

お食事処 ますや (旧?ますや飯店)


お店は→和歌山県紀の川市名手市場125

電話は→0736-75-2152
営業は→10:00~22:00
お休み→第2・4木曜
駐車場→店舗前に有り
最寄駅→JR名手駅 徒歩約5分

 

|

« お酒頂きました 和歌山市は やまみち | トップページ | 柿の葉すしたなか丹生川店で柿の葉すし定食 »

中華」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« お酒頂きました 和歌山市は やまみち | トップページ | 柿の葉すしたなか丹生川店で柿の葉すし定食 »