カテゴリー「中華」の記事

2021年6月13日 (日)

焼きあご煮干し出汁 ! 和歌山市は「やぐら」

最近いながらにして各地のラーメンを食べることが出来るようになった 。
北は北海道、東京神奈川から南は福岡や鹿児島まで 。
一番新しいのは東大阪の高井田系 。

お蕎麦も関の東西を問わず異文化交流ですが 、 ラーメンもそういうことなのでしょうね 。

さて、今回ご紹介するお店はやぐら 。



1__20210613173601



らーめん好きの方から何を今更 、 そう言われてしまいそうですが 、 実は暫く前に初めてお伺いしたとき頂いた


   焼あご煮干しラーメン 美味 !!



これが殊の外気に入ってしまいまして 、再訪まで果たしてしまいました 。

店内はウッディーなデザイン 。



2_1_20210613173601




基本メニューはオーソドックスな豚骨醤油と豚骨があり 、 その変化系でバリエーションが豊富となっている 。



3_2_20210613173601



そんな中で別に貼り出ししていたのが



4__20210613173601




焼あご煮干しラーメン !!

トッピングで炙り叉焼一枚載せてもらいました 。
 ( 結構存在感有りです )



5__20210613173601




同行者はコーンバターラーメン 。

そして私の焼きあご煮干しラーメン 。

 

 

6__20210613173601



まずは気になる濃い色のスープから 。

つーッ

エッ ? これなーに ?

お~~かなり美味しいではないですか !!

コッテリそうでコッテリじゃない 。
でもガツンとくる旨味が舌に広がり 、 香りが口中から鼻孔へと抜けていく 。

決して焼きあご出汁を主張している訳ではなく 、 反対にそこはかとなくコクを主張している感じ 。

  あくまでも控えめに 。

     魚介系のいいとこだけを引き出している 。



       しまった ・ ・ ・



      ツボにはまったかもしれない 。



7_up_20210613174601




そして炙り叉焼の存在感はいい 、 柔らかくて香ばしくてお肉の味が出る 。



8__20210613174601




けど 、チョット ・ ・ ・ 薄い ・ ・ ・ か 。



10__20210613175001



せめてこれくらいあったらいいのにね !
1枚250円と380円の差はデカいかも (x_x)

当然、標準装備のものだけで十分なのだが 、

   初めてなので頼んでしまいました (;^^)ヘ..



9__20210613174601



麺オンでも別皿でも出してもらえるみたいです 。

麺は中細でコシも適度に決まっています。



11__20210613174601




叉焼はさておき 、 餃子 、 しかも羽根つきの 。
これはなかなか見応えがあります 。



12__20210613174601




お皿が隠れてしまってます 。
食べるのにチョットこつ入りますけど (^0^)



13__20210613175601




スープのインパクトが強すぎて餃子の味を思い出せない 。

ごめんなさい 。

お詫びに麺UPをもう一回  (;^^)ヘ..




14_2_20210613175601



これでこの日の幸せ終了です 。



15__20210613175601




やぐら

お店は→和歌山市小雑賀574-4
電話は→073-425-0567
営業は→11:00~翌4:00 / 毎水曜11:00~24:00(要確認)
お休み→無休
駐車場→敷地内22台
最寄駅→JR宮前駅 約1.4km
最寄IC→阪和道和歌山南IC(ETC専用)約5km

| | コメント (0)

2021年5月27日 (木)

透き通ったスープを求めて 和歌山市は美食麺家冇問題(モウマンタイ)

和歌山市に昔から有る古い市場 「 七曲市場 」 。

現存するアーケード市場では一番古いかもしれない 。

現在はお肉屋さんや魚屋さん ・ 八百屋さんにかしわ屋さんなど七八軒のお店が営業しているに過ぎないよくあるシャッター街と化しているが 、 一頃まではお寿司屋さんや食堂などもあるかなりの賑わいを見せていた市場だ 。



1__20210527084701



近年台湾夜市として屋台などが出るイベントが行われているのだが 、 そんな市場の一角にラーメン屋さんが開店していた 。

グーグルで旅していて偶然発見 。 マップにはラーメンとだけ記されていたのですが 、 クリックしてみると「 美食麺家冇問題 」 という意味難解 ・ 判読不可能な文字が現れた 。

調べてみるとどうやら 「 モウマンタイ 」 と読むようだ 。

さっそく行ってきました 。



2__20210527084701

 

 

入り口は広いガラス張りで店内は明るくルーミー 。
アーケード内は薄暗いけど女性だけでも入れそうなお店 。

2人掛けテーブル2卓とカウンター2席という究極のこぢんまり感 。



3_1_20210527084701




ラーメンはワンタン麺と担々麺の2種だけというなんとも潔い品揃え 。
それにデザートも小豆豆花と黒胡麻糖水の2種 。


もちろんこの日のお目当ては


         ワンタン麺 !

 

 

4__20210527084701




透き通ったスープはほんの少し醤油がかった色で 、 昔ながらのラーメンのようですが表面には油が浮いておらず 、 アッサリとしている印象だ 。



5__20210527084701




ミンチがチョボチョボッとだけ入った薄っぺらいワンタンが入るエースコックのワンタン麺世代には信じられないような


      肥 満 気 味 ワ ン タ ン (゚◇゚)



6__20210527084701




こっ 、 こっ 、 これはまるでシュウマイではないでしょうか (;゚ロ゚)

で 、 何がこんなにワンタンを太らせているのか 。


それがこれ 。



7__20210527084701




    タップリ詰め込まれた海老です 。



なんと具材の殆どが海老のようなのです 。

プリプリの食感で海老の風味が広がるワンタン 。

麺は乾麺なのでしょうか ?

食感が生麺とは違って不思議な感じがします 。



8__20210527084701




アッサリとしたスープと相まってスルスルと胃の腑に収まっていきました 。


 

9__20210527084701




さてデザートにチョイスしたのはあずきのトゥファ小豆豆花の方です 。

それに香港ミルクティー (だったと思う (..;) ) 。



10__20210527085901




カシューナッツが入り香ばしさがプラスされた小豆豆花
シンプルながら複雑な味わいが楽しい 。



11_up_20210527085901




トロトロの食感は掬い上げると粘りがあって 、口に入れると仄かな甘味が素敵でとても食べやすい味 。



12__20210527085901




牛さんの絵が描かれたカップで出される香港ミルクティー 。



13__20210527085901




無糖で飲む香港ミルクティー小豆豆花の程よく広がる広がる甘さにピッタリでした 。



14__20210527085901



これでこの店のメニューの半分以上は


     こ の 日 制 覇 !! (^0^)



残る担々麺と黒胡麻糖水は次の機会に片付けようと思います 。




15_2_20210527085901



ご主人は本場のワンタン麺を食べてこのお店を出されたそうですが 、 蓋を開けると意外や意外 、 ワンタン麺より担々麺の方が人気があるそうです 。

因みにその担々麺はそれほど辛くはないので安心してお食べくださいとのことでした 。

これでこの日の幸せ終了です。

(今週は日曜が忙しく 、 少し早めの更新となりました 。)

 

 

美食麺家冇問題(モウマンタイ)

お店は→和歌山市東長町2-39
電話は→固定電話はありません
営業は→11:00~15:00
お休み→火曜日
駐車場→七曲市場駐車場
最寄駅→南海和歌山市駅

Photo_20210527090601

| | コメント (0)

2021年5月23日 (日)

ボリュームありすぎ 和歌山県かつらぎ町は中華厨房まきの

この日ドライブがてらにかつらぎ町へ 。

お昼ご飯は紀の川市のますや飯店で五目蕎麦とおかず二品位を頂いてと思っていたのですが 、 いや 、 かつらぎの中華厨房まきのに行ってみようと訪れました 。

ラーメンと焼き飯や天津飯・中華飯などのセットメニューは1080からで7種類で 、 味噌ラーメンはプラス100円 。

定食は色々入って大満足の中華定食1380円
具が盛りだくさん 香ばしい揚げそば定食1000円
特製厨房定食980円
エビチリ定食1380円
八宝菜定食1280円
酢豚定食1280円

お願いしたのは中華定食1380円

メニューの写真からはそう思うことなく色々な料理が入っていたので頼んでしまったのですが 、 これが大変なことに 。


1__20210523162801

 


エッ ! これって ・ ・ ・ とっても


    ボ リ ュ ー ミ ー !



し ま っ た  !


こっ 、 こっ 、


これって 食べきることが出来るのか !!


右からエビ玉 ( カニの解し身も入ってます )



2__20210523162801

 


真ん中は酢豚です 。

小振りながら豚肉も十分 。



3__20210523162801



エビ天2尾と唐揚げ2個 。

唐揚げは外はカリッと揚がり 、 中は柔らかくジューシーで結構食べ応え有りました 。



4__20210523162801




ビーフンの酢の物と柴漬け 、 そしてデザートの杏仁豆腐
それにとろみ有るスープ



5__20210523162801



最初は美味しいと食べ進んだのですが 、 、 、


やはり私にはかなり


     ボリューミー !!


その結果 、 ご飯半分と杏仁豆腐を残してしまいました 。

でも 、 それでも


    頑張ったのですよぅ !!!


          そう言い訳しながら 、

 

6__20210523162801



せめて量の少ない厨房定食にしたら良かった 。

そう思いながら 、 お店の人に謝りながら ・ ・ ・

お腹パンパンでお店を後にしたのでした 。


これでこの日の ・ ・ ・ 終了です (;^^)ヘ..


 

中華厨房まきの

お店は→和歌山県伊都郡かつらぎ町笠田東400−7
電話は→0736-22-8011
営業は→11:00~15:00、17:00~22:00
お休み→無休
駐車場→店舗前に23台
最寄駅→JR笠田駅 700m 徒歩8分
最寄IC→京奈和自動車道かつらぎ西IC 1.6km

Photo_20210523162801





| | コメント (0)

2021年3月28日 (日)

紀の川市ますや飯店で焼き飯と揚げそば

 

和歌山県の桃の生産高はなんと


    全 国 4 位 !!



なのです。

中でも紀の川市桃山町から東にかけて作られる桃は


      あら川の桃


として知名度がかなり高いブランド品なのだ 。



1__20210328112101



この時期県道和歌山橋本線を走ると両側にある桃の木にはピンクの花が咲き乱れ 、 菜の花の黄色と相まってとっても綺麗なのです 。


2__20210328112101

 


あと数ヶ月で沿道は桃の直売所で一杯になるでしょうね 。


さてある日曜日のこと 。
何故か無性に炒飯が食べたくて思い立ったお店は 、

これもまた何故かますや飯店だった (^0^)


  ますや飯店で焼き飯を食べよう !!


と言うことでやってきたのは紀の川市名手市場にある国道24号沿いのお店 。



3__20210328112101



今回初めて同行二人で訪れました 。

注文したのは私が焼き飯と野菜スープ 、 同行者は揚げ焼きそばです 。

奥様に炒飯にはスープが付いていますよ ! そう言われ 、

知ってます 。

    知ってますけど ・ ・

       野菜スープがあ


         ほしいんです !!

 

4__20210328112101




揚げ焼きそばはパリパリに揚げたおソバに八宝菜をかけたもので 、 長崎名物皿うどん的なもの 。



5_up_20210328112101

 


あちこちの町中華でもメニューに並ぶ品 。

そして私の焼き飯 。



6__20210328112101




こちらの焼き飯はシンプルな味付けでとても私好み 。
シンプルと言ってもキッチリと美味しさがあって 、 ご飯がフワパラで一粒一粒が独立している



7_up_20210328113001



無化調かどうかは私にはわかりません 。

でも町中華の美味しさって言う物があると思います 。



8_up2_20210328113001

 


野菜スープもホッとするような優しい味付け 。

そして 野菜もシャキシャキ して楽しい食感 。

この日は寒かったのでほっとさせて頂きました 。



9__20210328113001



お腹いっぱいでお店を後にしました 。


これでこの日の幸せ終了です 。

 

ますや飯店

お店は→和歌山県紀の川市名手市場125
電話は→0736-75-2152
営業は→10:00~22:00
お休み→第2・4木曜
駐車場→店舗前にあり
最寄駅→JR和歌山線名手駅約300m

Photo_20210328113001

| | コメント (0)

2021年3月 7日 (日)

和歌山城を一望 中華レストラン 蘭香園

私はお蕎麦が大好きです 。

      でも ・ ・ ・

炒飯も    大 好 き !!



しかもフワパラしっとり系からパラパラしっかり系まで守備範囲なのですが 、 コッテリオイリーで濃い味付けは苦手 。

この日 、 和歌山市のダイワロイネットにある蘭香園へお伺いしました 。
店内は高級感と言うより落ち着いた雰囲気で 、 窓からは和歌山城が一望できます 。



1__20210307163001



メニューはホテル内のお店としては比較的リーズナブルで 、 特にラーメン定食や麻婆豆腐定食などのランチの定食は6種類すべてが900円 。

でもこの日お願いしたのは私が海鮮ラーメン( 多分 ) 、 同行者はフカヒレ麺セット 。
それにエビ炒飯を一つお願いして二人で分けることに 。

そしてこれがフカヒレ麺セット 。



2__20210307163001



点心三種と揚げ物に酒にサラダとデザートが付きます 。


3__20210307163001

 

4__20210307163101



いかにもコラーゲンが入っていそうなフカヒレ麺 !

知らんけど ・ ・ ・



5_up_20210307163001


炒飯も来ました 。
海老も結構入っていて美味しそうです 。


6__20210307163001



レタスも入っていて色合いもいい感じ 。


7_up_20210307163701

 

味付けもそんなに濃くなくて程よい味わいがいい 。

最後に海鮮ラーメン 。


8__20210307163701



これもなかなかの物で 、 旨味もしっかり感じるのですが 、 濃すぎることのない味は好感が持てます 。



9_up_20210307163701

 

干しエビが香ばしさを添えていました 。


10__20210307163701

 

相対的に私好みの味わいで 、 素材の味を生かしてる感じだと思います 。

次回は私がフカヒレ麺を頂きたいと思いながら 、

これでこの日の幸せ終了です 。



中華レストラン 蘭香園

お店は→和歌山県和歌山市七番丁26-1 
    ダイワロイネットホテル和歌山 モンティグレ 3F

電話は→050-5595-6758
営業は→11:00~14:30 17:00~22:30
お休み→無休
最寄駅→JR和歌山駅徒歩約20分
南海和歌山市駅徒歩約16分
最寄バス停→和歌山バス公園前

| | コメント (0)

2021年2月14日 (日)

元ホテルのシェフの中華 大阪は泉南市 やぐら

グーグルマップで旅していたとき見つけたお店で 、 かなり以前からマークしていたのですが 、 この日ようやく訪れることが出来ました 。



1__20210214173001



13時30分 、 最後のお客様がお勘定をするところでした 。
お店は4人掛けテーブルが3卓と二人掛けテーブルが2卓に 、 奥の小上がりには6人用座卓が二卓有ります 。


2__20210214173001



ランチメニューには数量限定の日替わりと飲茶や焼きそば 、 炒飯などのランチセットが数種類あるのですが 、 炒飯か餡かけ焼きそばのセットのどちらにするかかなり迷い 、

            広東風餡かけ焼きそば !


をオーダー !!

もちろんご飯少なめで 。



3__20210214173001




メインの餡かけ焼きそばに飲茶二種とご飯が付くセット 。



4__20210214173001



飲茶には海老餃子とシュウマイが入っていて 、 ザーサイとデザートの杏仁豆腐 、 それに飲茶用の溶き辛子が小皿で添えられていました 。



5__20210214173001



菜っ葉は青梗菜でしょうか 、 そして筍や椎茸などに加え海老と浅蜊 、 それに貝柱が入っています 。


麺は片面をきつね色に焦がした堅焼きで 、 混ぜながら一手繰りすると焦げたところと焦げてないところのコントラストが楽しく頂ける物です 。



6_up_20210214173001



庵はとろみが強すぎず麺に程よく絡みつく物で 、 味はあっさりとした薄味と思うのですが 、 その隙間から旨味がにじみ出る感じなのです 。

濃い味大好きな人が食べると物足りなく感じるかもしれませんが 、 いやいやちゃんと旨味がくっついてきます 。



7__20210214174001



アッサリとしているのに物足りなさを感じないのは 、 海鮮や椎茸などの旨味が出ているからなのでしょうね 。

アッサリなのに満足感あるとても美味しい餡かけ焼きそばでした 。

次回は是非炒飯セットを食べてみたいと思いながら ・ ・ ・

これでこの日の幸せ終了です 。

 

中国料理 やぐら

お店は→大阪府阪南市光陽台1丁目16−12
電話は→072-473-4649
営業は→11:30~14:30 17:30~21:30
お休み→不定休
駐車場→店舗前に有り
最寄駅→南海 鳥取ノ荘から約650m

 

Photo_20210214174001

| | コメント (0)

2021年1月24日 (日)

清乃の塩ラーメンを頂いてきました @和歌山市毛見

某グルメサイトで人気の和歌山県有田市にある 「 清乃 」 。
和歌山市内では近鉄百貨店デパ地下にもお店はあるのですが 、 最近毛見にもお店を出していると知りました 。

国道42号沿いにあるマンション1階にあるテナントのお店は店頭に数台駐車場がありますが 、 第二駐車場も有るようです 。

初めて訪れたこの日 、 開店11:00を少し回った来店なのですが 、 すでに二組のお客様がおられました 。



P1060378




カウンターの隅っこに席を頂いたのですが目的は当然決まっております 。


   塩 を 細 麺 で  !


ラーメンを待っている間に幾組かのお客さんが訪れてきます 。
皆さんお早い昼食なのですね !

さあアッサリ塩ラーメン着丼です 。




P1060372




予想していたよりも透明度は低く 、 30%と言うところでしょうか 。

大きめ薄切りチャーシューと厚切りメンマに細切りネギと刻み玉葱 ? 白ネギ ? 、 それにヤングコーンが載ります 。

まずはスープから ・ ・ ・ 


      濃 い !



最初に香ばしさが口に広がり 、 アッサリ感よりコッテリ館がどーんと前に出て 、 暫くして引いていく感じ ?


          美味しい 。



          美味しい 。




P1060377




旨味満載感のスープは私が求める透明度が高く 、 スッキリとしたキレのある味では無いけれど 、 かなり素敵なコクを演出しています 。

麺はと言うとこの旨味スープが絡んだ細麺が口の中に手繰り込まれます 。




P1060374




細い麺と麺の間に絡むスープと麺の味が渾然一体となって喉の奥に落ちていく 。

さすが某グルメサイトのラーメン1位を獲得したお店というところでしょか 。

もちろん完食完飲したのは言うまでもありません 。

次回は基本の和歌山ラーメンを頂いてみたいと思いながらお店を後にしました 。

これでこの日の幸せ終了です 。



P1060379



清乃

お店は→和歌山市毛見1106-2 メゾン浜の宮 1F
電話は→090-1590-6609
営業は→11:00~15:00 18:00~21:00
お休み→月曜
駐車場→店舗前と第二駐車場があるようです。

| | コメント (0)

2020年12月13日 (日)

澄んだ塩スープを求めて 和歌山市は近鉄百貨店「可口楽」

以前海鮮餡かけチャーハンを頂いた可口楽本店が近鉄百貨店和歌山店の地下にあるイートインコーナーにお店を出していて 、 ここでは塩ラーメンやレモン塩ラーメンを出しているとのことでお伺いしました 。


近鉄デパ地下には何軒かのお店が出店していてその中の一軒が可口楽 。
10席足らずのL字カウンターはほぼ満席で 、 この日は二組の待ち客です 。

順番がきて着席し 、 注文はもちろん塩ラーメン・炒飯セット 、 同行者は野菜たっぷりチャンポン 。

まず出されたのは野菜たっぷりチャンポン 。



1__20201213181401




なるほどキャベツタップリで 、 人参と水菜にわかめが入っています 。



2__20201213181401



これはこれでなかなか美味しそう 。

そしてこれが私の塩ラーメンと炒飯のセット 。



3__20201213181401



どうでしょうか ?
思っていた以上にクリアーなスープで 、 透明度50%以上有るかもしれません 。



4__20201213181401



でもスッキリとした味わいの中にキッチリと旨味を溶け込ませ 、 確かにアッサリとしているものの旨味をキッチリと感じさせます 。

これ 、 理想的な塩ラーメンです 。



5__20201213181401



なかなかおいしい塩ラーメン 。



6__20201213181401



炒飯も素敵で 、 程よく油にコーティングされていて 、 単品でもお願いしたいものでした 。


7_up_20201213181401



再度食べてみたいと思う塩ラーメンに出会え 、 、 、


これでこの日の幸せ終了です 。


 

可口楽和歌山近鉄店

お店は→可口楽 近鉄百貨店イートインコーナー
電話は→073-433-1122
営業は→10:00~19:00
お休み→近鉄の店休日による
駐車場→けやき通り地下パーキング
最寄駅→JR和歌山駅すぐ

| | コメント (0)

2020年11月22日 (日)

超人気店ようやく到着 和歌山県橋本市 「 麺匠 中うえ橋本店 」

塩ラーメンが美味しそうで以前からチェックしていたラーメン屋さん 「 麺匠中うえ橋本店 」

ようやく訪れることが出来ました 。

京奈和自動車道の橋本東ICから約650m 。
県道104号左手にあるテナント内の一角にお店はある 。

休日の開店時に訪れた1度目は 、 すごい数の待ち客で断念 。
2度目は平日だったのですがそれでも待ち客多数 。
そして3度目の平日に訪れると待ち客2組 。
店前に置かれる来店名簿に記入して待つことしばし 。
名前が呼ばれました 。

券売機でボタンを押すのはもちろん


   魚 貝 塩 そ ば !!


1__20201122220901



配されたらーめんは透明度30%程でしょうか 。
私の中の透明度ではありませんが ・ ・ ・

まずスープを一口 。


    美味しい !



2__20201122220901

 


魚貝塩なのですがその個性をあまり前には出すこと無く 、 そこはかとなく控えめに ・ ・ ・



         魚貝系ですよ !!



って主張する感じ 。



3__20201122220901

 


それでいてキッチリとコクをもっている 。

これはいいぞ 、 いや危険だ 。
最後まで飲みきってしまう味だ (・0・)

さて麺はと言えば平打ち加減のプックリとしたストレート 。
一手繰りすると食感が面白い 。



4__20201122220901



モチッとしているというかムッチリというか 、 とにかく楽しい食感 。
味も麺そのものを味わいたい感じなのだ 。


5__20201122220901

 

チャーシューは豚と鶏の二種で 、 鶏はまるでたたきのような味と食感 。

最後は餃子です 。

 

6__20201122220901

 

これもなかなか美味しく頂きました 。


これならこの人気ぶりにも頷ける。

そして
思った通りスープを飲み干してしまった私でした (~_~;)


これでこの日の幸せ終了です 。




麺匠 中うえ 橋本店

お店は→橋本市隅田町垂井49-2
電話は→0736-33-0122
営業は→11:00〜14:30
お休み→SNS参照
駐車場→共同駐車場多数有り
最寄IC→京奈和道橋本東IC約650m
最寄駅→JR隅田駅から徒歩12分

 

Photo_20201122220901

| | コメント (0)

2020年11月 1日 (日)

餡かけ炒飯が食べたくて 紀の川市は台湾美食「裕福」

裕福で以前食べた炒飯はお米の一粒一粒がぱらっと炒められ 、 口の中でハラハラと散らばるご飯が美味しかったのですが 、 少ししっとり系でも充分美味しく感じる私です 。

今回これに餡がかけられた 、 いわゆる天津飯の炒飯版である餡かけ炒飯を頂きました 。



1_1_20201101210201



この日紀の川左岸に連なる山の中腹にある広域農道(紀の川フルーツライン)を走ってみようと思い出かけてきました 。


2_2_20201101210201



あいにくの曇り空ではありますが 、 紀の川左岸の和泉山脈に低く垂れ込めた雲がそれはそれで素敵な風景を見ることが出来ました 。


3_500c



そしてこの日この場所へ私を運んでくれたのが今回初披露のアバルト500C 改 。
もう10年近く私の友として頑張っている車です 。
ナンバーは昔載っていたアウトビアンキA112アバルトに合わせています 。

さてお昼ご飯は台湾美食「裕福」 。
一度ここの餡かけ炒飯を食べてみたいと思っていたので訪れてみました 。



4__20201101210201



配された注文の品はキッチリと炒められた炒飯に餡がかけられ 、 意外にもあっさりとして食べ飽きしません 。


5__20201101210201



餃子は前回頂いた物と同様カリフワ 。


6__20201101210201



キッチリと味が付けられていてタレを付けるまでもないのですが 、 醤油を控えめにしてお酢を多めに入れたタレで頂くとさっぱり感が増します 。


7__20201101210201



どれも美味しく頂いてお店を後にしました 。


8__20201101210201



帰り道は海南市経由で彼岸花を見つけ 、 茅葺き屋根の家をバックに写真を撮り季節を感じたのでした 。


9__20201101210201

 

これでこの日の幸せ終了です 。

 

台湾美食 裕福 名手店

お店は→和歌山県紀の川市名手市場444-1
電話は→0736-677-657
営業は→11:00~14:30 17:30~24:00
お休み→無休(1月1日・1月2日のみ休み)
駐車場→10台以上
最寄駅→JR名手駅徒歩約10分

| | コメント (0)

より以前の記事一覧