カテゴリー「お蕎麦の大阪」の記事

2019年11月10日 (日)

そば舎中中でお昼のおきまり 大阪府泉大津市

そろそろ年の瀬の足音が聞こえてくる頃となりました 。

紹介できずにお蔵入りとなっていた記事の蔵出しをしていかなければと思い 、 今回はその第1弾 。

     いわゆる在庫処分ですけど (;^^)ヘ..

南海松ノ浜駅すぐ近くのそば舎中中さんです 。


1__20191110134601



ここは好きなお蕎麦に+300円で 、 柿の葉寿司or季節ご飯と小鉢類のセットが付くお昼のお決まりという 、 いわゆる定食に出来るセットがある 。

この日私は田舎蕎麦でお決まりを 、 同行者は中中蕎麦にお決まりで 。


              そしてお酒も (;^^)ヘ..



2__20191110134601



もちろんおきまり先出しで 、 お蕎麦は後でお声がけ 。



3__20191110134601



おきまりは高野豆腐とミニロールキャベツ 、 なますに釘煮だ 。
柿の葉寿司は注文時に四種からチョイスできて 、 写真はですが 、 あとは穴子と定番の



4_up_20191110134601



これをお供に蕎麦前を楽しむのだ !

そしてお酒のおかわりと共に蕎麦掻きもお願い 。



5_2


お酒は三輪福一種類だけ 、 でもそれでいいんです !
色んな種類がそろっているのも素敵ですが 、 美味しいお酒一種類でじっくりもまたいいものです 。



6__20191110134601



黒ポチが散りばめられた蕎麦掻きはフワモチッとした食感で 、 これもお酒のお供に丁度良い 。
さあそろそろお蕎麦といたしましょう 。
私の田舎 。



7__20191110135901



これは電話で取り置き予約する事をお勧めします 。
と言うのも私も何度か食べ倦ねてしまいました 。

同行者の中中蕎麦 ( 冷 )。


8__20191110135901



温かいものもあります 。

田舎蕎麦はその名の通り挽きぐるみ系ですが 、 粗挽き粉と微粉に黒ポチが入る細打ちで風味がたつ私好み 。


9_up_20191110135901



一方中中蕎麦で使われるのは剥き実挽きぐるみ 。



10_up_20191110135901



温泉玉子とだし巻きが載るぶっかけだ 。



11__20191110135901



最後に蕎麦湯で汁を楽しんで 、



12__20191110135901



これでこの日の幸せ終了です 。



そば舎中中

お店は→大阪府泉大津市二田町1丁目12−6
電話は→0725-33-6665
営業は→11:00~14:30(LO) 17:30~20:00(LO・金土日)
お休み→火曜日・第3水曜日
駐車場→1台 近所にコインパーキング有り
最寄り駅→南海松ノ浜駅(徒歩約2分)

| | コメント (0)

2019年10月 6日 (日)

今回は電車で行ってきた! 大阪府和泉市は信太山 「万作」

 

一見出前も出来る町のお蕎麦屋さんかと思ったら 、



   電 動 石 臼 自 家 製 粉



で手打ちの美味しい蕎麦を頂けるお店が 「 万作 」 。


1__20191006145401


店頭に止められたカブが 「 出前全然OKですよ ! 」 。
そう主張してますよね 。


5月の初訪門時に頂いたお蕎麦の美味しさが印象的で 、 次回は是非電車で訪れてみようと思い 、 ようやく実現しました 。


いや別にお蕎麦が美味しいからって電車で行かんでええやろ !



2__20191006145401


蕎麦前は白鶴を冷やで 、 合わせるのはだし巻き玉子 。



3__20191006145401



突き出しは切り干し大根とお揚げさんの煮物 。
だし巻きは熱々フワトロで 、 フーフーしながら口に入れると


  だし汁ジュワーッ の ジューシーさ 。



4__20191006145401



プレーンな味付けなのだけど 、 出汁が効いてるのでそのまま何も浸けずに美味しく頂けるだし巻きです 。

お酒のおかわりと鴨せいろをお願いします 。
よく冷やされた冷酒で出された一人娘さやか 。
メニューには地酒とあったので大阪のお酒と思いきや 、 茨城の純米酒 。



5__20191006145401



満タンに注がれたグラスが入る升にもこぼされて 。

   これこれ 、 やっぱりこうでなくては !  ね 。

口から持って行き一口ズッと呑んでみると 、 あれ ?
意外とスッキリ 、 だけど 、 お米の味をしっかり感じるも後味がスッと切れる感じ 。



52_2



これいい感じのお酒ですね 。
お蕎麦はもちろん色んな食材の味を損なうことなく 、 お酒の旨味も楽しませてくれるようなお酒です 。



6__20191006150101



そしてそのお蕎麦が出されました 。



7_up_20191006150101



赤ポチが散りばめられたお蕎麦は前回同様の美味しさで 、 剥き実挽きぐるみ系の風味が広がります 。



8__20191006150101



鴨汁には三つ葉と青ネギが入る 。 



9__20191006150101



鴨肉は5枚程入っていますが 、

      薄くはないがチョイと肉厚が乏しい 。



10__20191006150101



汁の味はバランスが素敵で 、 全部蕎麦湯と共に頂きたいくらいと思ったのでした 。


でも 、

どうしよう 。
せっかくの二回目 、 これで帰ってええんか !!

         でっ 、 決断


玉子とじ蕎麦をお蕎麦少ない目でお願いすると 、 「 ミニでお出しします 」 。
えっ 、 ミニって有るの ??
「 無いのですがミニでお出ししますよ 」

というありがたいお言葉を頂きました 。



11__20191006150101



とじは以外にも出汁の旨味をスポイルしがちなお店が多いのですが 、 こちらのとじ蕎麦は ・ ・ ・

美味しい !!



12_up_20191006151001



そして       綺麗 !!

優しい汁の旨味をそのままにトロみを残した玉子とじ 。
これ 、 一回親子丼かカツ丼を食べてみたい 。



13_up



お汁  、   飲み干してしまいました 。


         (;^^)ヘ..


最後は残しておいた鴨汁で蕎麦湯を頂いて



14__20191006151001



これでこの日の幸せ終了です 。

お店は→大阪府和泉市伯太町6-7-1
電話は→0725-44-8454
営業は→11:00~21:00
お休み→火曜日
駐車場→すぐ近くに4台有り
最寄駅→JR信太山駅 徒歩約5分

| | コメント (0)

2019年9月29日 (日)

大阪八尾にある茶舗のお蕎麦屋さんって 「 楠喜 」

 

私にとって八尾と言えば そば切りにしだ なのですが 、 実はこのお店も以前から気になっていました 。
明治26年創業の老舗茶舗( しにせちゃほ )が昭和60年に開いた蕎麦店「 楠喜 」そば処・酒房 。
お茶屋さんなので茶そばが名物かと思えば 、 何と一押しは八尾の若ごぼうを使用した葉ごんぼそばと河内鴨あぶりつけ麺 。
        もちろん茶そばもあります 。

この日東大阪に所用があり 、 ようやくお伺いしました 。



1__20190929170801



近鉄八尾駅にほど近いファミリーロードというアーケード商店街にお店はあります 。



2__20190929170801


店頭は


      確かにお茶屋さん !


でもお店の奥の引き戸を開ければ民芸調の蕎麦店が現れます 。
お店のHPで物色しておいた 河内鴨あぶりつけ麺 をお願いしました 。

       要は鴨汁蕎麦です 。


3_1



丼物などとの定食類もそろっています 。
以前神楽坂のお蕎麦屋さんで呑んだことのある八海山ビールもある 。




4_2



お昼の一品は無いようですが 、 常時10種類以上のお酒を取りそろえているとのことで蕎麦屋酒が楽しめそうです 。

          これは一度電車でお伺いしなければ !


一階は四人掛けテーブルが7卓 ? 二階は最大16名の宴会が可能とのこと 。



5__20190929170801



お蕎麦が出され 、 写真撮ってもいいですかと問いかけると 「 まずはお蕎麦だけをこの特製お塩で 、 山葵はお蕎麦に直接つけて 。 後は好みでこの山椒を鴨汁に掛けてください 」 、 との説明を頂きました 。



                もちろんです !



6_up_20190929170801



まずは何も付けずにお蕎麦だけで幾手繰りか頂くと 。 。 。


おっ 、 美味しい 。



62_




少し柔らかめでしなやかなコシを持ち 、 仄かに広がるお蕎麦の風味が結構美味しさをさ感じる 。 



7__20190929171801



しかも特筆は ・ ・ ・



        鴨 汁 だ



8__20190929171801




汁は至極あっさりなのですがしっかりと旨味を感じ 、 しかも肉厚の鴨肉はかなり軟らかく仕上げられている 。
これは鴨汁だけでお酒を二合はいけそうだ 。



9__20190929171801



コッテリ派にはもの足らないかもしれませんが 、 とてもバランスのとれた鴨汁だと思いました 。

お蕎麦半分くらいを何も付けず 、 または塩や山葵で頂き 。。
残りを鴨汁で楽しみました 。



10__20190929171801



蕎麦湯をお願いする時に気になった張り紙メニュー 。
塩小豆が載っているのが特徴の塩あずき抹茶ぷりん 。



            プリンではなくて 「 ぷりん 」です


11__20190929171801



抹茶の香りと塩小豆の少し抑えた甘味が素敵にコラボ 。


12_2_20190929172701



デザートまでいただいて ・ ・ ・ 


13__20190929172701



これでこの日の幸せ終了です 。


追伸 : この日ちょっとしたアクシデントがありました 。
JR高井田中央から近鉄布施に行ったのですが 、 乗り換えホームに降りると急行が停車していたので飛び乗ったら 、 車内アナウンスで 「 次は河内国分です 」! えっ 河内国分ですか ?



       河 内 国 分 ? 八尾とちゃうん ?



         エッ 八尾に止まらんの ?



で 、 仕方なく奈良県境近くの河内国分で下車し 、 八尾まで折り返したのでした 。

     しかも区間準急で各駅停車 。

この日初めて知ったことは 、
八尾には準急以下の電車しか止まらない !!

お店は→大阪府八尾市本町5-3-11ファミリーロード内
   (常光寺を西に80m)
電話は→072-922-7298
営業は→11:30~15:00(LO14:30) 17:00~21:00(LO20:30)
お休み→月曜日、2週目・4週目の火曜日
駐車場→近くにコインパーキング有り
最寄り駅→近鉄八尾駅 徒歩約7分

| | コメント (0)

2019年9月15日 (日)

和食 縁 蕎麦切り 大阪市は谷町二丁目

お店のホームページには通常のおそばメニューに加え 、 十割蕎麦と丼 ・ 十割蕎麦とお重のランチセットが豊富に並んでいたが 、 気になったのは下に書かれた土曜日特別のランチメニュー 。

しかもランチタイムにもかかわらず 、


  ゆっくりとお酒と共にいかがでしょうか


と添え書きされていたのだ 。


   えっ 、 ゆっくりお酒呑んでエエの ?



    ほんまにゆっくり呑んでエエの ?



お昼は一品が無いようなのでこれは楽しみとばかり出かけてきました 。




1__20190915214801


谷町二丁目にあるお店は一階に厨房前のカウンター7席と二人掛けテーブル二卓 、 二階には最大22席程のテーブル席ががあるようだ 。

で 、 カウンターに席を頂きメニューを開くと



     どこにも土曜日特別ランチが見当たらない 。


お店の方にお昼のセットはここにあるものだけですか?とたずねると「そうです」とのこと 。


               がーんっ (~_~;)


お酒をゆっくり楽しめるとのことで 、 どんなセットかずいぶん楽しみにしていたのに 。

( 実は後でHPを読み返してみると 、 どうやらランチセット全体を指しているようです  (..;) )

という事で温冷どちらかのお蕎麦に季節野菜の天麩羅と稲荷寿司 、 それに甘味がつく縁セットと茨城のお酒 武勇 を注文です 。


2__20190915214801


お酒はグラスで6尺くらいでしょうか 。
突き出しの揚げ蕎麦(かな?)でお酒を呑んでるとお蕎麦登場。




3__20190915214801



配されたお蕎麦は長方形のせいろに薄く盛られています。
お稲荷さんが二個ついているので女性ならこれくらいがちょうど良いかもしれませんが 、 男性は少し物足りないかもしれませんね 。( 私にはこれで満足なのですが )



4__20190915214801



薬味は山葵のみが添えられていて 、 おネギはカウンターに置かれたミニ壺からお好みで好きなだけ 。



5_up_20190915214801



平打ち加減のお蕎麦は若干柔らかめのしなやかなコシを持ち 、  味はあっさり目ですが噛み進むと風味も湧き出ます 。



6__20190915214801



盛り汁は蕎麦猪口の底にほんの少しだけ 。
蕎麦の先っちょだけをチョン漬けしてたべる江戸蕎麦風 。
一舐めしてみると確かにお醤油が少し勝つ辛汁系です 。



7__20190915215701



ドップリしたい関西人なら全然足らない盛り汁の量ですが 、 つぎ足しの汁徳利が付いているので安心かもしれません 。
( 最も汁無しで頂く私には全然OKですけどね 。 )

汁なし完食いたしました 。




8__20190915215701



天麩羅は塩が添えられていて 、 ブロッコリーと南京に椎茸 、 それにネギなどと少しお上品な量でしたが 、 サクッとして ( というよりカリッに近いかな ) 。



9_up



ジューシーなお揚げさんに包まれたお稲荷さんは二口サイズほどの大きさ 。
一口食べてみるとご飯がほんのりと赤い 。!
赤酢を使っているようですね 。


10__20190915215701



山葵を載せて頂くと程よい甘さに美味しいアクセント 。

もう一つを食べてみるとこちらは白いので 、 紅白のおめでたいおいなりさんでした 。

さてそろそろ蕎麦湯とデザートをお願いします 。



11_1

 


甘味は餅米の上に粒餡きな粉か 、 タップリきな粉を載せたものからチョイス 。

私はタップリきな粉の方をお願いしました 。
これがかなりきな粉タップリ !   めっちゃタップリ !!

( 結構甘い  まあ甘味ですからね )



12_2_20190915215701



白濁の蕎麦湯は僅かにトロみをおび 、 少し辛めの盛り汁の旨味を引き出すもので 、 大変美味しくい頂きました 。


13__20190915215701

 


これでこの日の幸せ終了です 。




お店は→大阪市中央区谷町2-8-6
電話は→06 - 6949 - 2500
営業は→ 11:30~15:00(L.O.14:00)
     18:00~24:00(L.O.22:00)
お休み→日曜日
最寄り駅→地下鉄・京阪各天満橋駅 徒歩約3分
駐車場→近隣コインパーキング利用

| | コメント (0)

2019年9月 1日 (日)

大阪市天神橋2丁目 天神 土山人にようやく行ってきた

昨年(H30)  天神橋筋2丁目商店街に土山人が開店 。
また土山人出身の方が堺に雲母を開いたのも同時期で 、 やはり同じ頃に土山人出身の守破離も黒門に支店を開店 。
何か面白いですね 。

初めて雲母に訪れる時は天神土山人とどちらに伺うか迷ったものです 。
実は私 ・ ・ ・

       実はいままで土山人のすだち蕎麦を食べたことがなかった (..;)

なので初めて土山人の すだち蕎麦 を頂こうと訪れたのですが 、

地下鉄南森町駅から地上に上がると 、



           迷った 。



       最近地下から地上に上がると方向がわからないのは年のせい ?


商店街を行ったり来たりして何と30分のロスでやっと到着 。
本日の帰宅タイムリミットギリギリか
(T-T)



1__20190901164701


紺地に白抜きの土山人の文字がなんか可愛い 。
入り口脇には当然のように素敵な一品が並ぶメニュー 。




2__20190901164701


しかし 、 不本意ながら蕎麦前+酒肴タイムを諦めて (;。;)


     スダチ蕎麦一杯ならなんとかなる !



     ギリギリまで初志貫徹 !


そう思いながらお店の引き戸を開けると ・ ・ ・


       えっ     お客さん一杯 !


もしかしてこれ 、   や ば い   かも  (-.-;

とりあえず広島のお酒 亀齢すだち蕎麦 をお願い !

出されたのは片口では無く注ぎ口の無い器に入れられたお酒とお猪口 。


3__20190901164701


これって 、 お猪口に注ぎ難いんちゃうん 。
で 、 テーブルにもお酒のお裾分けをしてあげることに 。

流石にお蕎麦は時間がかかりましたが 、 向かいの先客より早く出されました 。
( 多くのお客様がすだち蕎麦を注文していましたからね )


4__20190901164701


まずは冷やかけ汁をズズッ 、 そして酸味調整に数枚の輪切りすだちを取り皿に除け 、 次いでお蕎麦を手繰りあげます 。
爽やかな酸味をまとった出汁の効いたお汁が口中にすーっと流れ込み喉を流下 。



     これこれこの味この酸味 !!



冷やかけなのでお蕎麦の味もコシもキッチリと楽しめる 。



5_up_20190901164701


しばらく食べ進み輪切りすだちを半分以上取り除きます 。

長い間そのままで置くと酸味と共に苦みが出てくるので 、 もったいないけどこれは大切 。
( あくまでも好みなのですが 、 出汁と酸味の絶妙なバランスがもったいない気がして )
( 老婆心ながら )


6__20190901164701


不快指数200%くらいのジメジメ暑さのこの日 、 冷房の効いた店内でこのお蕎麦を食べると 、 食欲増進・爽やかさ満点 、 元気を取り戻してお店を後にしました 。

ギリ駆け込みでかろうじて電車に乗り込み 、 予定通り無事家に到着することが出来たとさ 。 めでたしめでたし 。


これでこの日の幸せ終了です 。


セーフ !!

お店は→大阪市北区天神橋2-1-18
電話は→06-6766-4688
営業は→11:30~15:00(14:30LO)
    17:30~23:00(22:00LO)日祝は~22:30(21:30LO)
お休み→水曜日
最寄り駅→地下鉄南森町駅・JR大阪天満宮 徒歩約3分

| | コメント (0)

2019年7月28日 (日)

祭礼の日のそば酒 大阪府貝塚市は 「 仙太郎 」

久しぶりに貝塚の「 仙太郎 」へ行ってきました 。
南海貝塚駅から徒歩約3分という駅近手打ち蕎麦店です 。


1__20190728184301

 

泉大津の「 草香 」から独立して開店したお蕎麦屋さん 。
お店は和歌山の天野凡愚ゆかりの方達が手がけたデザイン 。


2__20190728184301



店内は中央に大テーブル 、 それを囲むように壁際に二人掛けのテーブルが配置されています 。

こちらはランチタイムでも蕎麦前を楽しませてくれるとっても素敵な 、 そして ありがたい お店なのだ 。

おすすめはたくさんあるのですが 、 この日はネギの天ぷらと酒盗クリームチーズ 、 そして蕎麦前は三輪福をお願いしました 。
岸和田市にある井坂酒造が醸すお酒です 。



3__20190728184301



岸和田のお酒ってあまり聞いた事無いのだけれど 、 これ結構美味しい味わい 。


    三輪福美味しい !


少しフルーティー感も有って食前酒にもよろしいかと思います 。

酒盗クリームチーズは言うまでも無く


ザ・酒肴


といっても       過言では無い。

美味しいですよ     お酒のお供として 。

 

4__20190728184301

 

クリーミーなチーズに酒盗の塩辛さと旨味が重なり 、


 酒や 酒や !   酒もってこい !!


もうこれは 、 究極の幸せや (#^.^#)


     てっ 、 酔っ払いか ?

 

5__20190728184301

 

対照的な味付けの海老豆が添えられて 、 これも一粒一粒が味わい深くお酒のお供になるのだ 。

次に出されたネギの天ぷらは白ネギを斜め切りにして揚げているのですが 、 加熱する事によって甘味が増し 、 仕上げに掛けられた薄塩で更に甘味パワーアップ 。


       大好きネギ天 !



6__20190728184301

 

こちらに来るとほぼお願いする大好きな一品なのです 。
鴨の塩焼きに添えられる葱焼きも美味しいのですけど 、 天麩羅にしたのもまたいい  !
海老や椎茸や南京は無いけれど ・ ・ ・


   ネギだけでも 、 美味しいんです !


アッ 、 ネギに感情移入してた 。ネギはこの辺にして 、 お酒は秋田の うまからまんさく 。



7__20190728185601



残しておいた酒盗クリームチーズをチビチビ頂きながら 、 そろそろのお蕎麦は鴨汁で 。



8__20190728185601

 


鴨汁は少し大きめの鉢に入り供されます 。

黒ポチや赤ポチが散りばめられた剥き実挽きぐるみ系ブレンドのお蕎麦は細打ちで 、 丁寧に切りそろえられたべっぴん蕎麦 。



9__20190728185601

 


この時期で有りながら比較的お蕎麦の味もちゃんと楽しめます 。

( 夏蕎麦なら新そばの季節となりますが )

鴨汁にはサイの目に切られた鴨肉 。



10__20190728185601



モモ肉なのか少ししっかりとした歯ごたえ 。



11__20190728185601



もちろんお葱もタップリと入っていますよ !


12_1



しかも茸までたくさん入っているのだ 。


13_2



これは蔦屋のように鴨椀として一品で出して頂きたい 。


14__20190728190301



少しだけですがお蕎麦の最後は鴨汁で楽しんだのでした 。


15__20190728190301



蕎麦湯と共に木さじが添えられた蕎麦猪口が出されました 。
鴨汁蕎麦をお願いしたときには特にこれが嬉しいですよね 。


16_up_20190728190301

 

タップリと残った汁で蕎麦湯を頂くのは濃すぎますから !
蕎麦湯で鴨汁を楽しんで 、 そして余韻を楽しんで 。

これでこの日の幸せ終了です 。


17_2



追伸

この日貝塚は祭礼で 、 布団太鼓の山車が駅前広場まで入ってきて 、 思わず写真を撮っていると 、 、 、


18_1



19_2

 


        あちゃーっ


          電車 、 乗り遅れてしまった  (;^^)ヘ..



仙太郎

お店は→大阪府貝塚市海塚3丁目7-9
営業は→11:30~14:00(LO) 18:00~21:30
電話は→072-477-6559
定休日→月曜日
最寄り駅→南海貝塚駅 徒歩約3分
駐車場→有り(3台程度)


位置図

Photo_20190728191201

| | コメント (0)

2019年7月14日 (日)

美味しいうぐいすそば 堺市は「門前そば 御陵庵」

大阪府堺市にある方違神社は 、 家を建てたりするときに方角を見てもらう神社として有名なのですが 、 その門前にあるのが門前そば御陵庵 ( みかどあん ) 。


1__20190714213501



こちらは単なる門前のそば処ではありません 。
きっちりとお蕎麦の美味しさを追求されている 、 なかなか素敵なお店だと思うのです 。

この日かなり久しぶりの訪問となりました 。

十割うぐいすそばがとても気になっていたので 、 天うぐいすそばとお酒をお願いします 。


2__20190714213501



うぐいすそばとは少し緑がかったお蕎麦のようですが 、 この時期はなかなかそうはいかないだろうと思っていました 。


       うーん



出されたお蕎麦は僅かに緑がかっているようないないような 。


3__20190714213501



でもいやいやなかなか 、 それは黒ポチ混じりの極細打ち 。
目にした瞬間に美味しそうで 、 とても素敵なべっぴん蕎麦だ 。
一手繰りすると 、



           んっ !



こっ 、 こっ 、 これは ・ ・ ・




           見た目どおりの味では無いか !!



極細打ちにもかかわらず一噛みした瞬間感じるコシ 。
しかもちゃんとしなやかさも兼ね備えられているのだ 。



4_up_20190714213501



何よりもお蕎麦自身の味がちゃんと出ているのがいい 。

剥き実挽きぐるみが蕎麦の香ばしさを出し 、 僅かに混ざる黒ポチがお蕎麦に素朴さを添えています 。

天麩羅は少しばかりお上品な量ですが 、 サックリと程よい揚がり具合 。



5__20190714213501



汁無しでお蕎麦を食べ終える頃に 、 ある事が頭の中でもわもわっと湧き上がってきた 。



                      せいろも食べたい !!


で 、 お酒のおかわりと共に       せいろ蕎麦追加 !!!


残りの天麩羅を肴にお酒を飲んでいると 、


来たーっ 。


写真を撮るのもそこそこに卵シャカシャカかき混ぜ作業着手 。



6_1



手早くしないと汁とお蕎麦が冷めてしまいますからね 。
かき混ぜた卵の入る蕎麦猪口に熱々汁を注ぎ入れ 、 熱々蕎麦をドップリ漬けてズズズッと啜り上げる 。



美味しー っ !



少し辛めの汁が卵のまろみで優しくなり 、 コシの残る田舎系のお蕎麦に絡んで胃の腑に収まります 。



7__20190714213501



同じ堺でもちく満とは正反対のお蕎麦ですが 、 コシ抜けヤワヤワのせいろ蕎麦が苦手だという人もこれなら食べられるかもしれませんね 。



8__20190714213501



フンワリと柔らかい卵の花が咲いた汁に蕎麦湯を注ぎ入れ頂くと 、 味わい深く地味ある仕上げとなりました 。


9__20190714213501



これでこの日の幸せ終了です 。




門前そば 御陵庵( みかどあん )


Photo_20190714215601


お店は→堺市堺区北三国ヶ丘町1-2-38
電話は→072-233-6854
営業は→11:00~17:00
お休み→火曜日
駐車場→無し
最寄り駅→南海高野線 堺東駅北東出口約450m

| | コメント (0)

2019年6月30日 (日)

粗挽き田舎が美味しい 大阪は住吉大社「 寒ざらし蕎麦 芦生 」

南海高野線河内長野駅すぐの路地裏でお店を営んでいた寒ざらし蕎麦芦生 。
なんばこめじるしでの営業を終え現在は住吉大社近くにある粉浜商店街に店を構えている 。


1__20190630145301


南海住吉大社駅西口から左手に進むとすぐに粉浜商店街入り口 。


2__20190630145301


お店は商店街に入り一つ目の交差点を右に曲がるとすぐ左手 。


3__20190630145301



入り口左手には打ち場もあります 。


4__20190630145301



こちらでは女性の方がお蕎麦を打っておられます 。


5__20190630145301



オーダーは八海山と鴨葱焼き 、 それに粗挽き田舎蕎麦 。


6__20190630145301


山葵茎漬けが添えられました 。

7__20190630145301


箸置きがなんとも可愛いではありませんか 。
お昼はご飯とぬか漬けがサービスですがぬか漬けだけ頂きました 。


8__20190630145301


次に鴨葱焼きが出されます 。
茨城県かすみがうら市にある西崎ファームの鴨 。


9__20190630145301

 

タレかけで出された鴨焼きは柔らかくて美味しい 。
さてお蕎麦は少ない目でお願いしました 。



10__20190630145301


芦生のお蕎麦の骨頂は寒ざらし蕎麦なのですが 、 私の好みは

       粗挽き田舎蕎麦 !

黒ポチ一杯粗挽きの色黒お蕎麦は二日ほど寝かした熟成で 、 穀物感よりもナッツの味わいと香りが口に鼻に広がる 。

    野性的な姿がめっちゃ素敵蕎麦 。


11_up_20190630150701

 

かみ締めるほどにどんどん旨味があふれ出るお蕎麦 。

     我孫子の和さんとお知り合いとのことで教えてもらったのかな?

なのでお酒のあてにもグッドなのです 。


12__20190630150701



ここでお酒のおかわりは往馬( いこま ) 。


13__20190630150701

 


涼しげなガラスの酒器で出されました 。
お蕎麦を肴にお酒を頂いて 、 蕎麦湯で締めたのでした 。



14__20190630150701

 

これでこの日の幸せ終了です 。




寒ざらしそば 芦生

お店は→大阪市住吉区東粉浜3丁目27番18号
電話は→06-6615-9980
営業は→11:00~15:00(LO 15:00)17:00~21:00 (LO 20:30)
お休み→月曜日
最寄り駅→南海住吉大社駅 徒歩約3分
駐車場→近隣コインパーキング利用

| | コメント (0)

2019年6月16日 (日)

ご無沙汰 大阪道頓堀は手打ちそば星(あかり)で蕎麦酒

 

久しぶりに道頓堀へ   来たーっ !
         古っ

 

1__11


道頓堀の国際ストリートぶりは相変わらずの多言語交錯状態 。



2_1



そんな人並みをかいくぐりながらやってきたのは 、

道頓堀「 手打ちそば 星 (あかり) 」 。

ほぼ一年ぶりの訪問 。    かな ?

蕎麦粉をはじめ辛み大根など福井の素材を使う 、 どことなく飄々としたご主人が切り盛りする手打ち蕎麦のお店です 。



3_2



          「 ご無沙汰です ・ ・ ・  」


「 ・・ あ っ 、 ほんま 久しぶりやね 、  今日は早ない ? 」

「 歩きに行った帰りと違て 、 今日はここへ来たよってに 」 。

「 えーっ 、 そらわざわざおおきに 」 。


4__11


そんな挨拶をして道頓堀川を望むいつものカウンター奥に席を頂きました 。

お酒は呉春 。 池田にある江戸時代から続く老舗蔵のお酒だ 。



5__11



そして  そして  久しぶりの大好きなナメコおろし 。


     ・ ・ ・ うれしい (;。;)


紫色の辛味大根 。
私は星のこれが大好きで必ず注文します 。



6__8



結構辛めの紫大根とナメコの甘みに鰹節の旨味が重なる三重奏 。
まさにお酒のお供にピッタリのハーモニーを奏でる 。



7_up_1



これをチビチビ食べながらお酒をコクコク ・ ・ ・ そして




         酔っ払う 。



8__8



季節によって紫が白に変わる辛味大根おろしです 。

そういえば以前一度だけたぬきをお願いしたことも有りました 。


9__7



久しぶりのこの日はちょっと奮発して 、 、




   天 麩 羅 鴨 汁 蕎 麦 
!!




           もちろんお蕎麦後出しで (^0^)



そしてお酒のお代わりは八海山 。



11__6



天麩羅は海老とかき揚げに海苔 、 そして大葉 。
サックリと揚がっています 。


一見濃厚そうな鴨汁は見た目通りコクがあるのに意外なほどしつこくない仕上がりなのです 。



12__7



鴨汁にはつくねが入り 、 鴨肉も柔らかく . 。o



13__7



お蕎麦のお供はお酒のお供 (;^^)ヘ..


14__5



次いでのお酒は平野酒 !!

天麩羅や鴨汁を楽しんで ・ ・ ・


さてそろそろお蕎麦に移りましょう 。



15__5



あれ 、 なんか白っぽい 。
黒ポチも有って美味しいんだけど 。
でもなんか白っぽくなった気がする 。




16_up



と 、 そう思って過去ログをひもといてみると 、 前回とあまり変わってませんでした   (~_~;)

マスターは「 仕入れ先を変えたから 」 。
あっ 、 前もそんな話をしたような気がする 。

まっ 、 美味しければ良いんですけどね 。



17__4



きっちりとコシがある挽きぐるみブレンドのお蕎麦は 、 田舎くささが少し和らいだ気がするのですが 、

 それは酔いのせいかもしれません 。

いつ来てもホッコリさせてくれる 、 ある意味昔の道頓堀らしいお店と言えるでしょう 。



18__5



旨味たっぷりの蕎麦湯を頂いて


これでこの日の幸せ終了です 。



お店は→大阪市中央区道頓堀1-1-9 豊栄ビル1F
電話は→06-6212-5450
営業は→AM12:00~15:00 18:00~
    AM11:30~AM3:00(土日)
お休み→不定休
最寄り駅→地下鉄日本橋駅 2番出口徒歩約3分


| | コメント (0)

2019年5月12日 (日)

出前OK手打ち蕎麦店 大阪府和泉市は「万作」


以前から気になっていた町のお蕎麦屋さん 「 万作 」 。

一見良く有る蕎麦うどんのお店なのだが 、 電動石臼自家製粉の手打ちそばを出すお店なのだそうだ 。

この日ようやく訪れることが出来た 。


1__6




Y字型三叉路の股部分に立地するお店前には 、 出前機を取り付けた単車が佇んでいた 。



2__5



これは  出前全然OKですよ ! 



        と言うことですよね 。





店内は左手に四人掛けテーブルが4卓 、 右手が厨房になっていて 、 その突き当たりにお座敷が設えられている 。

お品書きを見ている間にも出前の電話が掛かっていました (^・^)
やはり地域密着型町蕎麦店なのでしょうね 。

メニューはお蕎麦・おうどんはもとより 、 ミニうどんかミニ蕎麦が付いた定食が豊富で 、 丼物も玉丼(680円)からカツカレー丼(1200円)まで9種類揃う 。

その中で私がお願いしたのは ・ ・ ・ ・


もちろん 、   これだ !



3__5



鴨せいろ !


お母さんが 「 お蕎麦は冷たいのと温かいのを選べますが 、 お勧めは 、 、 、



       冷たいのです




初めてのお店なので                「 では  それで 」 (ーー;)


お蕎麦は端正な極細打ちで小さな黒ポチも少し混ざり 、 キッチリと角が立ちとても綺麗に切り揃えられています 。

思わず 「 これ手打ちですよね ? 」 と確認した程だ 。

まずは汁無しのお蕎麦だけで2/3程食べ進みます 。



4_up_2




お 、  美味しい !       美味しいやんか !!





抜き実ブレンドの白っぽいお蕎麦なのですが 、 これがなかなか美味しくて全部汁無しで頂きたい程 。



5__6




でも鴨せいろなので少しは鴨汁と共に楽しみたい 。



6__4





鴨汁は少しアッサリかもしれませんが 、 極細打ちのお蕎麦には丁度良い加減でしょう 。
鴨肉も柔らかい仕上がりです 。




7__5




蕎麦湯にはちゃんと蕎麦猪口とレンゲが添えられているのが嬉しい (特に鴨汁にはね ! ) . 。o〇




8__4



蕎麦湯を頂いていると ・ ・ ・ ・

 

 

沸々    沸々   沸々とわき上がる思い 。



熱盛りも食べてみたい っ !!





で 、 せいろを追加してしまいました 。 (;^^)ヘ..


しかし 、   しかしね 、   しかしなのだけど !



湯気のせいなのか 、 なんと写真がガタガタ  (-.-;




こんな事無かったのですが 、 あえて載せてみました 。


9__4




玉子を蕎麦猪口に割り入れてかき回し 、 熱々汁を注ぎ入れるとほんのり半熟に凝固 。

お蕎麦から立ち上るムワッとした蕎麦の香りと味が鼻先に 、 口の中に 、 そして舌の上に広がる 。




10__3




お蕎麦だけで一手繰りすると



こ 、  こっ 、  これも美味しい !!




しかもこんなに極細打ちなのにそれなりにコシを保っているのがスゴイ 。



つなぎが多いのか   いやそんな野暮なことは考えまい 。

美味しければそれでいいのです 。



11__3



新たに出してくれた熱々蕎麦湯を注ぎ入れると 、 残った玉子がフンワリと花咲きまた違った味を楽しめました 。

出前OKの庶民的な自家製粉手打ち蕎麦店 、 こんな素敵な市井のお店が家の近所に有ったらどんなに素敵でしょう 。

近いうちにまた来よう 、 
そう思いながら


これでこの日の幸せ終了です。



万作

お店は→大阪府和泉市伯太町6-7-1
電話は→0725-44-8454
営業は→11:00~21:00
お休み→火曜日
駐車場→すぐ近くに4台有り
最寄駅→JR信太山駅 徒歩約5分

| | コメント (0)

より以前の記事一覧