カテゴリー「お蕎麦の大阪」の記事

2018年6月17日 (日)

初めての平日訪問 貝塚市の蕎麦は 「 仙太郎 」

貝塚 。
かつて旧日紡貝塚 ( ユニチカ貝塚 ) の工場があり 、 往年のバレーボールファンたちにはよく知られる町だ 。
旧日紡の女子バレーボール部は 「 東洋の魔女 」 と呼ばれ 、 世界に恐れられたチームで 、 東京五輪で金メダルを獲得した日本代表の母体となった実業団チームなのだ 。

そんな貝塚で久しぶりにお蕎麦を食べてまいりました 。
平日 、 午後1時過ぎの 「 仙太郎 」 では三組のお客さんがお蕎麦を楽しまれておりました 。


1_



この日もちろん蕎麦屋酒 、 なので早速の注文はお酒と蕎麦前のお供 !


Photo

Photo_2



蕎麦掻きと豆腐もろみ漬け 、 そして絶対頂きたい浅草千住葱の天麩羅 。


2_



まずはお酒から ・ ・ ・
北島 ( 滋賀県 ) 一合

暫くして蕎麦掻き登場 。


3_



ざっくり粗挽き粉で練られた蕎麦掻きはお蕎麦そのものを楽しめて 、 わさびをのせて醤油にチョイ浸けすると 、 お酒のお供にもバッチリなのです 。
蕎麦米がいいアクセント 。


4_up



次に出されたのは浅草千住葱の天ぷら 。

白葱は煮たり焼いたりすると甘みが膨らみとてもおいしいのですが 、 天ぷらにしてもなかなかの逸品 。

熱々を口に入れるとホワホワで 、 一噛みすればフワサク 、 そしてネットリとしたネギのとろみ 、 最後に甘みがジュワッと口一杯に広がります 。


5_



白ネギというシンプルな素材の天ぷらがこんなにも素敵で美味しいお酒のお供になります 。

そしてこのタイミングで豆腐もろみ漬け ( 山ウニ豆腐 ) 。


6_



これも日本酒に合うのよね 。
( いえ、日本酒が合うのです )


          と 、   いうことは 、 もう一杯飲めと ?


飲みます飲みます !


7_



凌駕 ( 新潟 )
冷酒用のガラスのお猪口がとても涼しげ 。


7__2





で 、 お蕎麦といたします 。


8_



鴨汁蕎麦 。
少し粗めの蕎麦粉がブレンドされた透け感あるお蕎麦 。
ある意味凡愚系のお蕎麦をいただけます 。

もちろん汁無しで頂けるのですが 、 せっかくの鴨汁が熱いうちにチョイと浸して頂きましょう 。


9_



鴨汁には細かく刻まれた鴨肉が入り 、 鴨の旨味を楽しめるのですが ・ ・ ・


10_



私的には刻んでいない鴨肉が数枚はいっている方が ・ ・ ・


 好み   です 。


11_



薬味には京都原了郭の黒七味が添えられます。

コッテリ過ぎない旨味たっぷりの鴨汁はいい感じで ・ ・ ・

蕎麦猪口と共に出される蕎麦湯で割ると 、 とーても美味しく仕上がるのです 。


12_



穏やかながら旨味が直球で舌に広がって 、 ホーッと一息つくことが出来て 、 〆にとてもよろしいかと 、 、 、


13_



駅近で美味しい蕎麦や酒がリーズナブルに頂けるお店 。
また近いうちに訪れよう 。

そう思いながら貝塚駅を目指したのでした 。

これでこの日の幸せ終了です 。

PS : メニューをめくっていると ・ ・ ・


Photo_3

Photo_4



    合鴨の塩焼きがあった !  ( ^.^)( -.-)( _ _)
 次回は是非とも頂かねば !!


Photo_5





仙太郎

お店は → 大阪府貝塚市海塚3丁目7-9
営業は → 11:30~14:00(LO) 18:00~21:30
電話は → 072-477-6559
定休日 → 月曜日
最寄り駅 → 南海貝塚駅 徒歩約3分
駐車場 → 有り(3台ほど)

続きを読む "初めての平日訪問 貝塚市の蕎麦は 「 仙太郎 」"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年6月 3日 (日)

杭全交差点の「いおり」でお蕎麦 大阪市は杭全

「 杭全 」 と書いて 「 くまた 」 と読む。
大阪人はこの地名を読める人がほとんどだと思いますが 、 府外で読める人はかなり少ないと思います 。

この2文字は 「 くい 」 と 「 まったく 」 なので 「 くまた 」 なのか。
地名って結構難しい読みが多いですよね 。


さて 、 大和路線 ( 関西本線 ) 東部市場前駅にほど近い杭全交差点にあるおそばやさんが 「 和とお蕎麦とお酒 いおり 」 だ 。


居酒屋蕎麦と思いながらも気になっていたお店だったのですが 、 思い切って訪れてきました 。


1_



店内に入ると右手にテーブル席 、左 手にカウンター 、 奥には小上がりが三卓ほどあります 。


12_



午後1時前 、 入り口テーブルには一組のお客さん 。
三人連れの私たちは奥の小上がりに案内されました 。

メニューを開くと結構品数が多く 、 お酒のお供もしっかりと用意されているようで 、 しかもそれなりにリーズナブルな価格設定なのです 。


とりあえずお酒二合 、 お蕎麦はH氏はざる蕎麦 、 T氏がおろし蕎麦 、 私は鴨汁つけ蕎麦をお願いしました 。



2_



暫くしてお蕎麦が運ばれます 。


3_



黒ポチが散りばめられた玄蕎麦挽きぐるみの田舎で 、 これはなかなか素敵な男前 。

剥き実挽きぐるみに三番粉をブレンドした綺麗な私好みのお蕎麦なのです 。


4_up



おそらく手打ち蕎麦ではありませんが  、 美味しく挽きぐるみのえぐみを楽しめ 、 最後まで汁無し全然OKで頂けるものです 。


5_



細めに切られたネギが入る鴨汁も程良いコクに旨味が広がるもので 、 鴨肉も柔らかく仕上がっています 。


6_



蕎麦湯はお願いしなければ出てこないようです 。

でも 、 ランチタイムメニューも結構あって 、 チョイ蕎麦でこれだけの物をこの値段で出されるのなら 、 たまに訪れてみたいお店なのでした  。

メニュー写真撮り忘れました  (;^^)ヘ.. 。



いおり

お店は→大阪市東住吉区杭全
電話は→06-6714-8118
営業は→11:30~14:30(LO.14:00)
        17:00~23:30(LO.23:00)
お休み→月曜日
最寄り駅→東部市場前駅 徒歩約1分

続きを読む "杭全交差点の「いおり」でお蕎麦 大阪市は杭全"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年5月20日 (日)

馴染むなーっ 大阪市杭全は「そばがき屋ぐーちょきぱー」



前回同様蕎麦仲間のT氏とH氏の三人で訪れました。
大阪市東住吉区杭全 そばがき屋 ぐーちょきぱー


午後2時 、 今回チョット遅めの訪問です。
でも二組のお客さんがランチを楽しんでおられました。


1_



「 今日は新しいお酒が入っているんですよぅ! 」

「 エッ! そうなん 、 ラッキーやん!! 」


2_



「 今日エノさん来ると思って昨日酒屋さんに入れてもらった 」


      ( いやいやフーちゃん、それは無いでしょう ・ ・ ・(^0^;) )


で 、 お酒のラインナップはこれです。


3_



なかなか壮観です。

目新しいのが 「 キレッキレでキラッキラ 」 と 「 酵母ありきだけど主張は俺 」。
同じデザインだけど酒蔵は別。

信州の幾つかの蔵が毎年企画してこのようなお酒を出しているそうです。


4_



キレッキレはその名の通りきれのあるスッキリ辛口。
酵母ありきは日本酒の旨味をキッチリと主張した物でした。
酒肴は ・ ・ ・ 青唐辛子の味噌漬けを除いて一通りお願い。
青唐辛子は 、 辛っ辛で大汗物なので。

 (  いたずらにお酒のピッチを早めてしまう危険な酒肴なので  )


5_

いつもの豆腐味噌漬けと酒盗に加え 、 今回ホタルイカ素干し・サヨリと穴子のミリン干しが登場。


( T氏はメニューを見て  サヨリと穴子のミンチ てなんや?

          ミ ン チ ちゃう!  ミ リ ン 干 し  や!!

6_



ホタルイカはチャッカマンで炙ると旨味が倍増。


7_


塩海苔も少しだけ炙ると香ばしさが増します。


8_

9_



開栓した風の森 純米しぼり華は爽やかなフルーティーさで 、 炭酸のプチプチ刺激が楽しい。


10_up


いつもながらホンワカ会話とお酒で時間が過ぎていく。

で、お漬物と昆布佃煮の盛り合わせを出して頂きました。

11_



お漬物美味しい 。 お茶にもおちゃけにも合うのよね。

H氏はウイスキーの水割りへ移行 ・ ・ ・


12_



何と 、 ここでフーちゃんが
リーサルウエポンを投入してきた !


13_


まさかの胡椒です 。   しかも純胡椒とあります。

      純胡椒って何だ ?



で 、 登場したのが ・ ・ ・ これだ !!


14_


おーーー っ 、 この鈴なりは紀州有田のブドウ山椒を思わせる。

とてもスパイシーで危険な香りがする一品は ・ ・ ・



「 まだまだ飲み足らない !  もっともっと呑んでね ! 」

   もしかして 、 そういうことか ?

 いや 、 決してそうでは無く 、 あくまでもフーちゃんの良心


 そう思いたい




あくる日 、 写真を確認すると 、 まさか ・ ・ ・ 、 蕎麦掻きの写真が無い!!

なので、まさに 酒場放浪記 みたいになってしまいましたが 、 決してそうではありません。

蕎麦掻きもちゃんと5番で美味しく頂きました。



単なる取り忘れです。


 本当です  ( . . ; )

 たぶん ・ ・ ・ ・

15_



この直後 、 気づくと自宅最寄駅に降り立っていました。




お酒って               
「 どこでもドア 」  なのね  . 。o ○




これでこの日の幸せ終了です。



そばがき屋ぐーちょきぱー


お店は→大阪市東住吉区杭全8-6-4

電話は→06-7710-1913

営業は→11:30~17:00(通常)FBでチェック

お休み→日曜日~火曜日

最寄り駅→JR東部市場駅(徒歩約10分)

続きを読む "馴染むなーっ 大阪市杭全は「そばがき屋ぐーちょきぱー」"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年5月 6日 (日)

お蕎麦への思いが素敵 大阪府貝塚市は「つなぎや」


2週続けてお蕎麦無しなので今週は元に戻ります 。


泉州は堺のちく満が出すせいろ蕎麦に代表される 「 温かい盛りそばを溶き卵が入る熱々の汁で頂く 」 いわゆる熱盛り蕎麦が昔から人気で 、 これを出すお蕎麦屋さんも多く 、 まさに泉州人のソウル蕎麦と言える逸品だろう 。

ただ 、 やはりうどん文化が根強いのか 、 更科系の白っぽいお蕎麦などの人気はあるが、そば殻を挽き込んだ田舎や、更科粉に季節の野菜や花などを打ち込む変わり打ちなどはなかなか受け入れられないのが実情のようだ 。
麺より出汁の味を好む関西人らしい趣向なのかもしれない 。



「 そばどころ つなぎや 」


貝塚市の国道26号久保交差点を少しだけ東に入った所にあるガレージ店舗の小さなお蕎麦屋さんだ。


1_



まだ桜の花が残る頃 、 約一年ぶりに訪れてきました 。

午後一時過ぎで私には運良くお客様はなく 、 カウンターに席を頂くと 、 「 お蕎麦の食べ歩き、されています?」

久しぶりの訪問にもかかわらず 、 どうやら覚えていてくれたようです 。


2_



初めて訪れたのは一昨年だったか 。

大阪市の有名蕎麦塾で習ったというご主人にお話を伺うと 、 結構お蕎麦に拘りを持っておられ 、 短期間に三度ほどお伺いしたのでした 。


3_



「 仙太郎さんには行ってますか ? 」
「 二度ほど 、 でもここは今日で四度目ですよ 」


4_



まずはビールと手っ取り早いタコわさをお願いしました 。


5_



南海本線蛸薬師駅から徒歩15分程度の小さなお店を切り盛りするのはまだ若き女性店主 。
更科の変わり蕎麦も打つ結構本格的で 、 最近は田舎蕎麦も打たれていたようですが 、 地域ではあまり人気が無かったそうで 、 今はどちらも休止中とのことです 。

( 残念 残念    それはとても残念です )


二品目はどうしようかと迷っていると

「 今日は河内鴨のささ身とズリが入っています 」
「 それ両方お願いします 」


6_



こちらは松原のツムラさんから卸しを許されたお店 。


( いわゆる正規ディーラーというやつです (;^^)ヘ.. )


あっさりネットリのささ身と 、 歯応えが心地よいズリ 。
甘みが有って美味しい !!





お酒は月桂冠生酒辛口


7_



スッキリとしながらもお米の旨味を兼ね添えたお酒 。


8_



お酒は普通のと冷酒が月桂冠と紀土 、 それにワイン 。


9_



なるほど 、 田舎蕎麦の欄が裏返っていました 。


10_



やはりあつざるというのもありますね 。

そしてお蕎麦は馬鹿の一つ覚え   で 「 鴨ざる 」


11_



剥き実挽きぐるみのお蕎麦は多少ムラがあるものの 、 比較的綺麗な中太に打ち上げられていて好感が持てる 。


12_



お蕎麦の味は原材料に占める割合が大きいのですが 、 歯応えや舌触り 、 喉越しなどは打ち手の技術もかなり影響します 。


13_



しかも鴨汁は 、 コクを残したあっさり仕立てで私好みです 。


14_



すると 、ご主人が出してくれた一品 。


15_



  すっ 、 すみません 。 恐縮ですっ!


と 、 言いつつも有りがたく旬の味を頂きました 。


16_



鴨汁を白濁サラッと系の蕎麦湯で割って 、 フンワリ鴨出汁を味わう一時に 、 また近いうちに訪れたい 。



17_



そう思いながらこの日の幸せ終了です 。




つなぎや


Photo_2

お店は→大阪府貝塚市久保149-3
電話は→080-3828-6892
営業は→11:30~14:00(LO) 18:00~20:00(LO)
休み→月曜日
駐車場→無し
最寄り駅→南海本線蛸地蔵駅徒歩約15分
          (第二阪和国道久保交差点を東にすぐ)

続きを読む "お蕎麦への思いが素敵 大阪府貝塚市は「つなぎや」"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年4月15日 (日)

早春の「そば切り蔦屋」大阪は豊能郡能勢町


冬以外の毎季節に訪れようと一昨年から通い始めた蔦屋だが 、
昨年夏にチョット病気を患ってしまい 、 約一年ぶりでようやく4度目の訪問となったのだ

私は蔦屋に行くのが楽しみで仕方がない 。

谷町でも素敵な雰囲気を醸していたお店だったが 、 移転した能勢のお店もより以上に心地よく 、 ついつい長居してしまう 。

それは縁側越しに見下ろす長閑な風景と共にお酒を楽しみお蕎麦をいただいていると 、 まるで時間の流れが遅くなったような錯覚をしてしまうからかもしれない 。



  ( なのでこの日も帰りのバスを乗り過ごしてしまった 。 )



私の家からだとお店までバスと電車を乗り継いで3時間 。
能勢電鉄山下駅12時のバスが最後の乗り換えとなります 。

( のぞみで行く新大阪~東京より長くかかるのです )


1_



森上のバス停から田園の川沿いを歩くこと約20分 。
青空が広がり陽光に恵まれたのですが 、 北風の冷たさに思わず襟を立てながらの行程となりました 。

2_

3_



こんな所にも小さな案内板が出来ていました 。


4_

5_



神社の横に結構な広さの駐車場があり 、 そこから緩い坂を登れば茅葺き屋根のお店に到着 。


6_



奥様に案内されてテーブルへ。
蔦屋のコース料理は 「 そばと里山料理 」 と 「 蔦屋のそば三種 」 で 、 いずれも 2 , 500円 。
あとはお蕎麦や料理などの単品となります 。
この日もいつもの通り 「 そばと里山料理 」 を予約していて 、 これにオプションで単品をチョイスするのが私流 。

チョイスはだし巻き 。
そして今日のお酒のラインナップは地酒秋鹿三種。


7_



お猪口はやはりいつもの錫を選択しました 。
冷酒を頂くには錫の酒器が良いですよね 。
里山料理は野菜を中心にした料理で構成され 、 どれも滋味豊かな素材と味わいだ 。

まず出されるのはお漬物の豆皿 。


8_



白菜と大根に ・ ・ ・ あやめ雪蕪  かな ?


9__2



三種三様の浸け具合で 、 これすべてお酒のアテで十分です 。


10_



次いでは茸と海老に ・ ・ ・ ほうれん草だったか 。


11_



茸の旨味が十分に広がる物で 、 上に載せられたツブツブはマスタードがアクセント

          だったように思います 。



12_



限定秋鹿二種は順次頂きました 。


13_



最後の御料理は赤米ご飯とヒジキにコンニャクなど 。


14_



チョットピリ辛のコンニャクが味と食感にアクセントを添えてくれました 。


15_



さあ 、 そろそろお蕎麦を頂きましょう 。


T氏はおろし蕎麦 、 私は鴨汁蕎麦をお願いしました 。
( オプション価格が必要です )


16_



私は鴨汁蕎麦 。


17_



黒ポチが散らばり透け感あるお蕎麦はカチッと角が立ち 、 もちろん汁無しで頂くと程良いコシを持ち 、 黒ポチ蕎麦特有の風味がフンワリと口に広がります 。


18_



凡愚に繋がる透け感あるお蕎麦 。


19_



店内には薪ストーブが置かれ 、 能勢の冬も暖かく過ごせそうです 。


20_



出汁巻きはこのタイミングとなりました 。


21_



洗練された物ではなく 、 素朴な仕上がりですが優しいほのぼのとした味わい 。


22__2



白濁で僅かにとろみを持つ蕎麦湯で割る鴨汁は柔らかくてフンワリと香り 、 何とも芳醇な物となっています 。


23_



蔦屋ではいつもデザートが2種用意され 、 この日私が頂いたのは蕎麦アイス 。


24_


粒餡が添えられ黒蜜が掛かっていますが 、 甘過ぎることなく香ばしく頂くことが出来ました 。

ホッコリとそしてのんびりユッタリと 、 蔦屋を楽しんでお店を後に ・ ・ ・ しようとすると, 、 奥様が 「 バスの時間違ってますよ 。」

          エッ !!

四度目の訪問にもかかわらず 、 私勘違いしていました。

バスの時刻を 。 。 。 。

25_


ということで今回もバス乗り遅れ 。

ということはまたこちらでお世話になることに 。

26_


里づと

まづはテラス席へGO 。

27__2



テラス席は長閑に開放感があって思わず「ホーッ」そんな気分に 。


28_

29__2



でもこの季節 、 陽が傾きかけると少し寒くて店内でコーヒーを頂いたのでした 。


30_


これでこの日の幸せ終了です。



そば切り蔦屋

お店は→大阪府豊能郡能勢町垂水246

電話は→072-734-2774

営業は→11時半~14時頃まで入店可

お休み→月・火曜日( 臨時休業有り)

駐車場→有り

最寄り駅→阪急バス森上停留所 徒歩約20分

         (能勢電鉄山下駅から約18分)

里づと

お店は→大阪府豊能郡能勢町森上224

電話は→072-743-0578

営業は→10:00~18:00

お休み→月・火曜日(祝日の場合は営業)

最寄り駅→能勢電山下駅から阪急バス森上駅徒歩300m

続きを読む "早春の「そば切り蔦屋」大阪は豊能郡能勢町"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年3月24日 (土)

蕎麦酒でマッタリ 大阪市谷町六丁目「そば切り岳空」


2月中旬にお伺いした 「 岳空 」 。


この店への訪問はいつも午後1時過ぎなのですが 、 この日 、 東大阪での用事が終わったのは中途半端な時間帯。
お店に到着したのは ・ ・ ・ 12時前  ( ^.^)( -.-)( _ _)


1_



案の定二組の待ち客で 、 しばらくは空き待ちとなりました。
カウンターの角に席を頂き 、 奥様が 「 お酒ですよね 」、そう言ってお酒メニューを出して下さりました。

 いや 、 まだお酒と言っていませんし



2_




 が 、



「 今日はメニューに無いのもありますよ 」 と出して頂いたのは 、 この時期ならではの  「 立春搾り春鹿 」 それに 「 三諸杉薄濁り 」 と 「 凡ゴールド 」 。

 ボンカレーゴールドではありません。  ボンゴールドです。


まずの蕎麦前は春鹿 、 そしてお供は 「 前菜三種盛り 」 と 「 炙り鯖寿司 」 。



3_



立春搾りの春鹿はスッキリ旨口 。


4_



こちらのお店 、 酒飲みの心を引きつけるお酒と一品が揃う 。

「 前菜三種盛り 」。


5_



この日はレギュラーの茄子と茸 、 烏賊麹漬けと里芋 、 それにスジのおでん。


6_





スジ     柔らかい   そして  山椒のパンチ



7_




お酒のお代わりは三諸杉の薄濁り。
そしていつもながらの酒アテで美味しい烏賊の麹漬け 。
柚子皮の刻みが良いアクセントなのだ 。



8_



茄子は茸と共に食感が楽しいのです。


9_




お酒お代わりは福井の 「 梵 ゴールド 」 。



10_



密やかな華やかさとスッキリとした飲み口 。
飲みやすいお酒です 。


11_



いつも思うのですが、炙り鯖寿司は軽 ー く 軽 ー く 押されていて 、 箸で持ち上げると寿司飯がホロホロとほどけゆく  。
なのでお腹に負担をかけず 、 お酒のアテやお蕎麦のトッピングとして最適な一品 。

                   言い換えると掴みづらいと言うことでもあるのですが ・ ・ ・



味も癖無くライトな甘さで、  
おいひーっ !

最後のお酒は初めてのお酒を頂くことに 。


12_



醸し人久平次 。  名古屋のお酒だ 。

肴は沖ぎす一夜干しの炙り 。


13_



旨味がギュッと詰まった一夜干しは 、 程良い塩味がお酒のお供にピッタリ 。
さてそろそろのお蕎麦は初めての経験 「 葱せいろ 」 。
白ネギは熱するととても甘くて 、 これだけで食べたい一品 。


14_




葱せいろ        美味しい      甘い




15_up




お蕎麦は極細打ちで 、 ちりばめられた黒ポチが素敵 。
お蕎麦だけで食べたいのだけれど 、 まずはそのままで半分くらい頂き 、 残りをネギ汁と共に 。


16_



汁はバランス良くしっかりとした味とコクなのに後味を引かない美味しさで 、 細打ちのお蕎麦に絡んで素敵な仕上がりです 。


17_



そんな旨味ある汁をとろみある蕎麦湯で割って頂くと 、 少し甘みが増幅されて口に広がり


   
ほ ~ ~ っ 。


ホッコリ気分でお店を後にしました 。


18_



これでこの日の幸せ終了です。



そば切り岳空

Photo


お店は→大阪市中央区谷町7丁目1-54
電話は→06-6773-9478
営業は→11:30 ~14:00   17:30~20:00(無くなり次第)
お休み→月曜日・火曜日、木曜日は昼のみの営業
駐車場→無し(近くにコインP有り)
最寄り駅→地下鉄谷町六丁目3番出口から徒歩約3分

続きを読む "蕎麦酒でマッタリ 大阪市谷町六丁目「そば切り岳空」"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年1月21日 (日)

小上がり出来た 大阪市東住吉区杭全は 「そばがき屋 ぐーちょきぱー」

昨年の暮れ 、 クリスマス前にT氏と共に岳空へ訪れ 、そのT氏がお店を辞した後 、「 ぐーちょきぱーへ行こっ!」
と言うことで、はしご蕎麦酒と相成りました。


前回訪問時に 、 入り口を入った左手のテーブル席を小上がりにすると聴いていたのが完成していました。 
( 早い! )
この日は谷六の岳空にお伺いした後の訪問。

カウンターに席を頂いて 、 「 FUKUへ寄ろうと思ったら売り切れでした。」 、 そう伝えると、「 電話掛かってきて 、クリスマスの準備で 今日は作る量が少なかったて言ってました 」 とのことでした。




1_



やっぱりそうやったんやね。


既にほろ酔い状態での一杯目は「タクシードライバー」、岩手県の喜久盛酒造が醸すお酒だ。



2_



名前からは想像出来ない、しっかりとしたボリュームのお酒で、芳醇な旨味を感じる、どちらかと言えば辛口に近い物。

3_



 同行T氏は以前頼んだそば切りをお願いします。

( エッ、自分だけで来てそんなん頼んでたんや! )

で 、
フーちゃんに打って頂きました。

スペースの関係で伸しは小さいため短めの仕上がりなのですが・・・
あくまでもお酒のアテとして打って頂いた一品がこれ。

4_



これって       なかなかいけるんちゃいますか!
噛み進むほどにお蕎麦の風味が口に広がる。
お酒のアテには良いですね。


カネ中も頂いたようです         多分



5_



そして頂き物をサービスで出して頂いた明太子は 、 当然お酒が進みます。


この日、河内長野から自転車で来ていたお客さん。
以前フーちゃんから自転車の話を聞いて、 それならばプレゼント と使わない自転車に乗って届けに来てくれたのだそうです。

すっご~~い!
帰ってから地図計測すると約20km、    歩ける距離でした。



この方は電車で帰るとのことでした。

こんな気持ちにさせてくれるお店が 「 ぐーちょきぱー 」なのですよね。



6_



自転車好きのT氏によると、結構高価な自転車なのだそうです。

さて、いよいよの締めで蕎麦掻き5番。


7_



ザクザク感のある粗挽きはフレッシュ感あふれ 、 一噛みごとにパチンとはじける蕎麦の香カプセルからお蕎麦の風味が口に広がる。


お供には風の森。


8_



お酒を頂いて、蕎麦掻きを頂いて、ホンワリ・マッタリと時間を過ごして
癒やされ感満載のひとときでした。
       終盤はほぼ覚えていない私です。



帰路はへべれけ千鳥足。


これでこの日の2度目の幸せ終了です。



そばがき屋 ぐーちょきぱー

お店は→大阪市東住吉区杭全8-6-4
電話は→06-7710-1913
営業は→11:30~17:00(通常)FBでチェック
お休み→日曜日~火曜日
最寄り駅→JR東部市場駅(徒歩約10分)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年1月14日 (日)

空堀の「岳空」で蕎麦酒 大阪市谷町六丁目

谷町六丁目駅からすぐの空堀商店街東端にあるお蕎麦屋さん 「 岳空 」。
町家を改装し和モダンな雰囲気を醸し出すカウンターだけの素敵なお店だ。


1_



真っ昼間から蕎麦酒を楽しみ 、 仕上げに美味しいお蕎麦を頂ける。


2_



お酒はチョット高めと感じるが 、 お蕎麦屋さんは居酒屋さんじゃ無い。
酒肴の中から一品 、 二品頂いて美味しいお酒を二合ほど呑み 、 お蕎麦で締めるのがお客さんのルールというものだ。


3_



しかし、このお店はお酒の品ぞろいが豊富で飲み比べなどもあり、しかもお酒に合う魚を揃えていて、ついつい二合で収まらない私であったりする体たらく。

全くもって情けない話なのだが、これは仕方が無い。
仕方が無いのです 本当に


なので  へべれけにならない程度に楽しませて頂いているのです。


4_



前菜三種盛りに 、 定番板わさとお酒は 「 三諸杉 切辛 」。


5_

6_



お酒は桜井市上西酒造の三諸杉辛口純米酒 。 美味しいお酒だ。


7_



厚切り三切れの蒲鉾は弾力があり魚の旨味を感じる。


8_



そしてこれもお蕎麦屋さん定番の蕎麦焼き味噌。
これをチビチビ頂くとお酒が進む。


8__2



味噌は板わさと共にお酒のお供にとっても良品 。 タンパク質と発酵がお酒飲みの体にとても良いらしいです。


9_



そして焼き〆鯖寿司。
ふわふわに押された寿司飯と 、 同様にフンワリ鯖が軽く炙られていて ・ ・ ・


10_



これがお酒のアテにもちょうど良い美味しさ。
美味しいお酒と美味しい鯖寿司。


11_



美丈夫純麗たまラベルはキリッとした酸味がフレッシュさを出している。


12_

13_



かんずり酒盗とクリームチーズ味噌漬けもお願いしました。
どうですか 、 これはもっともっとお酒飲んでってね!! まるでそう言っているようでしょっ!!

そしておまけも頂きました。


14_



うーん 、 これまたお酒進みそう ・ ・ ・ で、


14__2



冬季限定、誉池月 名馬の里Pinkを出して頂きました。
濁り酒   しかも    ピンク   桃色とも言いますが

仄かな酸味とお米の甘さを感じる物で 、 お酒苦手でも呑みやすい感じ。

さて 、 いよいよお蕎麦にまいりましょう。

同行T氏はねぎせいろ 、



15_



ここの鴨汁は結構好きなのですが ・ ・ ・


16_



今回私はおろし蕎麦を頂くことに。


17_



少し透け感ある蕎麦肌には黒ポチが散らばり 、 なかなかの別嬪蕎麦なのです。
一口手繰り上げると汁無しで十分頂ける美味しさだ 。 でも辛味大根おろしなのでお汁もチョット使って頂きました。


18_



蕎麦湯は蕎麦猪口と共に出してくれるのが嬉しい。
トロントとろみある蕎麦湯は注いだだけでは混ざりにくいので 、 お箸で掻き揚げながら頂くと蕎麦湯の美味しさ 、 出汁とのコラボを楽しめます。


19_



この日は大食漢のT氏と一緒だったので 、 結構な品数となりました   (^0^;)
お酒もチョット飲み過ぎ ・ ・ ・ か

ともあれゆっくりお酒と料理とお蕎麦を楽しんで
これでこの日の幸せ終了です。
PS デザートにと思っていたFUKUさんのパウンドケーキは既に売り切れていました。


P1090436





そば切り岳空

お店は→大阪市中央区谷町7丁目1-54
電話は→06-6773-9478
営業は→11:30 ~14:00   17:30~20:00(無くなり次第)
お休み→月曜日・火曜日、木曜日は昼のみの営業
駐車場→無し(近くにコインP有り)
最寄り駅→地下鉄谷町六丁目3番出口から徒歩約3分

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年1月 7日 (日)

おめでとう三周年 大阪は新金岡「唐変木」


皆様  明けまして 、 、 、、
おめでとうございます。


本年も美味しいお蕎麦屋さんに巡り会えるよう 、 年頭祈願いたしました。
さて 、 年頭の記事はクリスマス前にお伺いした「唐変木」。
平成26年12月25日にオープンし、めでたく三周年を迎えました。

二人用が三卓 、 四人用が一卓、カウンター三席というとてもこぢんまりとしたお店ですが 、 なかなか人気のお店なのです。
この日昼時を外したにもかかわらず空き待ちとなり 、 私の後にもお待ちの方たちが ・ ・ ・

店内は満席で 、 一品をお願いするのもはばかられ 、 すぐに出せる山ウニ(豆腐もろみ漬け)と 、 慌てませんのでと天麩羅盛り合わせをお願いして 、



当然お酒も 。 。 。


1_



基本一品は夜メニューのようですが 、 お客さんが少なければ物によれば応じてくれます。 ( あくまでも空いているときですよ )

さすがにこの後は空いては入りのお客さんで 、 あまりせかされること無くお酒もお代わりを頂くことが出来ました。



2_



天麩羅はご覧の通り 、 海老にインゲン 、 茄子などを抹茶塩で頂きます。
揚がり加減はちょうど良く 、 サクッ とした歯応えに抹茶塩のさりげない苦みとまろみがお塩の尖りを押さえてくれる。   抹茶塩 好き!


3_



そしてお蕎麦は鴨汁蕎麦。
まだお酒残ってるし 、 アテに出来るでしょ。 (*^O^*)


4_



鴨肉はかなり野性的でダイナミックなのですが 、 柔らかくて美味しい。
お酒のお供にもバッチリ合います。


5_up



鴨汁をチョイスした時点で粗挽きは無いのですが 、 いずれにせよ既に売り切れになっていました。
粗挽きとは違い 、 比較的アッサリと頂けるお蕎麦は鴨汁との愛称がちょうど良いのかもしれません。



がっ
  がっ      がっ!


お蕎麦だけで食べる私には粗挽きに熱い漬け汁でも関係ない。

そう、そんなの関係ないっ!。
 (古っ・・・)


6_



帰りがけに 「 エノさんは多分年内最後やから 、 チョット早いけど 」 と 、 三周年記念のボールペンを頂きました。

ありがとうございました。

一年半ぶりの訪問となったこの日 、 粗挽きが売り切れだったのは残念だったのですが 、 また近いうちに頂きに上がろうと思い ・ ・ ・

これでこの日の幸せ終了です。




唐変木

お店は→大阪府堺市北区新金岡町5-6-103
電話は→072-250-5151
営業は→11:30~14:30
お休み→月曜・第2・4日曜
電車は→地下鉄 新金岡 徒歩約10分
駐車場→店から西二筋目南入るCP駐車

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年12月16日 (土)

蕎麦掻きパーティー 大阪市東住吉区杭全 「 そばがき屋ぐーちょきぱー 」

今年の夏からはとーーっても色々あって 、 ぐーちょきぱーもご無沙汰になってしまっていました。

この日 、 蕎麦仲間のT氏 ・ A氏と共に訪れました。



1_



「 ご無沙汰してました 」 、「 あーーっ、エノさん ! 久しぶり 」
このアットホーム感がこのお店の最大の魅力なのです。
午後二時半の来店だったのですが満席。


2_

3_



オーナーのフーちゃんがお一人で営業しているので 、 待たされたり遅れたりは多々ありますが 、
そんなの全然気になりません !!




4_




そんなお店が 「 ぐーちょきぱー 」 なのだ !!!



5_



テーブルのお客さんが帰った後にお席を頂いてとりあえずビール 、 この日は三人と言うことで酒肴はメニューの上から下までをお願いします。
「 この間来た時に紹介してもらった谷六のFUKUさんへ行ってきました 」
「 エーッ !  電話あったけど 、 あれエノさんやったんや 」。
「 シフォンケーキ美味しくて 、 お代わりしてしまいました 」。
そんな会話を交わしながら


6_



蛍烏賊と唐辛子味噌にオイルサーディン。


7_

8_




ウルメイワシと豆腐味噌漬け。 ( 炙りたてウルメ美味しい !! )



9_



ここでお酒を頂こうと常山をお願いします。


10_



しらすと小松菜のお浸し 、 そしてスルメイカ二種盛り。


11_

12_



ここで出された剥き実のお蕎麦。


13_



何とレギュラーの常陸秋蕎麦の他に三種のお蕎麦を仕入れたとのことで、
伊吹山の在来 ・ 富山産信濃1号 ・ 北海道は北早生のラインナップ !
これらを取り混ぜて色々な蕎麦掻きを楽しもうと言うことになり 、 カウンターのお客さんも一段落でそちらに移動して蕎麦掻きパーティーの始まりとなりました。
お酒は鯨波と風の森。


14_

15_



鯨波は仕入れのお店オリジナルの酵母で仕込んだ物とノーマルの飲み比べ。


16_



10号酵母使用はお酒の風味にお米の旨味が僅かに増して美味しい仕上がりです。
酵母によって違うんですね。


けっこそばまえで楽しみすぎましたが 、 いよいよの蕎麦掻きはまず 「 伊吹在来 」 を5番(一番粗挽き)で。


17_



ザックリとした蕎麦肌は見るからに野性的で 、 見た目も緑がかってフレッシュさを感じる物だ。


18_up



モチッと一箸口に入れると ・ ・ ・ 美味しい ! お蕎麦の味がこれでもかって言うほど舌に広がり鼻に抜ける恐るべし 「 伊吹山在来 」 。


19_



お酒はハートランドに。
キリンビールでは無く滋賀県の日本酒です。
ついでの蕎麦掻きは 「 北早生 」 をやはり5番で。


20_



伊吹山在来に比べると僅かに風味が弱いけど 、 いやいやなかなかの物です。


21_



最後のお酒は金鼓にしましょう。  (本当か ?)
で 、 揚げ蕎麦掻きと鴨汁。


22_



多分    多分    多分 「 信濃1号 」 だったと思います。

(-.-;
鴨汁と共に頂くとこれまた美味しさ倍増。


23_



汁の味付けも私好みで 、 絶対蕎麦湯と共に頂きたい物です。


24_



(;^^)ヘ..
最後      の  最後 、    これで本当に打ち止めのお酒は風の森。 お猪口はトンボで。


25_



酒肴は大好きな漬け加減のお漬け物盛り合わせ。
いよいよ最後の蕎麦湯は濃いめでお願いします。
鴨汁を濃いめの蕎麦湯で割って頂くと ・ ・ ・


26_



ホーッ  安心の鴨汁蕎麦湯割り。
午後二時半から閉店までの長時間にわたりホッコリとさせて頂きました。
これでこの日の幸せ終了です。


お店は→大阪市東住吉区杭全8-6-4
電話は→06-7710-1913
営業は→11:30~17:00(通常)FBでチェック
お休み→日曜日~火曜日
最寄り駅→JR東部市場駅(徒歩約10分)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧