« 2020年9月 | トップページ | 2020年11月 »

2020年10月

2020年10月25日 (日)

和歌山県田辺市は龍神村 龍神蕎麦「和わく」

この日



   天気    いいっ !!




暑すぎる夏がようやく陰りを見せ 、 乾燥した秋の風が吹くようになりエアコンのお世話にならなくても充分快適に車を走らせる季節 。

久し振りにワインディングロードを走ろうと龍神村に訪れてきました 。

目標は和わく

駐車場にはバイクが三台だけで ,どこにでも車止めてくださいね状態 。



1__20201025180501



保育所のあとを改装したお店は 、 龍神村らしいウッディーなしつらえは和モダンを感じる 。



2__20201025180501



今回も前回同様鴨浸け蕎麦 。 それにバッテラを頂きました 。


3__20201025180501



黒ポチが散りばめられたお蕎麦は 、 見た目バッチリの田舎風に仕上げられています 。


4_up_20201025180501




ただ 、(・0・)



5__20201025180501




やはり鴨汁は ・ ・ ・


          ぬるい !!



もはやこれはお店のスタイル ? と言わざるを得ない 。

でもコッテリ過ぎずサラッとしているのにちゃんと美味しさを感じるのは私好み . 。o○



6__20201025180501



以前よりエッジが立っているようなお蕎麦を一手繰りすると 、 剥き実挽きぐるみの風味がフンワリと広がり 程よいコシを感じる 。


7__20201025181301



初めて訪れたときのお蕎麦から比べると随分綺麗に打たれています 。


8__20201025181301



バッテラも空気を含ませた押し加減でふっくら美味しい 。


9__20201025181301



最後の一切れは蕎麦湯と共に頂いてお店を後にしました 。


10__20201025181301



これでこの日の幸せ終了です 。


11__20201025181301

 



和わく

お店は→和歌山県田辺市龍神村甲斐ノ川443
電話は→0739-77-0677
営業は→11:00〜15:00
お休み→金曜日
駐車場→すぐ近くに第一・第二有り

| | コメント (0)

2020年10月19日 (月)

澄んだ塩スープを求めて日帰り温泉ラーメン 和歌山は湯浅町「ストライク軒」

随分以前にグーグルマップで旅していて見つけたお店 。
ようやく訪れてきました 。

近畿自動車道湯浅ICを降りて右に進み 、 どんどん山間に入るとやがて右手に二の丸温泉が出現 。

駐車場は二階建てでそれなりのキャパがあります 。



1__20201018235001



温泉の入り口を入ると左手にお店があり 、 券売機で食券を購入するシステム 。


2__20201018235001




特製湯上がり塩レモンラーメンと半炒飯を頂こうと思っていたのですがすでに半炒飯は売り切れ 。
他に玉子かけご飯(TG)やシラスご飯などが有ったのですがお金を入れてラーメンだけを


      ポ  チ



食券をお店の人に渡しカウンターの端っこに席を取りました 。

しばらくして出された特製湯上がり塩レモンラーメン 。



3__20201018235001



思っていたより透明度が低く透明度約30%という感じの濁り模様なのですが 、 一口レンゲで啜ってみるとコクがあって口の中に旨味が広がります 。



4_up_20201018235001



チャーシューと鴨ロース煮に味玉 、 そして刻みネギ・三つ葉とメンマが入り 、 その上にはナルトでは無く温泉マークの蒲鉾が (^.^)
さすが二の丸温泉店 。



5__20201018235001

 

6__20201018235001



チャーシューは厚みが有るのに柔らかい 。



7__20201018235001



しかも鴨ロース煮が添えられているのは嬉しい 。

   鴨大好きな私にとって ・ ・ ・


鴨は有田の紀州鴨を使用しているとのことです 。

少し驚いたのはメンマ 。



8__20201018235001



太くて長いメンマが1本なのです 。
でもこれも軟らかくて美味しかった 。


9__20201018235001

 

麺のコシは堅くも無く軟らかくもなく丁度良い歯ごたえで 、 素直に食べ進めることが出来るでしょう 。

ちなみに丼に描かれた女性の姿は ・ ・ ・



10__20201018235001



お店でスープを飲み干して確認してくださいね 。

美味しくラーメンを頂いて 、

これでこの日の幸せ終了です 。

 

ストライク軒 二の丸温泉店

お店は→有田郡湯浅町山田1638-1
電話は→0737-64-1826
営業は→11:00〜20:30 (LO20:00)
お休み→木曜日※年末年始・夏休み期間等は変動
お車は→店の横に二階建て駐車場有り
最寄駅→JR湯浅駅 車で約10分

| | コメント (0)

2020年10月11日 (日)

早なれと黄いそば 海南市は「べっちんさん」

昨年12月に茶がゆセットを頂いて以来の訪問 。
今回は飛び込みなので当然茶がゆセットは有りません 。


1__20201011221601



私的にはべっちんさんの茶がゆセットがとってもお勧めで 、奈良の〇〇〇〇に比べリーズナブルな価格なのにいかに美味しく茶がゆを楽しめるかという付け合わせが豊富に添えられているので 、 是非一度食べて頂きたい一品なのです 。 が 、この日は仕方有りません 。

今回もお庭を望む縁側の席を頂きました 。

注文は黄いそばと早なれ寿司のセットをお願いしました 。



2__20201011221601



黄いそばとは中華麺に和風出汁の汁を掛けた物で 、 和歌山や大阪などでは比較的古くから食べられている 。
スーパーなどで売られている茹で中華麺が黄色かったのでこの名が付いたのだが 、 黄そばではなく和歌山では黄いそばというのが土地柄なのでしょうか (^0^)



3__20201011221601



黄いそばとはいいながらべっちんさんの麺はかなり白っぽく 、 一見すると更科系のお蕎麦と見まがうような感じ 。



4_up_20201011221601



具材はシンプルに分葱とナルトに天かす 。
いわゆるかけそばだ 。


これぞ 和と中華のマリアージュ !


ちょっと言い過ぎ ?

学生時代に倶楽部が終わって夕食までの小腹を満たすのによく食べたのを思い出します 。



5__20201011221601

 


そして和歌山ラーメンには早寿司が定番マリアージュなのですが 、

ここで出されるのは早寿司ではなく 、


    早 な れ 寿司 !   だ



和歌山の郷土食なれ寿司は鯖の棒寿司を長期間漬け込んだ物で 、 滋賀の鮒寿司と並び癖のきつさが特徴なのですが 、 早なれ寿司は漬け込みを一日二日にした比較的アッサリとした癖のない誰にでも食べることが出来るなれ寿司なのです 。



6__20201011221601



食後にはデザートも付いています 。



7__20201011221601



手入れがされたお庭を眺め粒餡が載った抹茶ゼリーを食べながら 、 ホッコリ気分でお店を後にしました 。

これでこの日の幸せ終了です 。



8__20201011221601





べっちんさん

お店は→和歌山県海南市黒江659
電話は→073-488-3369 050-5597-4600
営業は→10:00~17:00(L.O.16:30)
お休み→火・水曜日
最寄駅→JR黒江駅(約1km)和歌山バス黒江(約650m)

| | コメント (0)

2020年10月 4日 (日)

早なれと黄いそば 海南市は「べっちんさん」

昨年12月に茶がゆセットを頂いて以来の訪問 。

今回は飛び込みなので当然茶がゆセットは有りません 。



1__20201004201301



私的にはべっちんさんの茶がゆセットがとってもお勧めで 、奈良公園に有る〇〇〇〇に比べリーズナブルな価格なのにいかに美味しく茶がゆを楽しめるかという付け合わせが豊富に添えられているので 、 是非一度食べて頂きたい一品なのです 。 が 、この日は仕方有りません 。

今回もお庭を望む縁側の席を頂きました 。

注文は黄いそばと早なれ寿司のセットをお願いしました 。



2__20201004201301




黄いそばとは中華麺に和風出汁の汁を掛けた物で 、 和歌山や大阪などでは比較的古くから食べられている 。
スーパーなどで売られている茹で中華麺が黄色かったのでこの名が付いたのだが 、 黄そばではなく和歌山では黄いそばというのが土地柄なのでしょうか (^0^)



3__20201004201301



黄いそばとはいいながらべっちんさんの黄いそばは中華麺と言いながらかなり白っぽく 、 一見すると更科系のお蕎麦と見まがうような感じ 。



4_up_20201004201301



具材はシンプルに分葱とナルトに天かす 。
いわゆるかけそばだ 。



これぞ 和と中華のマリアージュ !




ちょっと言い過ぎ ?

学生時代に倶楽部が終わって夕食までの小腹を満たすのによく食べたのを思い出します 。



5__20201004201301



そして和歌山ラーメンには早寿司が定番マリアージュなのですが 、

ここで出されるのは早寿司ではなく 、



    早 な れ 寿司 !   だ




和歌山の郷土食なれ寿司は鯖の棒寿司を長期間漬け込んだ物で 、 滋賀の鮒寿司と並び癖のきつさが特徴なのですが 、 早なれ寿司は漬け込みを一日二日にした比較的アッサリとした癖のない誰にでも食べることが出来るなれ寿司なのです 。



6__20201004201301




食後にはデザートも付いています 。



7__20201004201301



手入れがされたお庭を眺め粒餡が載った抹茶ゼリーを食べながら 、 ホッコリ気分でお店を後にしました 。

これでこの日の幸せ終了です 。

 

 

べっちんさん

お店は→和歌山県海南市黒江659
電話は→050-5597-4600
営業は→10:00~17:00(L.O.16:30)
お休み→火・水曜日
最寄駅→JR黒江駅(約1km)和歌山バス黒江(約650m)







 

| | コメント (0)

« 2020年9月 | トップページ | 2020年11月 »