« ニュータイプを頂いた 奈良県高取町は「そば切り麓香庵」 | トップページ | いつの間に・・ 和歌山市は布引 手打ちそば処 雅雅 »

2021年8月22日 (日)

奈良県下市町 老舗寿司店 おけ常 で柿の葉寿司

 

大淀町から天川村を経て熊野市へと続く国道309号 。吉野川に架かる千石橋を渡れば間もなく右手に 「 おけ常 」 が現れる 。
現在四代目がお店を切り盛りするお寿司屋さんである 。

この下市は昔から栄えた町で 、 古くは縄文時代に遡りその痕跡を見ることが出来 、 近世では吉野杉などを扱う商人や林業関係者などで賑わった 。
当然頻繁に市が立ち 、 下市という町の名に繋がったとのこと 。

少なくなったとはいえ 、 その名残を今に残す下市には老舗のお店もあり 、 このおけ常もやがてそうなるのでしょうか 。

さてこの日初めておけ常を訪れました 。

同じく国道沿いにある文久3年創業の寺坂には何度か訪れたことがあったのですが 、 桶屋さんから寿司屋さんにお店を変え70余年のこちらには何故か今まで縁が無くこの日に至ったのです 。


1__20210822154101



お店は寺坂のような風情はありませんが 、 入りやすそうなお寿司屋さん的雰囲気が漂っています 。

店内は6人掛けテーブル3卓に五人掛けカウンターと 、 思ったよりこぢんまりとしています 。


日替わりはおうどんとお寿司に小鉢が付いて780円とお得のようですが 、 残念ながらお寿司に付く柿の葉寿司は一つだけとのことで 、 夏季限定の素麺(温or冷)に柿の葉寿司5個が付く素麺セット(冷)780円をお願いしました 。



2__20210822154101

 


セットの小鉢にはなすびの煮浸しが 。



3__20210822154101




素麺は一把分だそうで具材は椎茸と錦糸玉子 。



4_up_20210822154101




麺の一本一本が艶やかで 、 キッチリと腰を残していて美味しい 。
氷が敷かれていてなんとも涼しげです 。



5_up2




やっぱり夏は冷や素麺に限りますよね 。


そしてこちらの柿の葉寿司は少しスクエアな感じでサイコロみたい  (°0°)



6__20210822154101




柿の葉を向いてみるとごはんは長方形ではなく正方形に近く 、 鯖の切り身は両端に折りたたまれていました 。

味は酸っぱすぎず甘すぎずのバランスですが酸味よりも塩味の方が強く 、 どちらかというと濃いめの味に仕上げられています 。



7_2_20210822155001




地方発送もしているのでお店で食べて気に入ったら取り寄せも可能です 。
テイクアウトも一つから可能で110円だったかな ?

日替わり定食が人気で 、 麺類や丼物・セット物もかなり充実しているので今度は試してみたいと思いお店を後にしました 。



8__20210822155001

 

 

これでこの日の幸せ終了です 。

 

おけ常

お店は→奈良県吉野郡下市町下市13-1
電話は→0747-52-2445
営業は→9:00~19:00(LO)
お休み→木曜日
駐車場→2カ所8台
最寄駅→近鉄下市口駅から車約3分

Photo_20210822160201

|

« ニュータイプを頂いた 奈良県高取町は「そば切り麓香庵」 | トップページ | いつの間に・・ 和歌山市は布引 手打ちそば処 雅雅 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ニュータイプを頂いた 奈良県高取町は「そば切り麓香庵」 | トップページ | いつの間に・・ 和歌山市は布引 手打ちそば処 雅雅 »