カテゴリー「お蕎麦の大阪」の記事

2017年5月21日 (日)

昼・夜のおきまりがある 大阪府泉大津市松ノ浜「中中」


といってもこの日はおきまりを頂きませんでしたが・・・
南海本線 松ノ浜駅からすぐの所にある駅近蕎麦が「中中」だ。
もう15年程お店を営んでおられます。


1_



前回の轍で電車に乗る前に電話して田舎蕎麦キープ。

2_



中中は好きなお蕎麦に+300円でお昼のおきまりが付くセットが有ります。

3_



柿の葉寿司四種から二種を選び、四品ほどの小鉢を添えて出してくれるお得定食。

4_



今回は単品注文で蕎麦掻きと出汁巻き、それにお酒をお願いすることに。


お箸を入れるとフルフル、フワフワ、トロトロ出汁巻き卵。


5_



ジュワッと出汁があふれ出る。

6_



見た目どおり口に入れるとフワトロッと溶け行く淡雪蕎麦掻き。


7_up



口に入ると消えて行くような儚げな溶け具合。
小ぶりな盛りですが少量ずつゆっくり頂きたい。


田舎蕎麦

8_



一手繰りして噛み進むと穀物感が静かにわき上がる。

9_up



突出する事なく、でも拘りのお蕎麦を静かに出し続ける。
そんな安心手打ち蕎麦を味わえるお店なのです。

10_



お塩も添えられるのですが    無くてもお蕎麦だけで十分美味しい。


11_



中中のデザートに「蕎麦掻きプリン」があるのですがほのかな甘みで、左党の私にも美味しく頂ける物です。


12_



いつも客さんが集い、派手では無いけど中々良いお蕎麦屋さん 中中。
これでこの日の幸せ終了です。



中中
お店は→大阪府泉大津市松ノ浜
営業は→11:00~14:30(LO) 17:30~20:00(LO)
定休日→火曜日 第3水曜日
最寄り駅→南海本線松ノ浜駅徒歩2分
駐車場→近くにコインパーキング有り

続きを読む "昼・夜のおきまりがある 大阪府泉大津市松ノ浜「中中」"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月13日 (土)

青空の下大阪の能勢町へ そば切り蔦屋

昨年 夏・秋とお伺いし、「次回は冬ですね」そう奥様に言われていたのですが、

冬をとばして風薫る新緑の季節の訪問となりました。

1_



能勢電鉄山下駅から阪急バスで約20分、森上のバス停下車。


2_



3_

4_

5_



長閑な風景の中徒歩約20分。


6_

7_

8_



集落に入ると神社のある交差点を右に進むとお店が見えてくる。


9_



茅葺き屋根の結構立派なお店なのです。


10_

11_




ご無沙汰の挨拶をして縁側のテーブルに席を頂きました。


12_



13_




予約していた里山料理とは別に蕎麦掻きと出汁巻きを注文しお酒を頂くことに。


14_




まずはお猪口を選びますが、私はいつも錫のお猪口から。


15_

16_




この日のお酒は地元能勢の秋鹿四種がメインのラインナップ。


17_




18_



料理はお漬け物から始まります。(写真撮り忘れである程度食べた後です)

19_



そして二皿目がこれ。


20_



コゴミとワケギに新わかめと鶏肉の和え物。
正に春を頂く一品には同行T氏も大喜び。


21_



サブメインの里山料理が出されます。
山菜や白和えにヒジキとタケノコの煮物など6種が盛られたお皿。

22_



優しいお出汁の味付けは、日頃ハッキリとした味付けに慣れた私たちには新しい美味しさを味あわせてくれる物たちだ。

23_



ここでお願いしたお酒は秋鹿純米吟醸春出し限定。


蕎麦掻き

24_



ポテッと整えられた形では無く、小ぶりにちぎられたような荒々しい蕎麦掻き。


25_



山葵と柚子味噌に鰹節が添えられていてこれがそれぞれ良い仕事をします。
それにしても蕎麦掻きは良いお酒のお供。


27_

16__2



追加の出汁巻き。


29_



お蕎麦は初めに選択するのですが、私はシンプルに盛りそば、T氏はおろし蕎麦(基本のもり以外は追加料金)

30_



31_



黒ポチ赤ポチがたくさん散らばったお蕎麦はとっても素敵な風情。


32_up




少し透け感があって綺麗!


33_




見た目どおりの美味しさを堪能して蕎麦湯へ。


34_




それにしても何てゆっくり感満載のお店なんだろう。


35_




あまの凡愚に似て異なるユッタリさです。
まだまだデザートが残っています。
本日は能勢のお酒秋鹿の酒粕を浸かった小倉アイスとイチゴのフラッペ。

36_

37_



お酒もお蕎麦も堪能してお店を後にしました。


38_



長閑な風景の中バス停を目指します。

39_

40_

41_




 バ ス 乗 り 遅 れ た ( . . ; )



42_

コーヒーで1時間時間つぶしとなりました。

(このお店の存在有りがたいです。コーヒーも美味しいですよ!)


43_







そば切り蔦屋

お店は→大阪府豊能郡能勢町垂水246
電話は→072-734-2774
営業は→11時半~14時頃まで入店可
お休み→月・火曜日( 臨時休業有り)
駐車場→有り
最寄り駅→阪急バス森上停留所 徒歩約20分
              (能勢電鉄山下駅から約18分)

Photo

続きを読む "青空の下大阪の能勢町へ そば切り蔦屋"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年4月10日 (月)

空堀に粋な蕎麦屋 大阪は谷町6丁目「そば切り岳空」

近年シャッター商店街が多くなっている中、空堀商店街はまだまだ元気。
その界隈には昔ながらの町家が結構残っていたりする。

そう、界隈はかなり雰囲気のある、そして下町の人情を感じる町なのだ。




谷町六丁目駅から徒歩約2分、谷町筋を東に少し入った所に岳空はある。
町家をリノベしたお店は間口が狭く奥に深い造りで、客席はL字のカウンターのみの割烹か小料理屋さんの雰囲気だ。

ちょっと一杯蕎麦前を頂きたい気持ちになるが、この日は車なのでお酒はNG。

1__3

でもメニューに並ぶ品を見るといやが上にもそんな気分になる。


2_



が、ここは真面目に     いや、 普通にお昼ご飯を
鴨せいろをお願いしたのですが、炙りしめ鯖寿司の文字をを発見し追加注文。


3_


一口すると      やわらかい~~っ!


スッと歯が入りフンワリと切れる程の歯応え。



こっ、こっ、これは   まるでトロ鯖やっ!!

寿司飯にも焦げ目が付き、鯖の柔らかい甘さと香ばしさが舌に広がり鼻に抜ける。

P1000851 



鴨肉は少ないが水菜や柚子皮なども入り美味しい鴨汁だ。



P1000854 



お蕎麦は細打ちで黒ポチが散らばる   そう、とっても美人蕎麦。

一箸手繰り上げると柔らかい蕎麦のえぐみと共に優しい甘みが広がります。



P1000856


蕎麦湯は蕎麦粉を溶き混んだとろみ有る物で、時折下から掻き上げ盛り汁を楽しみながら頂くと、蕎麦粉の風味に出汁の香が



                     素敵にコラボレーション。

P1000858


これはチョット良いお店かもしれません。

酒肴ももう少し増やすそうです。

次回は是非電車で訪れようと思いました。

これでこの日の幸せ終了です。




そば切り岳空

お店は→大阪市中央区谷町7丁目1-54
電話は→
営業は→11:30 から14:00   17:30から20:00(無くなり次第)
お休み→月曜日・火曜日、木曜日は昼のみの営業
駐車場→無し
最寄り駅→地下鉄谷町六丁目 徒歩約3分

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月20日 (月)

蕎麦切りだけが蕎麦じゃない 大阪は東住吉区杭全「そばがき屋ぐーちょきぱー」

この日蕎麦仲間のT氏とともに訪れた「そばがき屋 ぐーちょきぱー」
お店はJR関西線 東部市場駅から徒歩約10分の所にある。


お蕎麦(蕎麦切り)は頂けませんが、5段階の荒さに挽かれた蕎麦粉で作る蕎麦掻きや蕎麦前と酒肴、それに酵素玄米ご飯のランチを楽しむことが出来るお店.。


1_



和歌山に移転したあまの凡愚にとても繋がりのあるお店です。


2_



結構暖かかったのでとりあえずビール小瓶を頂くことにしました。


3_



そして酒肴メニューから6品お願いします。


4_



センターの菜の花の周り、上から時計回りでスモークサーディン・豆腐味噌漬け・唐辛子の味噌漬け・大葉味噌巻き・ホタルイカ沖漬けという酒好きの心をくすぐる一品たちを少しずつ頂きました。


5_



唐辛子の味噌漬けは大変危険、シシトウが大当たりでヒーヒーッ (;。;)


6_



お酒はグラスで 「積善」、 長野のお酒ですがこれが密やかな甘みを口に散りばめながら日本酒の片鱗を舌の上に散りばめる物。


7_



ホタルイカ沖漬け、 これ大好きです。


8_



お酒のお代わりは「百春 特別純米酒直汲#6生原酒無濾過」、おニュー開封。


少し甘いとのことで試飲させてくれました。

9_



口に含むとふくよかさとフルーティーな甘みを感じるのだが、超微炭酸で後口はスッキリで危ないお酒系。


10_



なんか酒飲み親父の居酒屋巡りみたいですが、これはあくまでもお蕎麦屋さんの食べ歩きブログですのでお間違えなく。


11_

12_


揚げ蕎麦掻きと出汁巻きも頂きます。


13_

14_



揚げ蕎麦掻きは表面は歯応えサクッと、中身はホックリ美味しい。

同行T氏もいたくお気に入りの様子。
調子に乗ってランチセットのお漬け物も出してもらいました。


15_



これ、また良きお酒の友となる。
ということで追加の蕎麦前は「実りの秋の山廃純米80 北光正宗」


16_



締めにふさわしいきりっとした飲み口。


やはり居酒屋リポートか  ・  ・  ・   (;^^)ヘ..


これで蕎麦掻きを頂きます。



17_



テーブルに置かれた薄茶色と薄緑の二種のお蕎麦。
荒さ5番で蕎麦掻きをそれぞれ作って頂きました。


18_

19_



ふくよかで円熟の味わいがフンワリ、もう一方は若い爽やかさが香る。
どちらもザックリ感が舌に広がり歯応えに返る。


20_



ここはもう一杯頂いておこう・・・・



しかし、   しかし、



   これが致命傷となった     多分。


酔いが回ってきて、この頃からの記憶が曖昧になり    (-.-;


このところの寝不足がたたり、店を出てしばらく後からの記憶がありません。



(..;)



ということで・ ・ ・ ・




やはり、 、 、
居酒屋探訪 になってしまいました。 (__*)



21_




そばがき屋ぐーちょきーぱー
お店は→大阪市東住吉区杭全8-6-44
電話は→06-7710-1913
営業は→11:30~17:00
定休日→月・火・日曜
最寄り駅→JR関西線東部市場前 徒歩約10分
駐車場→無し

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月 5日 (日)

砂場ここにありき 大阪は西区新町 「麺寿庵」

更科・藪と共に江戸三大蕎麦に名を連ねるのが砂場。
その砂場蕎麦発祥の地がここだ。


1_



大阪城築城の時、 砂や砂利の置き場だったこのあたりに和泉屋や津国屋(つのくにや)などの蕎麦屋が集まる。


2_



砂置き場に集まった蕎麦屋を総称して「砂場蕎麦」と呼ばれたのだ。


3_



砂場はやがて江戸に進出し、現在の南千住虎ノ門大阪屋巴町に室町など各砂場の系譜に繋がっていった。


4_



一方、本場大阪では明治期に「和泉屋」が姿を消して、「砂場」の名は無くなったそうです。



砂場の石碑が建てられた公園のすぐ近くにお蕎麦屋さんがあります。
麺寿庵

5_




食券を購入してお蕎麦を注文するフードコート的蕎麦屋「麺寿庵」。
とはいえお蕎麦は運んで来てくれるのでセミセルフですけどね。



6_



客席はカウンターメインで、テーブルは2卓ほど。
さて、注文したお蕎麦が出されました。
ジャーン!! 牡蠣蕎麦です。



7_




牡蠣は5粒ほどだろうか、標準的な量でしょうね。

かけ汁は出汁の塩梅がちょうど良くて美味しい。

柚子皮の爽やかな香りがホンノリとアクセントを添えてくれます。




8_up



牡蠣も良いのですがお蕎麦がまた良いのです。



9_



黒ポチが散らばる挽きぐるみ系で、お蕎麦の存在感を感じる。
結構リーズナブルな値段でこの味を頂けるのならお値打ちだと思います。
タクシーの運転手さんも二人おられました。


10_



石挽をアピールしている麺寿庵。
定食類も有り、タクシーの運転手さんやサラリーマンが多いというのは結構良いお店なのだと思いました。
これでこの日の幸せ終了です。





麺寿庵
お店は→大阪府大阪市西区新町2丁目7-13
電話は→06-6541-2453
営業は→11:00〜15:00 17:30〜23:00
最寄り駅→地下鉄西大橋駅 徒歩約3分
駐車場→無し

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年2月26日 (日)

冬季限定牡蠣蕎麦を堀江藪で 大阪は南堀江

私は牡蠣が大好き。(柿ではありません)
生牡蠣・焼き牡蠣・酢牡蠣にフライ、燻製やオイル漬け等々。

しかも、しかもですよ、

一度あたったにもかかわらず、その後も臆することなく食べ続ける筋金入り   
そう、筋金入り。



       だと思う。




そんな私は毎冬かならず牡蠣蕎麦を食べたくなる。
汁蕎麦は鴨南蛮と卵とじ、そして牡蠣蕎麦が好きな私
ざるしか食べない、そう思われがちなのですが、


冬は絶対牡蠣蕎麦!!



あ、・ ・ ・ ・ 前段長くなってしまった。
さてこの日、牡蠣蕎麦を求めて南堀江オレンジストリートへ。

本当は橘(たちばな)通りなのですが、柑橘繋がりでこんな愛称になったらしい。

しかしなんかファッショナブルなお店が軒を並べていて、私には場違い感ありあり・・・本当にここにあるのか堀江藪。

と、思っていたら現れた。


間口は狭く奥に長い店内は午後一時を過ぎたというのになかなかの繁盛店だ。
冬季限定の牡蠣蕎麦は時価・・・じっ、じっ、時価ぁ~っ、!
の牡蠣蕎麦とお酒をお願いです。
「燗ですか?」、   「燗でお願いします」。

以前は考えられなかった     燗酒。
でもこの季節冷え込む日にはついつい頼んでしまう。


1_


突き出しのセロリの和風マリネは中々おつな物で、これを肴にチビチビやっていると間もなくお蕎麦が運ばれた。


2_



うーーっ、嬉しい!! プリプリ牡蠣イッパイや。

小ぶりだがプリッとしていかにも美味しそう。
肴を牡蠣蕎麦に替えて、牡蠣を摘まみお酒を頂き、その合間に蕎麦を手繰る。


3_up



見た目通り美味しいお酒の肴となる牡蠣なのだ。
お蕎麦はあっさりとした関西蕎麦だが汁が結構辛め。

お銚子もう一本。(;^^)ヘ..

4_up



かけ汁と残ったセロリでお酒を飲み干してお店を後にしました。


追伸 : 時価ですが、700円台でした。

堀江やぶ

Photo

お店は→大阪府大阪市西区南堀江1-15-13
電話は→06-6541-1466
営業は→11:00~9:00
お休み→日曜祝日
最寄り駅→大阪難波 地下鉄四つ橋

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年2月19日 (日)

酒肴増えてた 大阪市東住吉区は「蕎麦がき屋ぐーちょきぱー」

好天のこの日、久しぶりにぐーちょきぱーへ行ってきました。
風もなく歩いていると汗がにじむくらいだ。


1_



ご無沙汰の挨拶を終えカウンターに席を頂いた。

ご主人によると「メニューが少し変わりました」

とのこと。


2_

3_


蕎麦掻きと揚げ蕎麦掻きの食べ比べのセットが出来てます。

しかも、お酒のチョイ肴も・・・何と10種類!!

ということで注文せずにはいられないでしょう。

お酒は 、 、 、メニューに見つけた・・・

ハートランド?

エッ!  ハートランド?     エッ!!   ビール??   

 

いえ・・・日本酒です!


4_


以前神楽坂で頂いた八海山ビールと同じか!
いえ、キリンではなく滋賀県の近江八幡市にある酒蔵が出しているようです。


5_



メニューから味噌大葉巻き豆腐味噌漬け、それに酒盗

これは・・・ドンドンお酒飲んでね!!    みたいな (^_^)


52_

53_



そんな一品ばかり。
ということでお代わりは 「 カネ中 」 をお願いします。


6_



当然調子に乗ってもう三品。(;^^)ヘ..


7_



菜の花 ・ 蛍烏賊沖漬けそしてオイルサーディンをチョイス。


8_

9_

10_


もう酒飲みの心を鷲掴み。

 

グワッシィ!!!


11_

お猪口を選ぶと言うことは・・・


12_



追加 は鯨波を頂きました。
土佐のお酒と思いきや、以外にも岐阜のお酒と言うことにビックリ !
そして蕎麦掻きは5番の粗挽き。


13_



蕎麦掻きには塩と葱醤油が付きます。


14_up



ザックリとした歯応えに粗め蕎麦の穀物感がフンワリ。


15_

16_up



揚げ蕎麦掻きは鴨汁に付けて頂くと美味しいですよ。


17_



表面はサックリとした歯応えに中身はふっくら。


18_




ウーンッ  風の森お願いします。


19_



風の森純米搾り華、甘過ぎないフルーティーさが素敵です。
揚げ蕎麦掻きでこれを頂いて締めとしました。


20_



蕎麦湯を頂いてホッコリとした所でお店を辞しました。


21_



これでこの日の幸せ終了です。




蕎麦がき屋 ぐーちょきぱー


お店は→大阪市東住吉区杭全8-6-44
電話は→06-7710-1913
営業は→11:30~17:00
定休日→月・火・日曜
最寄り駅→JR関西線東部市場前 徒歩約10分

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年2月 5日 (日)

三年目を迎えました 大阪府堺市は新金岡 唐変木

いつも思う御堂筋線新金岡駅の改札から出口までが本当に遠く感じるのは年のせい。いや、違う。



  そう思いたい 。 。 。

とはいえ大泉公園手前のお店までは徒歩約10分程度。


平成26年12月25日、クリスマスに開店した 「 唐変木 」 がいよいよ3年目に突入した。


開店間もない頃から訪れているのですが、お蕎麦も徐々に進化しています。
引き戸を開け来訪を告げると、奥様が出迎えてくれます。

ご無沙汰と新年の挨拶を交わし、2周年のお祝いを伝えこぢんまりしたお店の二人掛けテーブルに席を頂きました。

1_



お茶と揚げ蕎麦が出されます。


2_

3_



「一品良いですか?」「遅くなりますが」「全然慌てません」
ということでプレモルに続き山ウニ豆腐が出されました。


41_

42_



これをビールと共にチビチビ・・・お酒に合いますね。


5_



ポテポテッとした出汁巻きは、箸を入れるとプルンと割れてジュワジュワッと出汁が溢れ、何とも美味しそう。


6_



若干塩味が強いのですが、お酒のアテにはちょうど良い。


7_



鴨肉の鉄板焼き

大好き鴨焼き!
薄めですが柔らかくて美味しいんです。


8_



これはもう一杯お酒お代わりですね・・・


9_



ご厚意で酒盗を出して頂きました。


10_



もう際限なく呑んでしまいそうですが・・・ここでお蕎麦。


11_



一手繰りすると盛り汁には浸ける気がしません。

二手繰り目でもう汁無しでどんどん箸が進みます。

12_up



香ばしさが口に広がり、ナッツ感が溢れる。


これはもしや ・ ・ ・ 
じゅ く   せい      か?

13_



帰り際、ご主人に「お蕎麦、寝かせました?」、

「三日ほど」、「やっぱり」、「
わかります?

わかりますよ、味が全然違いますから。
そこから半時間ほど蕎麦談義、で・・・


新金岡駅の長ーい通路を目指したのでした。
唐変木


お店は→大阪府堺市北区新金岡町5-6-103
電話は→072-250-5151
営業は→11:30~14:30
お休み→月曜・第2・4日曜
電車は→地下鉄新金岡徒歩約10分
駐車場→近所にコインパーキング有り

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年11月23日 (水)

二度目の初訪問!? 大阪市東住吉は杭全「ぐーちょきぱー」

初めて訪れた時 ( 正確には訪れたが店に入っていない・・・ )

奈良のイベントに出店中と聞き、
そのまま奈良に取って返すフットワークの良さを見せた私。( 秀吉の中国大返し )

なので今回、本当の意味での初訪問。
大阪市住吉区杭全、「 蕎麦がき屋 ぐーちょきぱー 」。
昼時を外して午後一時過ぎの訪問です。

お店に入ると
「 あ゛~っ、奈良のっ!」
いらっしゃいませに続く第二の音声です (^0^)

1_


店内はカフェの雰囲気でまとめ上げられています。( 凡愚や蔦屋のお店をデザインしたグループの人だそうです )

2_


ご主人は凡愚で長年フロアを担当されていたそうです。
私、恥ずかしながら大正区凡愚を知らず面識ありませんでした。


3__2


「 お昼ご飯 」 1200円って、 、    蕎麦掻きと鴨汁に、酵素玄米ごやスープ、そして 漬け物と昆布の盛り合わせまで付いてですよ。


4__2


それぞれの量は少なめ? いえいえ単品同様の量という何とも太っ腹のランチセット

このランチメニューを頼まずして何を頼む。。。ビールも(;^^)ヘ.. 。


5_


先ずお酒を!という事で蕎麦掻き1番から先に出して頂きます。
蕎麦掻きは1番(細粒)から5番(粗挽き)の5段階で選べる。


6_



ポッテ・リフワモチッ !
シンプルな味わいを舌に残しながらフンワリ喉を通り越す。


7_



鴨汁が出ます。

凡愚 ・ 蔦屋 ・ ぐーちょきぱー 、 よく似ている。

蕎麦掻きを鴨汁につけて食べるのも美味し。

お酒はビールから風の森 ( 奈良 ) に 。



8_


そして追加注文の粗挽き5番の蕎麦掻き。


9_



単品蕎麦掻きには醤油と葱醤油に山葵と海苔が付きます 。


10_



お酒は純米兆辛 常山 ( 福井 )。
甘さがたつフルーティーな味と香りの風の森とは対照的なお酒。


12_


最後に酵素玄米ご飯と漬け物昆布盛り合わせ。


13_


これはお酒の肴にして最後にご飯で締めます。


14_


汁物はお芋さんと玉葱が入り、優しい味わいでホッコリ。
初めての酵素玄米ご飯も美味しかった。


15_


アッ!  デザートも付いているんだった !


16_



気さくで明るいご主人と、お酒を楽しめる料理で・・・
心もお腹もたらふく感満載でした。



蕎麦がき屋ぐーちょきぱー

お店は→大阪市住吉区杭全8-6-4
電話は→06-7710-1913
営業は→11:30~14:00 17:00~20:00
お休み→月曜日・火曜日・日曜日
最寄駅→JR東部市場前・JR平野

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年10月23日 (日)

ようやく訪れた・・・か? 大阪住吉区は杭全「ぐーちょきぱー」

昨年、辛汁さんのブログで知った蕎麦掻き専門店の「ぐーちょきぱー」。
ようやく訪れる機会を見つけ東部市場前の駅に降り立ったのですが・・・
お店にたどり着くと、、エッ? シャッター閉まってるし。
横のガレージにあるドアが開いていたのでお声がけするとまさかの返答。(-.-;)

お留守番のお母様が「今日、奈良です、16時から開店です」、って??
どうやら奈良のイベントの屋台村に出店してるらしい。 ( ^.^)( -.-)( _ _)

・・・「マジか」   (.. ;)


でもせっかく意を決して来たのだ。。。と言うことで急遽奈良に移動
関西本線東部市場前駅から久宝寺駅で大和路快速に乗り換え奈良駅

近鉄奈良駅まで歩き大和西大寺駅まで。
(途中にある 「ぜいたく豆」 がコンビニになっていた)

そこから平城宮の会場までまた徒歩。(トホホ・・思わずつぶやく親父ギャグ)
会場前の屋台村は円を描いて色々なお店が連立。(レア店もあるらしい)
しかし私の目的は「ぐーちょきぱー」ただ一つ

屋台なので当然メニューは絞られていて「揚げ蕎麦掻き」と「鴨汁」だけ。
ただお酒は店頭に7種程取りそろえられているのが嬉しい。

P1000003


懐かしい経木舟皿に盛られた揚げ蕎麦掻きはさながらタコ焼きだ!!
(確かにある意味お蕎麦も粉もんです・・・)

お酒は「風の森」(何と雄町と露葉風の二種がクーラーBOXに用意されていた)
未開封でわずかな炭酸、とても華やかでフルーティー。

P1000005


鴨汁をアテにお酒お代わり。
ちなみに蕎麦掻きの味付けは葱醤油か餡子ですが、プレーンで頼んで鴨汁にオンするのが美味しいかと

蕎麦掻き3舟、鴨汁1杯、風の森4杯、焼酎蕎麦湯割り2杯
(支払いは注文の都度お金を払うキャッシュオンタイプ)
お品はすべて500円、焼酎蕎麦湯割りは300円でした。

P1000006_2


よく食べてよく飲んで、すっかり夜は更けゆき・・・近いうちにお店にお伺いしますとお伝えしてお店を後にしました。

P1000011

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧