カテゴリー「お蕎麦の和歌山」の記事

2020年10月25日 (日)

和歌山県田辺市は龍神村 龍神蕎麦「和わく」

この日



   天気    いいっ !!




暑すぎる夏がようやく陰りを見せ 、 乾燥した秋の風が吹くようになりエアコンのお世話にならなくても充分快適に車を走らせる季節 。

久し振りにワインディングロードを走ろうと龍神村に訪れてきました 。

目標は和わく

駐車場にはバイクが三台だけで ,どこにでも車止めてくださいね状態 。



1__20201025180501



保育所のあとを改装したお店は 、 龍神村らしいウッディーなしつらえは和モダンを感じる 。



2__20201025180501



今回も前回同様鴨浸け蕎麦 。 それにバッテラを頂きました 。


3__20201025180501



黒ポチが散りばめられたお蕎麦は 、 見た目バッチリの田舎風に仕上げられています 。


4_up_20201025180501




ただ 、(・0・)



5__20201025180501




やはり鴨汁は ・ ・ ・


          ぬるい !!



もはやこれはお店のスタイル ? と言わざるを得ない 。

でもコッテリ過ぎずサラッとしているのにちゃんと美味しさを感じるのは私好み . 。o○



6__20201025180501



以前よりエッジが立っているようなお蕎麦を一手繰りすると 、 剥き実挽きぐるみの風味がフンワリと広がり 程よいコシを感じる 。


7__20201025181301



初めて訪れたときのお蕎麦から比べると随分綺麗に打たれています 。


8__20201025181301



バッテラも空気を含ませた押し加減でふっくら美味しい 。


9__20201025181301



最後の一切れは蕎麦湯と共に頂いてお店を後にしました 。


10__20201025181301



これでこの日の幸せ終了です 。


11__20201025181301

 



和わく

お店は→和歌山県田辺市龍神村甲斐ノ川443
電話は→0739-77-0677
営業は→11:00〜15:00
お休み→金曜日
駐車場→すぐ近くに第一・第二有り

| | コメント (0)

2020年8月16日 (日)

和歌山で熱盛り 和歌山市は寿の助そば

 

熱盛り蕎麦と言えば何と言っても創業300年以上と言われる堺のちく満ですよね 。
(もっともちく満ではせいろといいますが)

溶き卵に熱々汁を入れ 、 せいろ箱で出された熱々蕎麦を浸けて食べる 。
しかもそのお蕎麦がポテポテヤワヤワの腰抜け蕎麦 。
なのだが 、 これがとっても美味しくて癖になる味で 、 年に何度かは無性に食べたくなって出かけてしまうのだ 。


さて 、 和歌山市にも随分以前からちく満のようなスタイルのお蕎麦を出すお店があります 。

それが鯨料理と手打ち蕎麦の店「 寿の助そば 」 。



1_1_20200816200501

 

2_2_20200816200501



鯨と銘打つだけ有って鯨料理のメニューが色々揃う 。



3_3

 

4_4



注文したのは天あつ1斤半(いっきんはん) 。
(天ざるの熱盛り版で 、 一斤は一人前) 。



5__20200816200501




まずは玉子をカシャカシャッと混ぜておきます 。



6__20200816200501




  ハ イ ッ  準 備 完 了 !



しばらくして熱々お汁と熱々お蕎麦の登場 。

熱々お汁を溶き卵に注ぎ入れるとわずかに卵が固まります 。

 


     いざ 実 食 !!




7__20200816201901




なんといっても熱盛の特徴は


    冷めないうちに食べきる !



要は勢いのお蕎麦なのです 。

それが嫌なら普通のざるそばを食べましょう 。




8_up_20200816201901




お蕎麦は中細で少しコシが残る感じ 。
駆けつけ三手繰り 。



9__20200816201901




少し遅れて天麩羅も到着 。
ですが 、天婦羅は少しお預けで 、 しばしお蕎麦に集中 。

      何せ勢いが身上のお蕎麦ですからね (^0^)




10_2




お蕎麦はわりと美味しくて 、 汁も出汁の効いた少し辛めの汁ですがちく満に比べ少し甘めかも知れません 。

天麩羅も冷めないうちに合間合間で頂きました 。


     エビ天少し細かったですけど (;^^)ヘ..




12__20200816201901




残った汁に蕎麦湯を入れると汁に残った玉子がほんのりと固まり 、 ホッコリとフンワリと最後の〆と致しました 。

私的には 、 お蕎麦を頂くなら「ちく満」なのですが 、
お酒を頂くのならこちらかも知れません 。(;^^)ヘ..

これでこの日の幸せ終了です。


 

寿の助そば

お店は→和歌山市黒田185-5
電話は→073-472-6966
営業は→11:00~14:00 17:00~22:00
お休み→水曜日
駐車場→店舗前と少し西に有り
最寄駅→JR和歌山駅 徒歩約10分

| | コメント (0)

2020年8月 2日 (日)

ある日の中道 和歌山市は毛革屋丁

 

ぼちぼちコロナの第一波も収まりつつ 、 これは久し振りに大阪へ出ばれるか ・ ・ ・
とりあえず在庫処理にも一段落 ?

そう思ったのもつかの間 ・ ・ ・

第2波が始まってしまいました 。

東京は無理としても大阪ですらまた遠のいた !!

やはり在庫処理となります 。

 

和歌山の老舗蕎麦店 「 信濃庵 」の次男さんが独立して手打ち蕎麦屋を開いてもう6年になる 。

私にとって中道は地元手打ち蕎麦店として 、 田舎を出すそば切り徳 、 江戸蕎麦のかなや野田やと共に和歌山市四大手打ち蕎麦店の一つだと思っている 。



1__20200802181401




中道のお蕎麦の特徴は基本江戸蕎麦的なのだが 、 蕎麦殻を少しだけブレンドした物で 、 日によって割合を変えていて主に九一から外一で打っているようだ 。



2__20200802181401




中道のお酒は海南の名手酒造が醸す 「 黒牛 」 。
夏はガラス徳利 、 冬は片口で供される 。



3__20200802181401




私は 、 池波正太郎先生が仰る


蕎麦屋で酒を飲まぬなら 、 蕎麦屋に行く必要は無い !



同様お蕎麦屋さん=お酒なのだ 。

( 自分ではパブロフの犬と呼んでいる )




4__20200802181401





しかし和歌山のお蕎麦屋さんではお酒を飲むお客さんが極端に少なく 、 東京などと違ってお酒のアテを揃えているお店は少ないのが現状だ 。




5__20200802181401




6__20200802181401




中道では4~5品程の酒肴がある 。

マジックで塗りつぶされただし巻き 、 ここだけの話なんですが 、 夜の営業でお客さんが少なければもしかして注文できるかも 。 。 。




7__20200802181401




お勧めは豆腐もろみ漬け !



8__20200802181401




その食感から別名山ウニ豆腐と呼ばれ 、 甘さと辛さのバランスがとれしかも濃醇で 、味噌漬けとはまた違った味わいなのです 。
これをチビチビ舐めながらのお酒は進みます 。

突き出しはカイワレに鰹節を載せ返しを掛けたもので 、 シンプルだけどお酒に合います 。




9__20200802181401




そして蕎麦屋の定番 、 板わさ天盛り



10__20200802181401




天麩羅盛り合わせは海老が二尾に海苔というシンプルさ 。
海老の本数はオーダー可能です 。



11__20200802182901




私お気に入りのトロロは夏季限定 。


さあ 、 次は〆のお蕎麦たち 。




12_up_20200802182901




基本はざる蕎麦なのですが鴨せいろも大好き 。



13__20200802182901




鴨の旨味がたまりません 。


    鴨 大 好 き !!



そして普段は食べない汁蕎麦( 温蕎麦 )の中で好んで食べるのはもちろん鴨南蛮




14__20200802182901




関東に多い白ネギの筒切りをあぶったのも美味しいが 、 青ネギも甘くて絶品です 。




15_up




もう一つ大好きな汁蕎麦は 、 、 、


      とじ蕎麦 !!




16__20200802182901




玉子とじの真骨頂は何といてもふっくらととじられた玉子ですよね 。
中道の甘汁はどちらかというと関東風の醤油が勝った物ですが 、 玉子の甘味がまろやかさを添えます 。




17_up_20200802182901




最後に関西では結構人気のあるきざみ蕎麦 。
といってもお蕎麦を刻んでいるわけでは無い !

  わざわざ言われなくても知ってます !!




18__20200802182901




刻んだあげに汁が染みこんで 、 蕎麦と一緒に口に入れ噛みしめるとジュワーと出汁が広がりお蕎麦と揚げの三重奏となるのです 。



最近出来たお店では当たり前ですが 、 昔和歌山ではお願いせずとも蕎麦湯を出すお店は信濃庵だけだったと思います 。




19__20200802182901




中道の蕎麦湯は白濁さらっと系 。
盛り汁をこの蕎麦湯で割ると出汁の香りと旨味が立ち 、 とってもホッコリと余韻を楽しめます 。




20__20200802182901





ラーメン屋さんに比べると遙かに少ないですが 、和歌山でもニューウェイブ系の手打ち蕎麦屋さんが増えたことは嬉しい次第 。





手打ち蕎麦 中道

お店は→和歌山県和歌山市毛革屋丁7
電話は→073-423-1005
営業は→11:00~14:00 17:00~21:00(LO 30分前)
お休み→水曜の夜と木曜日
駐車場→6台(日曜は増)
最寄り駅→JR和歌山駅徒歩約15分
最寄りIC→阪和自動車 道和歌山ICから車で約10分

| | コメント (0)

2020年7月 5日 (日)

お酒頂きました 和歌山市は やまみち

 

令和2年3月に開店したやまみち 。
前回一人で 、 今回は二人でのご訪問 。
お席は入り口を入った左手の四人掛けテーブル席 。

テーブルには前回無かった注文用のタッチパネルが備えられている 。
(なんか調子悪かったそうで修理に出してたみたい)



1__20200705171501




お蕎麦屋さんで初めてのタッチパネル注文に

 

      緊 張    ( ̄。 ̄;)

 


ピッ   ピッ   ピッ

 

お蕎麦や一品にドリンクの画面でそれぞれピッピしながら注文 。
何度か失敗しながらも注文を済ませます 。

同行者はお蕎麦にワンドリンクと酒肴3品が付いたチョイのみセットを純米酒(一ノ蔵冷酒)で。
私は鴨ロースとやはり純米酒を冷やで注文しました 。

追加はまた画面でピッピ 。




2__20200705171501




酒肴はまずマグロと塩辛が配されます 。




3__20200705171501





なかなか素敵な酒肴たち 。

グラス酒なら4杯は充分いけるかも 。




4_up_20200705171501




壁に貼られた紙には 、
 冷たいお蕎麦はすべて大盛りです 。
 天麩羅のお塩は卓上にご用意をしているお塩をご使用く ださい 。
 和歌山県御坊産の天然塩です 。
とあります 。




5__20200705172301




多分御坊市塩屋の天塩のことですね 。

もう一つ 、 野菜の天麩羅も付いていますよ 。





6__20200705171501





私注文の鴨ロース 。

ハーフも有ったのですが 、 鴨好きの私としては

 

     フルサイズ 。





7__20200705172601




でもちょっと量が多かったかも知れません 。

(いえ 、 結構多めなのでお二人で食べることをお勧めします)



思いのほかあっさりとした味付けです 。


 

さて私のお蕎麦は海老出汁揚げ玉蕎麦 。




8__20200705172601

 

 

盛り汁は温かく少し飲んでみると ・ ・ ・


 

んっ    普通 !?

 



二手繰りほどお蕎麦を頂いたあと揚げ玉を少量入れてみたら 、 すると ・ ・ ・





9_up_20200705172601

 




    えびせんの味や !!

 



しかも皆がよく知る〇〇〇-のでは無く 、 愛知県のお高いえびせんの味っぽい 。




10__20200705172601

 



こちらのお蕎麦はお蕎麦単体でも美味しいので 、 前回は汁無しで頂いたのですが 、 今回は最初から終わりまでえびせん味を楽しみました (*^O^*)

最後にタッチパネルで蕎麦湯をお願いし 、





11__20200705172601





えびせん風味で香ばしい味の余韻を残しながらお店をあとにしました 。


これでこの日の幸せ終了です 。




オーガニック十割蕎麦と地魚 やまみち

お店は→和歌山市十二番丁23Ubldg.十二番丁1F
電話は→073-496-4427
営業は→11:00~21:30(LO21:00)
日祝11:00~14:30(LO14:00)
お休み→不定休
最寄駅→南海和歌山市駅徒歩約15分
バス停→和歌山バス京橋バス停徒歩2分

| | コメント (0)

2020年5月31日 (日)

更科の旨いアテ 和歌山市は「 更科本店 」

緊急事態宣言が解除されたとはいえ世間の状況はまだ予断を許さない新型コロナウィルス事情 。
なかなかあちこちに出かけることは出来ず 、 蔵出し在庫処理状態が続いています 。

さて今回は和歌山市でお蕎麦を頂ける食堂の代表的存在といえる「 更科本店 」です 。
和洋中揃うスーパー大衆蕎麦店だ 。



1__20200531171401



元気な大将に奥さんのきめ細やかな接客が素敵 。

ここでランチタイムを外した昼下がりにマッタリのんびーり昼蕎麦屋酒を楽しむのが大好きな私 。



2_up_20200531171401



この店で最近お気に入りの酒肴




それは           焼き豚 !




温められた焼き豚がキャベツと共に盛られマヨオン 。
意外にマヨとタレがマッチして美味しいのです 。


普段は入りとり



3__20200531171401



たまになたね



4__20200531171401



(入りとりは親子丼 、 菜種は木の葉丼の種だけと思ってもらって良い)


そしてエビ天が三尾入る天麩羅盛り合わせ



5__20200531171401



カツ丼ご飯抜き



6__20200531171401



写真はカツ丼ですがこの種だけが出ます 。

まれに卵焼き



7__20200531172601



などとお酒を冷やで二合程頂いているのだが 、 最近はちょっとこれにはまっています



8__20200531172601



そして〆のお蕎麦は湯通し鴨せいろ



9__20200531172601


10__20200531172601



か 、 釜揚げそば



11__20200531172601



JR和歌山駅前という立地から 、 ご常連はもちろん周辺にお勤めの方や観光客が多いのですが 、 13時半を超えると落ち着いてきます 。

皆様も是非マッタリしてくださいね !



更科本店

お店は→和歌山県和歌山市美園町4-59
電話は→073-422-1475
営業は→10時~21時(LO)※早めに閉まる場合有り
定休日→日曜・祝日
駐車場→有り(三台程度 すぐ前に地下駐車場もあり)
最寄り駅→JR和歌山駅(徒歩約3分)

| | コメント (0)

2020年5月24日 (日)

初めてのかけそば 和歌山は九度山町「幸村庵」

この日久し振りに幸村庵へ行ってきました 。

高野山の麓にある九度山町は真田昌幸・幸村縁の地 。


1__20200524151501



この幸村庵は10年程前町おこしに応募した人たちが真田家の本丸信州上田市で蕎麦打ちを習い開店したお店です 。



2__20200524151501



開店当初は昼夜の二部制でしたが 、 現在は通し営業に変わり便利になりました 。
メニューには温冷の単品蕎麦の他に幸村御膳や佐助御膳などのセットも有りバリエーション豊富 。



3__20200524151501




お蕎麦は天麩羅と卵焼きが付いた大介御膳です 。
この日初めてのかけそばでお願いしてみました 。



4__20200524151501




天麩羅にはエビ二尾に椎茸など野菜が付きます。



5__20200524151501



抹茶塩と天つゆの両方で楽しめるのが嬉しい . 。o○


6__20200524151501



かけそばは汁の色が比較的濃く 、 透明度は50%というところでしょうか 。

関西風というよりは関東に近い気がします 。
長野のかけ汁はこんな色なのかも知れません 。



7_up_20200524151501



東京で一番辛いと言われる浅草の並木藪そばのように 、 キッチリ味わうと辛味より出汁の旨味が出てきます 。


8__20200524151501



確か二八だったと思いますが 、 温蕎麦でも伸びにくく最後まで比較的美味しく頂くことが出来ました 。

    十割の極細打ちだとすぐにブチブチ切れてしまいますし 。

食後のコーヒーで残った揚げ蕎麦を頂き ・ ・ ・


これでこの日の幸せ終了です 。



お店は→伊都郡九度山町九度山1404番地
電話は→0736-54-3751
営業は→11:00~18:00(LO17:30)
お休み→月曜日(祝日の場合は翌平日)
駐車場→県道13号線沿いに観光P有り
最寄駅→南海高野線九度山駅 徒歩約10分







| | コメント (0)

2020年5月10日 (日)

新規開店お蕎麦屋さん 和歌山市は「やまみち」

 

令和2年3月22日、和歌山市に新しいお蕎麦屋さんが開店しました 。

オーガニック十割蕎麦と地魚 やまみち



1__20200510204601



居酒屋さんの紀州蔵がお店を移転してその後をお蕎麦屋さんにしました 。

    (コロナの関係で紀州蔵はまだ開店していないようです)

なので 、 夜は居酒屋使いが出来るようです 。
     (昼蕎麦屋酒もOKみたい)



2__20200510204601



入り口を入ると左右に個室的テーブル席が4つ 、 奥の左手にカウンター席 、 途中左手に厨房があり 、 一番奥にもテーブル席が何席か有るようです 。

さて四席分はあろうかという二席の広々カウンターに席を頂きました 。
(四人は充分に座れそうですが 、 今は二席使い? 実はFBによるとあとの椅子二つがまだ入らないらしい 。 でもこの椅子とても座り心地いい !

 ふと横を見ると電動石臼でお蕎麦が挽かれています 。
そこには福井県丸岡在来の文字 。



3__20200510204601



丸岡在来ですよ !

しかもこの時期   新そば ・ ・ ・ ??

どうやら晩秋に収穫した新そばを真空低温貯蔵しているらしい 。

メニューを眺めると 、 こちらの料理は



           グルテンフリーで無化調 !



しかもなんとアルコールまで



          オーガニック !



そしていろいろな種類のお蕎麦は大盛りが標準 !!
お願いしたのは


天然海老天1匹と自然栽培野菜天ざる 。


      長い  要は天ざるです ・ ・ ・ (-.-;)



4__20200510204601




薬味はカウンターに備えられた和歌山県御坊市のお塩と 、 配されたお蕎麦に添えられた生山葵のみ 。

お蕎麦はというと色々検索した情報には手打ちという言葉は無く 、 機械打ちかと思っていたのですが 、 お蕎麦を見るとどうも手打ち ?



5_up_20200510204601




とりあえずお蕎麦だけを一手繰り 。

あれ ?   美味しい !!




6__20200510204601




かみ締めると舌の表面に広がる僅かなお蕎麦のえぐみと 、 鼻腔に抜ける香りが結構素敵で 、 汁無しでぐんぐん食べ進んでしまう

合間に盛り汁を舐める 。
醤油が勝つ江戸風ですが 、 潤目(うるめ)やさば節で出汁を取り花鰹で仕上げているとのことからしっかりと旨味を感じる物です 。

お蕎麦の合間に天麩羅を少しずつ頂きます 。
天麩羅はやはり御坊のお塩で 。




7__20200510204601




グルテンフリーなので天麩羅の衣は 米 粉
なのでサクッと言うよりガリッと言う歯ごたえで 、 結構硬派な天麩羅です (*^O^*)



8_up_20200510204601



わりと太めのエビは有頭で頭もほぼ食べられます 。
ちなみに天使のエビではありません 。

えんどうもガリッ 、 ブロッコリーもガリッ 。


やはり大盛りサイズなので結構お腹に来ます 。
これでも足りない人は 、 玉子かけご飯やミニ丼もあるのでセットでお願いすると良いでしょう 。


さて蕎麦湯と蕎麦猪口をお願いして仕上げましょう 。



9__20200510204601





蕎麦湯は濃いめで少しトロ身がありそのままでも頂けそうですが 、 せっかくなので盛り汁を割って頂きます 。



10_up_20200510204601



出汁の旨味と返しの風味が際立ってバランス良く混ざり合って美味しく頂きました 。
これでこの日の幸せ終了です 。


PS:
時節柄テイクアウトメニューもあるようで 、 お蕎麦を初め一品等々全17種類もある 。
お店は→和歌山市十二番丁23Ubldg.十二番丁1F
電話は→073-496-4427
営業は→11:00~21:30(LO21:00)
           日祝11:00~14:30(LO14:00)
お休み→不定休
最寄駅→南海和歌山市駅徒歩約15分
バス停→和歌山バス京橋バス停徒歩2分







| | コメント (0)

2020年2月 9日 (日)

和歌山県有田川町の麺屋 㐂幸で鮎釜飯

国道424号沿いにあるロードサイド店はその名の通り麺類や美味しい釜飯を出す事で知られるお店だ 。


1__20200209173501

 

国道と有田川に挟まれた細長いお店は 、 休日の昼時など結構混み合っています 。
この日は鴨南蛮と鮎の釜飯セットをお願いしました 。

まず配されたのは鴨南蛮 。


2__20200209173501



鴨肉は厚めで洗練された味では無いが悪くは無い 。



3_up_20200209173501



そして半時間程後に鮎釜飯セット登場 。


4__20200209173501



天麩羅と小鉢2品 、 ミニうどんが付くボリューム。
鮎の尻尾がお釜からはみ出てます 。 


5__20200209173501



煮物は南京と高野豆腐にヒジキ 。


6__20200209173501


もう一品は春雨サラダ 。
そしてミニうどん 。


7__20200209174401



ミニとは言えそれなりの量が入っています 。


8__20200209174401


天麩羅も盛り合わせで6・7種類が盛られている 。
さあ 、 釜飯の蓋を開けてみましょう !


               ジャーン !!


9__20200209174401



                                デカッ



おっきな鮎一匹と小さいのが二匹入ります 。
まずはお皿に取り出してっと 。


10__20200209174401



炊き込みご飯は山菜や茸に人参 、 それに揚げなどが入る具だくさんです 。


11__20200209174401



ご飯をお茶碗によそって鮎の準備をします 。


12_2_20200209174401



ところで皆様 、 鮎の背骨抜きできますか ?

お箸で鮎全体を満遍なく押さえて尻尾を取ってから 、 胴を押さえて頭を持ち引き抜くとあら不思議 。
頭に付いた背骨がするんと抜けてきます 。
(写真撮るの忘れた (x_x) )


13__20200209175301

 

後はみをほぐしてご飯に載せて出来上がり 。
腹などの骨が気にならない人なら 、 お釜に入れて混ぜてから頂く方がお勧めかな 。

鮎の香りが釜飯に混ざり香ばしさが広がります 。

小食の人ならちょっと多すぎるかも知れませんが 、 持ち帰り用の器があるので安心してくださいね 。



14__20200209175301




これでこの日の幸せ終了です 。



お店は→和歌山県有田郡有田川町吉原1472−2
電話は→0737-32-4735
営業は→11:00~20:00
お休み→月曜日
駐車場→10台
最寄り駅→JR藤並駅から約8km
最寄りIC→阪和自動車道 有田ICから約5km



| | コメント (0)

2020年1月 3日 (金)

和歌山県紀美野町の人気蕎麦カフェあんのん

 

謹 賀 新 年



皆様 明けましておめでとうございます 。

世はフェイスブックやインスタなどの時代ですが 、 本年もつたないブログよろしくお願いしますね !

さて 、 新春第一弾は蕎麦カフェあんのんから 。

海南市から高野山へ向かう国道370号 。



1__20200103171201



上神野簡易郵便局を右手に見ると間もなく左に柿の木という物産店があり 、 幟が立っている向かいの橋を渡り少し登るとお店が現れる 。


2__20200103171201



お店の向かいにある駐車場は一杯で 、 出てきたお店の方が「もう少しで一組お出になるのでしばらくお待ち願えますか」 、 「待ちます待ちます」 。

そう待つことなく案内されました 。

あんのんのお蕎麦は手打ちではありませんが十割 。



3_1_20200103171201



4_2_20200103171201



5_3



でもお店の雰囲気やお店の方の接客などトータルで素敵なのです 。


6__20200103171201

 


お願いしたのはいつものお蕎麦御膳 。



7__20200103172001



十割のお蕎麦はもりとかけからチョイス 。

付け合わせは野菜のかき揚げと黒豆 ・ 椎茸佃煮 ・ 自家製胡麻豆腐 、 季節のご飯 。



9_up_20200103172001



少し黒っぽいお蕎麦は外皮だけを除いた剥き実挽きぐるみタイプで 、 何も付けずに一手繰り 。
つるんとした舌触りで適度な歯ごたえの腰を持つ 。
ほのかにひきぐるみの風味が口から鼻に抜けます 。



10__20200103172001



そして季節のご飯は牡蠣飯 。

牡蠣大好き人間の私にとって珠玉ご飯なのだ 。
お出汁に牡蠣の旨味が重なる二重奏 。



11__20200103172001



玉葱や人参のシンプルなかき揚げに自家製胡麻豆腐 。



12__20200103172001



どれも優しい味 。



13__20200103172001



最後に蕎麦湯で締めようとしていると 、 うちの柿ですがとデザートのサービス 。



14__20200103172001



蕎麦湯と柿でほっこり 。

これでこの日の幸せ終了です 。

お店は→和歌山県海草郡紀美野町鎌滝676
電話は→073-499-7114
営業は→11:00~売り切れ(15:00頃)
お休み→月~金曜日・祝(土日のみ営業)
最寄IC→大阪方面から海南東IC
        白浜方面から海南IC

| | コメント (0)

2019年12月15日 (日)

相変わらずの人気 和歌山県由良町「わくわく」

国道42号を和歌山方面から水越峠を下り 、 直線となった道路を進むとやがて右側にお店が現れます 。


1__20191215170801



築約150年の元庄屋さんのお屋敷で 、 門長屋では以前から地域の物産品を販売していたのですが 、 平成30年から母屋で手打ち蕎麦と丼などを出すお店を開店 。
そのとき以来の訪問となりました 。


2__20191215170801

 

中庭を望む店内は四人掛けテーブルが5卓と六人掛け座卓が1卓で 、 テーブル席は最近よく見かける卓・椅子共に低めの設えとなっています 。

前回同様座卓に席を頂き 、 これまた前回同様天ざるをお願いです 。



3__20191215170801



テーブルに置かれる早寿司も頂きますが 、 これは和歌山ラーメン店同様の会計時自己申告制のようです 。


4__20191215170801

 


これは最後に蕎麦湯と共に頂くことにしましょう 。

こちらのお蕎麦は蕎麦殻を引き込まない江戸蕎麦タイプ 。
剥き実挽きぐるみに近い感じ 。

 

5_up_20191215170801




何も付けずに一手繰りすると仄かに香る優しさ 。



6__20191215170801




天麩羅は海老や南京に獅子唐など5種が薄衣で揚げられていて 、 軽くてサクッとした仕上がり 。



7__20191215172301



テーブルに置かれたお塩で頂きました 。

さあ最後は初めての早寿司です 。



8__20191215172301




四角い早寿司に巻かれたあせの葉を外すと 、 丁度柿の葉寿司二つ分が出てきました 。



9__20191215172301




中華ソバ屋に有る柔らかい早寿司と違い 、 少し押された感じの仕上がりで素朴な味 。



10__20191215172301

 



ほっこり蕎麦湯と共に頂いて仕上げました 。

帰りは少しだけ遠回りして白崎海岸経由 。



11_1_20191215172301




この日は抜けるような青空で 、 海の青と空の青に浮かび上がる海岸の白がとても綺麗で 、 素敵なドライブのお供となったのでした 。 



12_2_20191215172301






                    秋の日のつるべ落とし 。






13_3




これでこの日の幸せ終了です 。




そば処わくわく

お店は→和歌山県由良町中
電話は→0738-65-3841
営業は→11:30~15:00(LO14:30)
お休み→木曜日
最寄IC→湯浅御坊道路広川IC車約10分
最寄り駅→JR由良駅約1.2Km





| | コメント (0)

より以前の記事一覧