カテゴリー「お蕎麦の和歌山」の記事

2018年5月30日 (水)

和歌山立て続け蕎麦店二軒開店 その2 田辺市龍神村 蕎麦と農園 和わく



サラッとした泉質で 、 日本三美人湯の一つとして知られる龍神温泉がある龍神村に 、 今年 (H30) 5月12日 、 手打ち蕎麦の店がオープンした 。


「 そばと農園 和わく 」 だ 。


昨年道の駅日高川龍游のツグミ食堂で 、 村内産蕎麦粉を使った龍神蕎麦を数量限定で出しているという情報を得ていたのだったが 、 迂闊にもそれを忘れてしまっていた私 。

蕎麦仲間のO氏から情報を得、検索して思い出した 。


それは一昨年NPOが龍神村の休耕田を利用して栽培を始め 、 昨年その蕎麦粉でお蕎麦を作り販売したものだ 。


今回収穫量が安定したとして、手打ち蕎麦店を出店したようだ 。

田辺市龍神村甲斐川 (かいのがわ) にある保育園跡をリノベーションしたお店は 、 国道424号の甲斐川トンネル北側を旧国道に入ると左手にある 。


1_



外観は保育園だったとは思えない和モダンな造りだが 、 広いアプローチに残る遊具がかつての姿を思わせる 。


12_



店先に座っていた男性が挨拶をくれ店内に案内してくれたのだが 、 この方がNPOの代表なのだろうか ?

テーブルが満席で窓際のカウンターに席を頂いた 。
店内は龍神村らしくとてもウッディーに仕上げられている 。


2_



お蕎麦は冷たいものが4種 、 温かいのが5種 、 そして日替わりと思し召しおまかせランチがあり 、 お蕎麦単品に+400円で蕎麦寿司とコーヒーにデザートが付くセットがある 。

ということで 、 もり蕎麦をセットでお願いすることに。
( コーヒーはもちろんホットで )


3_



お蕎麦に蕎麦寿司が二きれ付いてきました 。
蕎麦寿司はお酢の香りがフワーッと漂い最初に手を付けたくなるのですが 、 ここはまずはお蕎麦から 。

二八で打たれた玄蕎麦挽きぐるみのお蕎麦は灰褐色の麺に黒ポチが散りばめられていて 、 いかにもこれは美味しいでしょという美人素敵蕎麦 。


4_up



そのまま手繰ると  美味しい !

汁無しで全然OK蕎麦です 。


ただ、  ただ         ただ 、


惜しむらくは 、


繋ぎがあまくて切れやすく 、 端切れもたくさん入っている 。
恐らくコネが十分では無いのでしょうか ?


5_



蕎麦寿司はなかなかの出来で美味しく頂けるのですが 、 酸味が好きな人は最初に食べた方が良いかもしれません 。

お蕎麦を食べ終える頃には少しだけ酸味が飛んでしまいますからね 。


6_



私はお蕎麦を食べ終えてから頂いたのですが 、


美味しい!!


程良い酸味と具材の甘さをキュウリが中和する感じです 。
蕎麦寿司に巻かれたお蕎麦の断面を見ると 、 かっちり角が立っているお蕎麦を見ることが出来ます 。


7_



蕎麦粉を溶き込んでいるのでしょうか 、 トロミある蕎麦湯で汁を割ると、フンワリと旨味が倍増します 。


8_



コーヒーは酸味が少なく苦みが勝つ私好みで 、 これに合わせるケーキは柑橘系で相性抜群 。

素敵に余韻を楽しませてもらいました 。


9_



龍神村は昼夜の寒暖差が大きくて霧が出ることも多く 、 お蕎麦の栽培には適しているのかもしれません 。



10_



これからが楽しみなお店で 、 たまに通ってみよう 。

そう思いながらお店を後にしました 。

この日の幸せ終了です 。



そばと農園 和わく

お店は→田辺市龍神村甲斐ノ川443
電話は→0739-77-0677
営業は→11:00~15:00
お休み→金曜日
最寄IC→有田川ICから国道424経由
        御坊IC

続きを読む "和歌山立て続け蕎麦店二軒開店 その2 田辺市龍神村 蕎麦と農園 和わく"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年5月27日 (日)

和歌山立て続け蕎麦店二軒開店 その1 紀美野町に新しいお店出来ていた 蕎麦カフェあんのん



偶然だった。



ある日、ネットニュースで私設博物館の記事を見て、その場所をGoogleマップで探していると ・ ・ ・
見つけてしまいました。

 「 蕎麦カフェ あんのん 」

検索してみると、お店のFBを発見。
今年(H30)5月3日にグランドオープンしたようで、早速訪れてみました。

和歌山県海草郡紀美野町、国道370号を高野山方面に走り、左手に「柿の木」というミニミニ物産店を見たら右折して貴志川を渡るとすぐ。


1_



10時50分到着。
11時開店ですが既に暖簾が掛かっていました。
古民家を改装したなかなか素敵なお店です。
隣のログハウスはご主人家族の居宅と思われます。


2_



モダンで落ち着いた雰囲気の店内は、随所に和風を散りばめた華やかさを演出している。
四人掛け三卓と二人掛け二卓のテーブルが配され、そして何よりも素敵なのは入り口の右手にある半個室のようなテラス席。
明るいその一角は6人が座れそうなテーブルを配置。

ランチタイムのセットをお願いしました。


3_



剥き実挽きぐるみと思われるお蕎麦はそのままで一手繰りすると、なかなかいい感じに風味を感じることが出来ます。


4_up



舌触りは少しぬめっとしていますが、モッチリとした食感がなかなか素敵。


5_



野菜のかき揚げは軽い仕上がりで、添えられた抹茶塩で頂くとサックリ歯応えの美味しいものです。


6_



小鉢には柚子風味の茸の佃煮と胡麻豆腐、それに黒豆煮。
「柚子香る茸」はお店でお買い求め出来ます。


7_up



「柚子香る茸」はご飯と一緒に頂きたい一品。
胡麻豆腐や黒豆と合わせてちょっと一杯 ・ ・ ・
とはなかなか出来ませんけどね。
場所が場所だけに  (;^^ ) ヘ..

季節のご飯はその時々で変わるようですが、この時期はやはり豆ご飯。


8_



エンドウ豆の甘さがホンノリと口に広がり、小鉢たちをおかずにして美味しく頂きました。


9_



僅かに醤油が勝つ汁は、お蕎麦を浸けて頂いても関西人には美味しく頂けるもので、蕎麦粉を溶き込んだ僅かにトロ身のある蕎麦湯で割るとお出汁の香りが口から鼻に抜けて行きました。
(写真撮るの忘れた!)


10_



これでこの日の幸せ終了です。


蕎麦カフェ あんのん

Photo

お店は→和歌山県海草郡紀美野町鎌滝676
電話は→未確認
営業は→11:00~
お休み→未確認
最寄IC→大阪方面から海南東IC
        白浜方面から海南IC

続きを読む "和歌山立て続け蕎麦店二軒開店 その1 紀美野町に新しいお店出来ていた 蕎麦カフェあんのん"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年1月28日 (日)

初めて食べた新ランチ 和歌山市は「そば切り 徳」

和歌山のそば切り徳が営業を再開して約半年が過ぎた。
ランチメニューもリニューアルされて、チョット気になっていたのですがなかなか食べる機会が無かったのです。


なぜなら       お酒を頂くことが楽しいお店だから!


あっ、 それは酒飲みの意見ですけどね    (;^^)ヘ..


11_



この日たまたまお酒が飲めなくて、新しいランチ「免疫力UPランチ」を頂くことにしました。

   がっ   ただ   やはりここは    ノンアル     も


        酔えませんが


まっ       気は心ですから。



12_



以前のランチは前菜三種に十六穀米ご飯か稲荷寿司、蕎麦はそば切り(ざる蕎麦)又はかけそばをチョイスする物でした。


2_



新しいランチは基本構成は変わらないのですが、十六穀米ご飯のおにぎりに前菜三種とこの日のデザートが載るワンプレートに、メインのそば切りが付きます。


3_up



蕎麦豆腐と南京にほうれん草、この日のデザートはリンゴのコンフォートでした。
お蕎麦は挽きぐるみ田舎で、黒ポチ散らばるいつもながらの素敵なお蕎麦。


4__2



薬味には生ワサビとはあらかじめ摺り下ろされた物が添えられ、ワサビ好きの人は鮫皮のおろしでスリスリと追い足し出来るのが嬉しい。


5_


徳のお蕎麦は見た目ほど田舎特有の個性派では無く、比較的誰でも食べやすい部類のお蕎麦に仕上がっている。

6_up


これが節の利いた美味しい盛り汁と合うのです 

 ( ごめんなさい 私は汁漬けない派 でもいつも蕎麦湯で楽しみます (..;) )


7_


湯桶は以前と変わって塗りの角形になっています。

蕎麦湯はサラッとして、出汁香る香ばしさを感じる盛り汁の味が倍増され、口の中にフワンと華やかに広がる旨味と甘み。

とても美味しく頂きました。

これでこの日の幸せ終了です。


自家製粉 手打ち蕎麦 そば切り 徳

Photo

お店は→和歌山市屋形町4-15-1
電話は→073-427-3456
営業は→11:30~14:30 18:00~21:00(売り切れ終了)
お休み→日・月曜 木曜の夜
駐車場→すぐ近くにコインパーキング有り
最寄り駅→JR和歌山駅・南海和歌山市駅から
       バスで三木町新通り下車 徒歩約7分

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年12月24日 (日)

こんなお店出来ていた 和歌山県岩出市は千成家

平成の大合併の時、隣接の打田町や貴志川町などの合併に加わらず単独で市政を敷いた岩出市。
紀の川の北に広がる岩出市は大阪のベッドタウンとして人口が増えた町だ。
市中を東西に走る県道粉川加太線沿いにそのお店は出来ていた。
「 麺彩酒蔵 千成家 」
お蕎麦と稲庭うどんに丼、 それに鍋料理各種などを味わえるお店だ。
日本家屋を改装した店舗は、 玄関の靴脱ぎでスリッパに履き替え客室に。

メニューはざる・天麩羅に山かけや鴨などに お蕎麦と稲庭うどん がチョイス出来て、 天丼やマグロ丼など7種の丼にバッテラや松前寿司も並ぶ。


1_



初訪のこの日は天ざる蕎麦をお願いしました。
お蕎麦は挽きぐるみの色黒蕎麦で、 一手繰りそのままで頂くと田舎そばの風味が口に広がり、 またモッチリとした食感が面白い。


2_up



機械打ちの綺麗なお蕎麦。
手打ちで無くても美味しければ汁無しで全然OK。
ここでお伝えしたいのが薬味の葱。

なんと          フリーズドライ!!


3_



麺処では  ・  ・  ・    とーーっても斬新。
コンビニでおでんの薬味に用意されていたりするのですが、 これ、 ものスッゴく便利なんです。

 ( さすがに生の葱に及びませんが、 それなりに役目を果たしてくれます )


そして盛り汁を一舐めしてみると、 オッ、 これ結構   好バランス


味醂が利いているのにしつこさを感じない僅かに辛口の仕上がりで、 節の出汁風味もしっかり感じる。


4_



天麩羅は一見すると  ゲッ ! ベチャーッ ! では無いのだが  ・  ・  ・

見るからに  オ  イ  リ  ー   なルックスだ。
意を決して添えられた山椒塩で食べてみる。     と、

これが以外にもアッサリ!   で  ビ ッ ク リ


重さを感じない のです。 しかも 胃袋の拒絶感ありません
(良質の油を頻繁に交換して使っているのだろうか?)


5_up



見た目に反した美味しさでした。
さらさら蕎麦湯で盛り汁を割ると美味しさが倍増。


6_



二杯飲んでしまいました。
この日は時間的に余裕が無くて、 気になる鴨そばや稲庭うどん、 それにサイドメニューを頂けなかったのですが、
是非それぞれを頂きにお伺いしたいと思いながら  ・  ・  ・
これでこの日の幸せ終了です。


麺彩酒蔵 千成家

Photo

お店は→和歌山県岩出市東坂本336-1
電話は→0736-60-2933
営業は→11:00~14:00 17:00~21:00
お休み→月・火曜日
駐車場→お店の前に5台くらい
最寄り駅→JR岩出駅 約2.7km

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年12月 3日 (日)

相変わらず人気店 和歌山県九度山町は「幸村庵」


そろそろ紅葉が終える頃に高野山を目指す途中 、 久しぶりに九度山の 「 幸村庵 」 でお昼を頂きました。


1_



平日のこの日さすがに30分待ちと言うことでは無かったのですが 、 ほぼ満席状態でお客さんの出入りを繰り返しているようです。


2_



セット物も考えたのですが 、 鴨つけ蕎麦をお願いすることに。

開店当初から比べると格段に綺麗に美味しいお蕎麦を頂けるようになった 「 幸村庵 」 。



3_




しかし変わらないのは相変わらずお蕎麦が冷たすぎること。
この冷たさでもお蕎麦の味を感じるのですが 、


もう少し常温に近いともっとお蕎麦が美味しく感じるのではないかと思います




4_up




また冷たいと鴨汁の温度が下がるのが早く 、 後半はぬるい汁からほぼ常温でお蕎麦を頂くことになります。



5_up




鴨汁は薄切りの鴨肉が同様に薄い葱と共に入り 、 アッサリ加減なのに十分旨味を感じる物で 、 後に出される蕎麦湯で割っても 濃厚且つ後味引かない美味しい蕎麦湯 を楽しめることが出来ます。



6_




一度鴨の陶板焼きなどをお酒と友に頂いて 、 美味しいお蕎麦で締めたいと思いながら  ・  ・  ・
これでこの日の幸せ終了です。



7_







お店は→和歌山県伊都郡九度山町九度山1404
電話は→0736-54-3751
営業は→11:00~19:00
お休み→月曜日
最寄り駅→南海九度山駅 徒歩約9分
お車は→町営丹生川P 徒歩約1分

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年11月13日 (月)

和歌山の「 やぶそば 」 有田郡湯浅町は吉川

やぶそばと言っても東京の神田やぶそばとは関係がありません

やぶ切りという挽きぐるみの田舎蕎麦を出しているのでこの名だそうです 。
夜は居酒屋営業もしていて 、 お蕎麦以外のメニューも豊富なお店 。
随分と久しぶりの訪問。  一年ぶりくらいかな ?
自宅改装型のお店に入ると 「いらっしゃい」
奥様の声と共に若い人の声が ・ ・ ・
カウンター無いにおられる若い方はご子息か? しかもメニューが増えてます 。
こちらのお蕎麦は前述の九一やぶ切りと七三のそば切りがあって 、 どちらかに鴨汁や天麩羅などを組み合わすシステム。
たとえばやぶ切りで鴨汁蕎麦やそば切りで天ざる  そんな感じです 。


1_




この日お願いしたのはやぶ切りで鴨汁蕎麦 。
挽きぐるみブレンドの平打ちやぶ切りは 、  そのままで頂いても完食できる
田舎風味溢れるお蕎麦 !  でもチョット冷たすぎ  かも ・ ・ ・


    チョット冷ためですが  ・   ・  ・


2_up




でも鴨汁チョイスなのである程度は鴨汁と共に頂かないとね 。


3_up

                  湯気ピンぼけ状態ですみません



細かめに刻まれた鴨肉と葱が入る鴨汁は 、 程良いコッテリさを味わえて後味も悪くない物 。   蕎麦湯でも美味しく楽しめる味わい 。
天麩羅とおにぎり等がセットになったランチメニューも有り 、 お酒も色々と揃っているお店なので 、 いつか機会を見つけて電車で訪れたいと思いながら ・ ・ ・
これでこの日の幸せ終了です。



やぶそば

Photo

お店は→和歌山県有田郡湯浅町吉川1-23
電話は→0737-62-3284
営業は→11:00~14:00
             17:00~0:00(お蕎麦LO20:30 料LO23:000)
お休み→月曜日(祝祭は火曜休)
最寄り駅→JR藤浪駅 徒歩約18分

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年10月 8日 (日)

再開後初の天麩羅 和歌山市屋形町は「そば切り徳」

そろそろ10月の声が聞こえる頃、 天麩羅で一杯。

そば切り 徳で ・ ・ ・ 蕎麦屋酒。


蕎麦酒のすすめを頂いた前回に続き、今回もゆっくり呑みたいと思い昼時を大きく外しての訪問。
運良く少しだけ待ってお席を頂きました。
この日お願いしたのは単品蕎麦味噌と天麩羅盛り合わせ。



P1080952




蕎麦前には大好きな和歌山の地酒、 紀勢鶴
龍神丸で知られる高垣酒造が紀勢本線の電化を記念して造ったお酒。


よく冷えた錫の酒器 で出された紀勢鶴を頂いて、揚げ蕎麦煎餅をポリポリしながら読みかけの本に目を落としていると蕎麦味噌が出されます。



P1080954




神田やぶそばなどで出される関東風の蕎麦味噌はお酒が進む一品。
これ、   大・大好きです。


本当にお酒に合います!      とても合います・・・・



P1080956




天盛りの海老は結構太くボリュームがあります。
衣を纏いすぎる厚着のエビ天では無く、春秋の程良い衣を纏いサクッとした食感に続きプリッとした歯応えの海老が楽しい。

(チョット揚げ残しのかすが付いているのはご愛敬としておきましょう。)


奥様にお伺いすると天ざるがよく出て、「天ぷら屋さんみたい」とのこと。



P1080957




そしてお蕎麦は 「 鴨汁蕎麦 」 。
鴨ロースが美味しいお店 なので、当然鴨汁蕎麦も美味しいのです。
お蕎麦は私好みの田舎蕎麦。


P1080958




鴨汁は濃すぎず薄すぎずの程良い加減で、癖のある後味を引かない。



P1080961




厚めのスライスを半分に切った柔らかい鴨肉が素敵な鴨汁は、
単品で鴨椀としてメニューに載せてもらいたいくらい。
ほんと、単品で鴨椀としてメニューに載せてもらいたい!!


鴨椀として単品メニューで    お願いします。


(三度言ってしまった)




P1080964




挽きぐるみのお蕎麦はお蕎麦全部を味わえる色黒で、粗挽きが混ざり白ポチと黒ポチがまんべんなく散らばっている。


汁無しで頂いて盛り汁を蕎麦湯で割ると、 ふくよかに出汁が香り旨味を感じる物で、ホッコリとクールダウンを楽しみながら、
これでこの日の幸せ終了です。

自家製粉 手打ち蕎麦 そば切り 徳


Photo

お店は→和歌山市屋形町4-15-1
電話は→073-427-3456
営業は→11:30~14:30 18:00~21:00(売り切れ終了)
お休み→日・月曜 木曜の夜
駐車場→すぐ近くのコインパーキング(サービス券有り)
最寄り駅→JR和歌山駅・南海和歌山市駅から
     バスで三木町新通り下車 徒歩約7分

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月24日 (日)

今年初めてのスダチ蕎麦 和歌山県上富田町は 「 おおみや 」

かなりご無沙汰の大宮は 、 高速道路が出来たおかげで随分身近になった。
上富田 I C を降り 、 国道42号 ・ 311号を経て 、 富田川を渡り山中へ。
10分ほど走り民家が途切れる頃にお店が現れます。


1_



何と今年始めてとなる 、 スダチ蕎麦 を頂きに伺いました。


2_

3_




諸事情でようやく遅すぎたスダチ蕎麦にたどり着いたのでした。


一日千秋の思いで待った私の目の前に姿を現してくれました。



ウエーン ようやく巡り会えたよスダチ蕎麦ちゃん!




4_




まずは冷やかけの汁を一口。
ホーッ 、
ギュッと詰まった出汁の旨味を爽やかな酸味が包み込む。

このバランスと爽快さがスダチ蕎麦の  
醍醐味  です。


5_



きちっとコシの入った極細打ちのお蕎麦も食感と喉越しで夏蕎麦の存在感。
さてここで気になる すずしろ蕎麦 、 食べずに帰る訳にはいきません。


52_




お蕎麦少なめ
 でお願いしました。




6_



極細打ちのお蕎麦と同じほどの千切り大根が載るすずしろ蕎麦は 、 これまた涼やかな夏蕎麦。


7_



千切り大根と共にお蕎麦を一手繰りすると 、 シャキッとした大根としなやかなコシのお蕎麦が醸し出すコントラストが魅力的。


8_



盛り汁にはピリッと気合いが入った大根おろしが入り 、 「 辛味大根? 」と尋ねると、季節柄辛味が強くなった大根のおろしとのこと。
でもこのパンチ有る辛味が結構ストライクでした。


9_

その盛り汁をユルッとした蕎麦湯で割って頂きながら、ご主人と色々お話をさせてもらい ・ ・ ・
これでこの日の幸せ終了です。
追伸
このほかこんなお蕎麦も頂けます。


天ざる10_




ハイカラそば

11_




雨の日にはこんな風景も見ることが出来るのです。



13_









おおみや

Photo

お店は→和歌山県西牟婁郡上富田町生馬3115-1
電話は→0739-47-0139
営業は→11:30~15:00 夜は要予約
お休み→水曜・第3火曜
駐車場→約8台
最寄りIC→紀勢道上富田IC

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月16日 (土)

和歌山市は屋形町 「 そば切り 徳 」 で昼蕎麦酒

営業再開の「 」はリニューアルオープンと共にランチメニューも一新。


1_

2_



気になる免疫力UPランチなどが加わっていますが、特筆は ・ ・ ・


「 そば呑みのすすめ 」



ワンドリンクと酒肴五種盛りや蕎麦掻きにそば切り( ざる蕎麦 )が付く。



これ 、   
お昼に頼んでエエの?    的なメニューでは無いですか!



本当にエエの ?

本当にお昼に ・ ・ ・





でも 、     遅い時間帯でお客さんも入れ替わり二組やし。
で 、   頼んでしまいました  。




(もちろん奥様にお伺いを立てました   よっ!)


と 、    ここは  強調しておきます。


ワンドリンクは 紀勢鶴
フルーティーさを押さえ、日本酒のボディーを素直に感じるお酒 。
しかもお値段控えめ  。




3_




「 酒肴五種盛り 」は蕎麦豆腐と山葵菜漬けに蕎麦味噌、鴨ロースと板わさの五種 。
昼間から  ・  ・  ・   これらを肴にお酒をチビチビやる楽しみは格別 。





4_up



まさに 「 そば呑みのすすめ 」!!

5_




湯溜で出された蕎麦掻きは 、 つきたての安倍川餅みたいにトロポテッとしていて、蕎麦肌には黒ポチ・赤ポチが散らばっています 。

6_up




お箸ですくい上げるようにして口に運ぶと、見た目よりはアッサリとしていますが、フンワリと香ばしさが広がり 、  トルコアイスのようなトローリとした舌触りがとっても心地よい 。



さて締めのお蕎麦 。



7_




挽きぐるみのお蕎麦は田舎特有の風味を口中に広げ鼻に抜け 、 しかしながらその味わいは昔ながらの田舎蕎麦とはまた違った素朴さを観じるのです 。



8_up




最後まで汁無しで頂ける美味しさをもつお蕎麦 。



9_




最後に盛り汁を白濁サラッと系の蕎麦湯で割るとフンワリとお出汁が香り 、 節の香ばしさを伴った旨味が広がります。
ゆるゆるのマッタリ感を堪能してお店を後にしました。
これでこの日の幸せ終了です。





自家製粉 手打ち蕎麦 そば切り 徳


Photo

お店は→和歌山市屋形町4-15-1
電話は→073-427-3456
営業は→11:30~14:30 18:00~21:00(売り切れ終了)
お休み→日・月曜 木曜の夜
駐車場→すぐ近くにコインパーキング有り
最寄り駅→JR和歌山駅・南海和歌山市駅から
        バスで三木町新通り下車 徒歩約7分

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年8月27日 (日)

ついに復活 和歌山市屋形町は 「 そば切り 徳 」

再開は結構後になると言われていたご主人。
色々情報を得ていたのですが 、 今年8月17日に待ちに待った営業を再開。
早速予約して夜にコースを頂いてまいりました。


1_




一年と数ヶ月ぶりの「そば切り徳」はリニューアルをして出迎えてくれます。
少し前に出された玄関の引き戸を開けると 、 玉砂利飛び石が敷かれたインナーアプローチが現れ 、 突き当たりの引き戸を開けると客室。
基本的なレイアウトはそのまま 、 壁や椅子などに手が入れられています。
この日 T ・ H 両氏と3人で2500円のコース。
まずはとりあえずのビール ! お馴染みの揚げ蕎麦刺しが出されます。


2__2


短いお蕎麦を揚げた揚げ蕎麦が一般的ですが 、 「徳」では以前からこれ。

お煎餅のような 、 おかきのような平べったい揚げ蕎麦。

3_




酒肴三種盛りは蕎麦豆腐と山葵菜漬けに蕎麦味噌。

どれもお酒のアテには持って来い。


4_




次に出された出汁巻き。

一人二切れずつで出汁巻きが出されました。

5_up




フルンとした出汁巻きはプレーンな味付けで 、 ホンノリとお出汁が香る。



6_

7_



メニューを眺めていると鴨鍬焼きの文字が目に飛び込みました。

鴨 鍬 焼き


   で 、 一人前お願いします。


コース以外の単品も注文可能 ( 当然価格に反映です )

8_



甘辛いタレを絡めて焼かれ、とってもご飯に 、 いえ、お酒に合います。

何とも罪作りな味。

アッ!        罪を作るのは私でした。

と言うことで  (  って、どう言うことよ? )


お酒を頂きました    (;^^)ヘ..

メニューには和歌山のお酒が並んでいます。


9_



二人は新宮の酒蔵 尾崎酒造 の太平洋 、 私は海南にある 名手酒造 の黒牛

以前同様キンキンに冷えた重量感有る の酒器で出されました。

この酒器は本当に良い  感じです。

クーッ 、  染みるねーっ 、 五臓六腑に     (*^O^*)

いよいよ最後の酒肴 「 鴨ロース 」 。


10_



私はここの鴨ロースが大好きなのです。

柔らかくてとってもジューシー 、 そして美味しい。

お蕎麦に行く前に    もう一杯だけ      お酒 お願いします。

有田川町高垣酒造の 紀 勢 鶴  ( きせいづる ) と山葵菜漬け。

紀勢鶴は和歌山でもマイナー酒ですが実は結構美味しいお酒なのです。



11_



さていよいよメインのお蕎麦を頂くことにしましょう。



13__2




「 徳 」 は和歌山の手打ち蕎麦店で唯一挽きぐるみ田舎蕎麦を頂けるお店。

なのだ !


14_up




見よ! 以前にも増して神々しく黒々と輝く挽きぐるみのお蕎麦は 、 その表情を見ただけで田舎特有の風味満載 、 食べる前から美味しいお蕎麦。



15_



そのまま一手繰りすると 、 広がる仄かなえぐみとお蕎麦の旨味。

これが徳のお蕎麦!



当然 ・ ・ ・ 汁無しで全部頂きました。



16_



お願いした蕎麦猪口に盛り汁を少し分け入れ 、 サラッと系の蕎麦湯で割ると 、 、 、 節の旨味と燻された干し草のような薫香を舌に鼻に広げ 、 関東系の辛汁でも関西系の甘汁でも無い風味を楽しめます。

さあこれで最後 、 デザートが出されます。


17_



ミントの葉が添えられた蕎麦アイスは 、 濃厚な味わいを醸しながらも後味がスッキリとして 、 最後の締めにはちょうど良い物でした。

田舎ファンの私にはこの上も無く嬉しい再開。

( ただ 、 今回も日曜定休は少し不満な私ですが )

これでこの日の幸せ終了です。





自家製粉 手打ち蕎麦 そば切り 徳

Photo






お店は→和歌山市屋形町4-15-1

電話は→073-427-3456
営業は→11:30~14:30 18:00~21:00(売り切れ終了)
お休み→日・月曜 木曜の夜
駐車場→すぐ近くにコインパーキング有り
最寄り駅→JR和歌山駅・南海和歌山市駅から
     バスで三木町新通り下車 徒歩約7分

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧