カテゴリー「洋食」の記事

2016年5月15日 (日)

激渋食堂「丸金」 和歌山市は島崎町

激渋食堂というウェブページがある。

ここは関東以西のディープで渋い食堂を紹介しているのだが、和歌山もすでに12軒の激渋食堂が紹介されている。でも私は是非この店も載せて頂きたい! そんな食堂が和歌山市の屋形大通り商店街にある「丸金」なのだ。

昼下がりのおやつ時にも 「来るならいつでも来なさい!」 まるでそう言わんばかりに静かに、あくまでも静かに門戸を開きたたずんでいる店だ。
昼時を過ぎ電気が消された薄暗い店内にはテレビの音だけが流れている。

1_

2_


しかし以前訪れてビールとトンカツを頂いている私は驚かないのだ。
店に入って席を取り「熱燗とチキンカツをお願い」。
そして間もなく電気が灯された。

3_

4_


テレビを見ていたお母さんがスポーツ新聞を持ってきてくれる。

5__2


まず熱燗を頂きながら読みかけの本を開きチキンカツを待つのだ。
う~~ん、これはかなり個性的な熱燗だ (お酒は何だ?)  (゜Д゜;)

6__2


しばらくの後ウスターソースと共に出されたチキンカツ。
オ~~~ッ!、以前頂いたトンカツ同様結構なボリューム  (^^;)
ポテトサラダと共に付く野菜もかなり多めなのだ!(ザク切りに近いけど)

7_up


店の中では外界と比べかなり遅い時間が流れているような錯覚に陥る。
ふと本から目を離すとおばちゃんはテレビの前で眠っていた。
お勘定800円を支払い、次回はお寿司を頂いてみよう、そう思いながらお店を後にしたのだった。
チキンカツは切り分けられているのだが、割り箸と共にかなり年季の入ったナイフとフォークも添えられていた事も報告しておこう。 (^・^)

丸金
お店は→和歌山県和歌山市島崎町1-13
電話は→073-422-4945
営業は→9:00~19:00
定休日→火曜日

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年2月17日 (水)

カレーヤで「玉吸い・バラホル1.5」 和歌山県和歌山市は湊紺屋町

南海和歌山市駅のすぐ近くにカレーヤという素敵な店がある。
店名はカレーヤだがカレー専門店という訳では無い。
もちろんカレーもあるのだが、カツなどのフライ物から丼物、お約束の中華そばまで揃うメニュー充実昔ながらの大衆的な食堂だ。
この日久しぶりに訪れてみた。

1__2

店の人気メニューはなんと言っても「バラホル!」(480円)
お客さんの大半が注文する品といっても過言では無い。
バラホルとは、 要は豚バラを濃いめの甘辛いタレで炒めたものなのだが、 これがご飯にメチャクチャ合う! まさに 「ご飯がどんどん進君的味わい」 なのだ。
当然ビールとの相性も抜群で ・ ・ ・ 「バラホル1.5とビールお願いしま~す」 (Wも有りますが私には無理です)


2_


見よ! この照り、このボリューム、これで1.5倍。
もう十年ぶりくらいか 、 、 これよこれこれこれなのよの懐かしい味。


3_up


緩めに溶かれた辛子に付けるとこれまたビールに良いっ  \(^O^)/
そして最後の〆にこれは外せません。 で、「玉吸い下さい!」。
正式には 「卵の吸い物」 だけど略して「玉吸い」(160円)。

3_


バラホル・ライス・玉吸いは黄金トライアングルなのだ。
出汁の利いたすまし汁に沈む半熟の落とし卵。

4_up


最初は出汁の効いたプレーンの味を楽しみ、途中から卵を割って黄身を軽く汁に溶き,まろやかさを増し加えながらまた違った味で楽しみます。
飲み終えてホ~~ッと一息。
ライスの代わりにビールでバラホルを頂き、そして玉吸いで締めた日でした。

5_


※400円~600円台のメニューがメインと比較的リーズナブル。


カレーヤ


Photo

お店は→和歌山県和歌山市湊紺屋町1-11
電話は→073-422-9325
営業は→11:30~14:30 17:00~21:00
定休日→日曜・祝日
駐車場→店の南に有り
最寄り駅→南海和歌山市駅 徒歩約3分

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2015年5月12日 (火)

苦み走った大人のドビでタンシチュー 和歌山市は「フライヤ」

久し振りにタンシチューが食べたくなりました。
私の初タン経験は就職間もない頃に先輩が連れて行ってくれたフライヤでした。
この時はおっかなビックリで口に入れたのですが、思わぬ美味しさにビックリした事を今も覚えています。

お座敷がメインの二階にあるテーブルコーナーへ席を頂く事に。
三階から聞こえるのは恐らくどこかの学校か会社の新歓コンパの拍手と歓声。

Photo

「タンシチューと生中お願いします」、「ライスはいらないですか?」、「いいですっ!」。
ということで、、

Photo_2

ここのタンシチューの魅力は先ず提供が早い! 量が多い!! そしてドビソースが良い!!!
ドビソース(ドビーソースとも言う)・・・ドゥミグラス→ドミグラス→ドビ (^0^)
デミグラスの酸味を苦味に変えたような感じで、焦げ臭い物ではなく、味としてのほろ苦さがほんのり舌にアクセントをくれるのだ。

Up

ライスが無くとも生中一杯でお腹を満たしてくれる。
キャベツのカレーソテーと酸味が効いたスバサラが添え物。
これが濃厚な味に爽やかさを添える口直しとなります。

勿論ライスにも合って、残ったドビソースをライスにかけてドビライスを楽しむのも良いでしょうね。
1、350円という値段には十分すぎる量と味の満足感
好みはあれど紀州人のソウルフード的洋食と思います。

フライヤ

お店は→和歌山市広瀬中ノ丁1-13
電話は→073-422-0115
営業は→11:00~21:00(LO)
お休み→年末年始
駐車場→有り
最寄り駅→JR和歌山駅

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年7月27日 (月)

お蕎麦でピザ 和歌山は紀の川市「カンパノーラ」

Dekikara 友人のT氏が美味しいお蕎麦を食べさせてくれるビザ屋さんがあるというので連れてってもらいました。
ピザやさんでお蕎麦???

Odemukae_2 訪れたのはこの時期桃販売店がたち並ぶ桃の町、紀の川市桃山町の山間。

車を停めると元気モリモリなトイプードルがお出迎えしてくれます。

ワンちゃんに案内されログハウスのお店に入ると、これまた石窯がお出迎え。

Isigama

Fuukei その客室を通り越すと山間の風景を見下ろすテラス席。
吹きそよぐ風が心地よさを感じます。

梅雨の中休み?

Mizu

Bosu そこには数匹のトイプードルと、とても味が有るボス犬のパグが一匹。
飄々としているんやけどみんなを統率しています。

何ともいえない雰囲気を醸し出してるんよ (^_^)

最初に出されたお水は清らかな湧水を3度濾過した無味無臭の透明感有る味。
保健所にも合~格wと太鼓判らしいです。

Towarisoba_2 玄蕎麦十割手打ちと、ピザはお店お勧めのトマトソースにベーコンとパプリカトッピング
・・・それに beer (*^^*ゞ T氏がドライバー

黒ポチお蕎麦をいただいた後にピザが出されます。

Piza

見た目も鮮やかで、食感も味も初めての経験!
ピザ経験未熟な私にはチョットしたカルチャーショック。
しっとり感を残して焼き上げられた生地はフンワリとして、不思議なバランスで甘味を主張するんよね。
(宅配やスーパーの物しか知らない物で ( ・o・)ハッずかしい)

Piza_up

Karasioil そこにご主人が魔法の薬味を持ってきます。
味噌漬けにした韓国唐辛子を刻んで、オリーブオイルに再び漬けたアクセント香辛料。
ご主人曰く日・韓・伊の競演。

これが風味のあるマイルドな辛さ。甘味さえ感じるんよ、ピザに少量かけていただけばGoo!タバスコより絶対これがいい!!(残念ながら販売はされていません)
生地の美味しさを伝えると「我が意を得たり」で、米食日本人のDNAを呼び覚ます味だとのことです。色々話を伺うと、能登で作られる低温生成の塩、愛すべき石窯、苦味を抑えた風味有るコーヒー。
偶然の出会いが重なって今があるようです。お塩も小皿で出してもらって、それをアテに美味しいお水。

Toipudol あっ! お蕎麦や。。。ん~~ん
帰り道で桃ジェラードと試食の桃一個食べてお腹パンパン (ハート)

これで本日の幸せ終了です。

追伸:パスタもあります。

カンパノーラ

お店は→和歌山県紀ノ川市桃山町善田384
電話は→0736-67-9077
営業は→11;00~20:00
お休み→木曜日
最寄り駅→JR和歌山線下井坂駅 車で20分程度

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2008年8月12日 (火)

メタボな夜 和歌山は串カツ「てんぞ」

暑い夜はまだまだ続きます。オリンピックに沸く世間では、北島康介が世界記録で金sign03  日本競泳陣で80年ぶりとなる個人種目の連覇。スピードレーザーレーサーがすごいのか、北島自身がすごいのか、まっ、何事もバランスということなんよね。それより実家のメンチカツが、スッゴイ人気で、高島屋でも売り切れだそうです。

Omise  そんな本日お勧めのお店は、和歌山の串カツ店 「てんぞ」。この店は私のお気に入りなんよね。開店間もないころから通わせていただいてるけど、麺好き・カツ好き・カレー好き(典型的な日本人でしょうか・・)の私、新世界の名店には負けないお味と思うんやけど heart01

Tennai_1 お店に入ると右手の壁にぎっしり、昔の和歌山の風景写真がはめ込まれていて、とてもレトロな感じなんです。

客席は大きなこの字型のカウンターのみ(6人くらい座れる小上がりのお座敷があれば尚いいんやけどネ)。

Sosu

当然二度付けお断りのソースは、串カツの脂っこさを和らげマイルドな甘さをまとわせてくれるんよ。これが要注意。何本でも食べてしまいそうになります。

Kusi_1

Kusi_2_4

新世界の串カツやさんはイッパイあって、「八重かつ」・「大西屋」・ご存じ「だるま」・大店舗に「朝日」など、数あるお店のカツは比較的ライトに揚げられていて、衣の色も薄きつね色が多いんやけど、「てんぞ」さんは一歩揚げ込んだきつね色でサックリ。

Kusi_3

お値段、一串80円からです。まだまだ若い大将やけど、試行錯誤で頑張ってるのが伺えます。和歌山へお越しの際は是非一度お立ち寄り。
 ちなみに私、新世界のお気に入りは「だるま本店」横の「越源」さんです。無愛想な大将が一人頑張っておられますが(ホントに頑張ってるの?)、何度もお伺いさせてもらってます。

「てんぞ」
場所→和歌山市12番丁19 和歌山市役所北東、ライオンズマンション2F
TEL→073-424-4389
営業は→11:30~13:30 17:00~23:00(LO22:30)
定休日→火曜・土日祝の昼
交通→公園前西バス停から徒歩5分

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年6月20日 (金)

お蕎麦だけと違うよ 大阪は貝塚トンカツの「ひうら」

よく河内長野方面へお蕎麦を食べに行くんですが、外環(R170)を走っているときにチョット気になるお店がありました。そのお店が「ひうら」です。

Hiura_1 人間油物の誘惑にはとても弱いもので、「カツ」という字にメッチャクチャ惹かれるんよねheart02 気になりながらも通り過ごしていた私に、そのきっかけをくれたのがtabearukiさんのブログ「関西食べある記」。と~ても美味しそうなビフカツの写真に居ても立っても・・・・(すみません、リンクを貼ってしまいました)。

Hiura_2 遅い時間やったけど、お客さんが五組おられました。お品書きには豊富なメニュー。どちらかといえばギュー!よりブー!が好きなんやけど、ブログの写真でギュー!に(結構迷い)。 まずは胡麻が出され、これをスリスリしていると、メインディッシュの登場です。

Hiura_3_3 粗い目パン粉の衣に包まれた赤~いお肉がと~っても魅力的。黒豚やヒレカツ、はたまたデミグラソースを振り切って選んだ逸品は、意外と脂っこくなく、サクッとしていてビックリです。擂りゴマソースとお塩の両方で頂きました(お塩いけます)。

Hiura_4 ジューシーなお肉はまるでステーキをたべてるよう! 是非次回は黒豚かデミグラかけを食べてみようと心に決めました(^v^)

後ろのお客さんが生ビールを飲みながらお食事してたのが、とても羨ましくも楽しげで、残念・・・

トンカツの「ひうら」さんは、貝塚・R-170(外環)沿いで、泉佐野からやと三松団地南交差点の西100m、北側です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月22日 (木)

新世界に負けない和歌山の串カツ 「てんぞ」

突然ですが、「てんぞ」の串カツは絶品です。唐突ですみません。実は和歌山市には新世界に負けない串カツのお店があるんです。ここ数年新世界の串カツはテレビで有名になった「だるま」がダントツ人気になってるけどね! 閉店間際のお店を赤井英和が再興したんで人気大爆発やけど(これがきっかけで新世界が有名になったんやと思うけど)、何かアメリカンドックを食べてるような気がするのは私だけでしょうか? じゃんじゃん横丁に「八重かつ」という老舗があるんやけど、私好みはこちらです。でも、もっと私好みがあるんよ。路地裏にある「・・・」、店名忘れました。カウンターだけの店に無愛想なご主人。店内にはラジオ放送が流れます。こんどはちゃんとお知らせします。

いえいえ、本日新世界の話ではなく、「てんぞ」のご紹介でした。からっと揚がった串カツに、二度付けお断りのソース。これが案外アッサリと頂けます。ビールのお供にジャスピン。サイドメニューにおでん等あるけど、やっぱり串カツが一番。種類も豊富で楽しめます。さすがにお値段は新世界とはいきませんが、結構リーズナブルです。

今回写真は無いけど次回ご報告には写真を掲載します。

いや~っ、ここの串カツはうまい(個人好みはあるけどね!)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)